オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

社会・文化

オーストラリア旅行でオススメの料理一覧 ‐食文化豊かなこの国の食べ物の特徴

更新日:

典型的なラム肉グリル料理

典型的なラム肉グリル料理

オーストラリアの食文化

多国籍文化の国、オーストラリアは食文化も豊か。移民がたくさんいますので、各国の本場の美味しい料理が楽しめることでも知られています。

オーストラリアは食べ物がまずい?

「オーストラリアは食べ物がまずい」という声を聞くことがありますが、大自然の中で育った自国産の新鮮な食材がまずい筈は無く、これは料理を作る人の問題でしょう。

こういう意見は特に、ホームステイを経験した人達から聞かれます。平均的なオーストラリア人は、日本よりも料理が出来る人は少ないと言われます。また、簡単な味付けのオーブンで焼く家庭料理が多いので、味に繊細な日本人にとって、平均的なオージー家庭料理は味気なく感じるのでしょう。

オーストラリアで、一番多いのがイギリス系の血筋を持つ人たちです。イギリス系の料理は一般的に味が薄く、日本人には「いまいち」ととらえられることが多いのも、ホームステイの料理が「まずい」という感想にいたる理由でしょう。

オーストラリアの多くの家庭にとって、主食は米ではなく、パンやポテトです。これも、日本人でオーストラリア人家庭にホームステイする人にとっては、マイナスなポイントでしょう。

それでも、最近はテレビでいろいろな料理番組が人気で、料理に関する国民の関心は高く、実際に料理がプロ並みにうまい、素人のオージー達もたくさんいます。また、巷にはとってもおいしいレストランがたくさんあります。

ホームステイの料理だけで「オーストラリアの食べ物はまずい」と言う印象を持ち、おいしいオーストラリア料理を食べないまま、帰国してしまう人がいると思うと残念でなりません。

新鮮な食材に恵まれたオーストラリア

Tourism Australiaによると、輸入食品は、オーストラリアで売られている食品の10%以下で、有効利用されている国土の3分の2は農業地だそうです。オーストラリアで生産できない食材はほとんどありません。

野菜と果物、そして、シーフードの新鮮さとおいしさは特筆すべきと言えるでしょう。また、日本の様な霜降り肉は、需要があまりない為、一般的なスーパーでは入手困難ですが、赤身のビーフ、ラム、チキン、ポークも、特に高いものは本当においしいです。

スーパーマーケットの果物売り場

スーパーマーケットの果物売り場

旅行で料理をしなくても、スーパーで果物を買って食べていただくことをおすすめします。

オーストラリア料理とは

オーストラリア料理と言っても、「これがオーストラリア料理だ」と誰もが口を揃えて口にするようなメニューはありません。

オーストラリア料理と呼べるであろうものを、以下にまとめてみました。食べ歩きの参考にしてください。

ミートパイ(Meet Pie)

ガイドブックに必ずと言っていいほど取り上げられる、ミートパイ。どこでも食べられるミートパイですが、ビーフだけでなく、チキン、カレーパイ、マッシュルームと肉の混ざったものなど、バラエティーも豊富です。

スーパーマーケットでも、ホットフードコーナーと冷凍食品コーナーでたくさんの種類のミートパイを見ることができます。

ボテトが乗ったミートパイ

ボテトが乗ったミートパイ

ミートパイ専門の有名店も国内の各地に点在しており、国内ではミートパイの大会もあります。金賞、銀賞、そして、銅賞を受賞した店は、高々とその栄光を看板に掲げています。

ミートパイ専門店では、マッシュポテトやマッシュピー(グリーンピースのマッシュ)のトッピングをしたものもあり、私のお気に入りは、マッシュピーのトッピングにグレービーソースをかけたミートパイです。

ミートパイで有名なシドニーのHarry's Cafe de Wheels

ミートパイで有名なシドニーのHarry's Cafe de Wheels

価格は、$3くらいからで、ミートパイ専門店のトッピングをしたものは、組み合わせにもよりますが$10近くします

あなたが行く街にも必ず、ミートパイの有名店がある筈ですので、是非トライしてみてください。

フィッシュ・アンド・チップス(Fish and Chips)

ミートパイに並んで、オーストラリアの代表料理として上がるのが、このフィッシュ・アンド・チップスです。てんぷらフライの魚にフライドポテト(フレンチフライ)をつけあわせた料理で、イギリスでも人気だそうです。

フィッシュアンドチップス

フィッシュアンドチップス

フードコートやテイクアウェイショップ(オーストラリアでは、お持ち帰りのことをTake awayと言います)で買えるものから、高級レストランで注文できるものまで、あらゆる店のメニューに見られるほど、フィッシュ・アンド・チップスは地元の人たちに人気のメニューです。

安いものは、$6-7からで、バサ(Basa)などの白身魚を使った物が多いですが、高いものだと、タラ科のリング(Ling)や、マトウダイ(John dory)等が使われており、$30近くするレストランもあります。

ケバブ(Kebab)

トルコ料理のケバブは、オーストラリアのストリートフードの代名詞となっています。オーストラリア料理なのではないかと思える程、至るところにケバブショップが見られます。

フードコートのケバブショップ

フードコートのケバブショップ

ビーフかチキンのスライスした肉を選び、レタス、トマト、オニオン、タブーラ(Tabouli)の野菜と一緒に、薄いパン生地でくるみます。

味付けは、バーベキューソース、トマトソースなどのソース、もしくは、ホムス(Hommos)を選びます。全てを選んでも構いませんが、ホムスは追加料金の店がほとんどです。

また、チーズなどの追加トッピングも選べます。

ビーフケバブ

ビーフケバブ

料金は$7-8からで、肉やトッピングの種類によって、値段が変わります。ビーフよりチキンの方が高いです。

最近は日本でも食べられるところが多いようですが、機会があれば、オーストラリアのケバブをお試しください。

ステーキ

「オーストラリアに行ったらステーキ食べないと帰れない」という声を良く聞きます。

一般的に、ステーキは高いほどおいしいです。スコッチフィレ(Scotch Fillet)やアイフィレ(Eye Fillet)がやわらかくておススメですが、Tボーン(T-bone)もいいでしょう。ステーキ専門店に行くと、色々な種類の部位のステーキがあって、大きさも選べますので迷います。

アイフィレステーキのマッシュポテト添え

アイフィレステーキのマッシュポテト添え

大抵の場合、専門店でステーキを頼む時、先ずは大きさ(グラム数)、付け合せの種類(マッシュポテト、サラダ、または、チップス等)、ソースの種類(バーベキュー、トマト等)、そして、焼き方(レア、ミディアム、ウェルダン)を聞かれます。

レアを頼むと、かなり赤いので気をつけてください。

お店によっては、生肉を渡され、自分で大きな焼き場で焼くと言うスタイルのところもあります。

ステーキの価格は、パブなどのビストロで食べられる$10台の物から、$30以上するもの迄、色々あります。

シーフード

オーストラリア旅行に来て食べたい物の上位に常に上がるのは、ロブスターやオイスター(牡蠣)などの新鮮なシーフードです。

フィッシュマーケットのロブスターと牡蠣などのセット

フィッシュマーケットのロブスターと牡蠣などのセット

シーフードが食べられる店はたくさんあります。フィッシュマーケットにも人気の美味しい店が並んでいますし、モダンオーストラリア料理の店にも必ずと言っていいほど、ロブスターや魚料理があります。

オーストラリアで人気の魚料理に淡水魚バラマンディ(Barramundi)があります。白身のあっさりした美味しい魚ですので、是非トライしてください。

バラマンディ料理(モダンオーストラリアン)

バラマンディ料理(モダンオーストラリアン)

ロブスター料理はお値段も高めで、レストランにもよりますが、一匹最低でも$30以上は見ておいた方が良いでしょう。オイスターは一つ$3-5くらいで、バラマンディなどの魚料理は、1品$20台からを目安としてください。

モダンオーストラリア料理(Modern Australian Cuisine)

近年の流れとして、モダンオーストラリア料理と称するスタイルの料理を提供するレストランが人気です。

モダンオーストラリア料理とは、多国籍食文化のオーストラリアならではの強みを生かして、オーストラリアの新鮮な食材を使った創作料理です。フレンチやイタリアンがベースの物が多いですが、日本料理やタイ料理などのアジアのテイストを持った一品もあり、スタイルは様々です。

モダンオーストラリアンの魚料理

モダンオーストラリアンの魚料理

共通して入れるのは、味ももちろんですが、プレゼンテーション(見せ方)にも凝った料理で、食べる人の眼も舌も楽しませてくれます。

モダンオーストラリア料理を楽しみたいなら、一品で頼むより、3コース以上のコースメニューがおススメです。3コースは、前菜、メイン、デザートです。

モダンオーストラリア料理コースのデザート

モダンオーストラリア料理コースのデザート

レストランによっては、Degustation Menu(ディガステーション・メニュー)という、懐石コースの様なたくさんの種類が少しづつ出るコースを用意しているところもあります。少しと言っても、日本の懐石の感覚でいると、多すぎて食べきれないかもしれません。

モダンオーストラリア料理は、1品$20-40の間を目安とするとよいでしょう。コースは一人$50くらいからでしょうか。Degustation Menu(ディガステーション・メニュー)になると$100とか、有名レストランだとそれ以上の金額のメニューもざらです。

アジア料理

中華料理店、タイ料理店、ベトナム料理店、インド料理店は、どんな郊外の街でも見受けられます。

タイ料理はオージーたちの間で非常に人気があり、どんな小さな町にも必ずあるほどです。タイ料理と言ってもいろいろあり、同じ種類のカレーでも店によって味とスタイルは様々です。創作系のおしゃれなタイ料理を提供するレストランも都市部にはたくさんあります。

洗練されたモダンタイとも呼ぶべきタイ料理

洗練されたモダンタイとも呼ぶべきタイ料理

シドニーなどの大都市には、日本人シェフの本格的日本料理店も多く、オーストラリアの新鮮素材で美味しい和食が楽しめます。

シドニーの人気店「魚や」のオーストラリア魚の刺身

シドニーの人気店「魚や」のオーストラリア魚の刺身

アジア料理はフードコートなどでも食べられますので、カジュアルな店なら、$10くらいからであります。モダンオーストラリア料理店と変わらない値段の高級店もあります。

クロコダイル料理、カンガルー料理

オーストラリアに来たらクロコダイルやカンガルー料理を食べたいという声もよく聞きます。観光地には、これらの料理を売りにする店もたくさんあります。

クロコダイル肉は白くて、少し硬めのチキンといった感じの肉で、料理法によってはとても美味しく食べられます。

カンガルー肉は、見た目は牛肉の様ですが、脂が少なく味は淡白です。スーパーでも手に入りますが、地元の人にとってはあまり一般的ではありません。

上がクロコダイル肉、下がカンガルー肉(マンリーのレストランにて)

上がクロコダイル肉、下がカンガルー肉(マンリーのレストランにて)

ステーキ専門店でも、クロコダイルやカンガルーの肉を扱っているところもあります。価格は、クロコダイルやカンガルーの肉だから割高ということはなく、上記のステーキの価格を参考にしてくださればいいでしょう。

まとめ

オーストラリアは、多国籍食文化で、食べられる料理はバラエティー豊かです。

自国産の新鮮な食材を使ったオーストラリアで食べられる料理はおいしいものがたくさんあります。

定番のミートパイ、フィッシュ・アンド・チップス、ケバブなどのお手軽フードから、ステーキやシーフード、そして、洗練されたモダンオーストラリア料理まで、全てを食べるにはかなりの日数が必要となるでしょう。

オーストラリア素材を使った、日本料理やタイ料理、そして、他のアジア料理もオーストラリアでは地元の人たちに人気の外食の選択肢として浸透しています。

誰が言ったのかわかりませんが、「オーストラリアは食べ物がまずい」というのはウソです。行くところさえ間違わなければ、日本の高級店にもひけを取らないレベルのとても美味しい料理が食べられる店がたくさんあるのがオーストラリアです。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリア在住3年のエムさん(女性)が、オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことについて語ってくれました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたこと ...

2

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 3

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

シドニーとその近郊の主要動物園をリストアップしてみました。 目次 タロンガ動物園シドニー(Taronga Zoo Sydney)ワイルドライフ・シドニー動物園(Wild Life Sydney Zoo ...

6

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

7

目次 オーストラリアの通販サイトSurfStitchSurfStitchのサーフィングッズウエットスーツ、ラッシュガード、ベストフィンリーシュコードデッキパッドボードケースボードショーツその他さいごに ...

8

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

オーストラリアは、語学留学先でいつも人気のトップにあがる国です。気候の良さや治安の良さはもちろんのこと、学校や地域の選択肢の多さも魅力となっています。 また、ほとんどの学校が短期でも長期でも入学できる ...

-社会・文化
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.