オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

サーフィン

オーストラリアのサーフボードブランドまとめ

投稿日:

SurfStichのサイトの商品ページ

オーストラリアのサーフボードは、性能もさることながら、ロゴもデサインもカッコいいものが多いので世界中のサーファーに人気です。

日本の波に合ったシェイプの板もたくさんあり、日本のサーフショップでも輸入ボードが販売されています。

サーフィン大国オーストラリアには、最先端の技術を駆使した板や、性能がいい板を削ることで話題のシェイパーのブランドがたくさんあることでも知られています。

そんな、オーストラリアの代表的なサーフボートブランドをまとめてみました。

オーストラリアのサーフボード

DHD

SurfStichのサイトの商品ページ

DHDはDarren Handley Designsの略です。

ゴールドコーストを拠点とするシェイパーDarren Handley(ダレン・ハンドレー)のブランドです。

DHDサーフボードは、2人の世界チャンピオンMick Fanning(ミック・ファニング)とStephanie Gilmore(ステファニー・ギルモア)が乗るボードとして世界的に有名です。

DHDは日本でも人気が高いメーカーです。

JS Industries

SurfStichのサイトの商品ページ

JSもゴールドコーストのシェイパー、Jason Stevenson(ジェイソン・スティーブンソン)がシェイプするブランドです。

これまた、世界チャンピオンになったJoel Parkinson(ジョエル・パーキンソン)が使うサーフボードとしても有名です。

JSは、ボードの基本バリエーションが多く、あらゆるタイプの波に適したシェイプのボードがあります。日本の色々な波にも合うタイプのボードもありますので、日本でも人気のブランドです。

すごい動いて調子が良いと、JSに乗った日本人サーファーから好評の声を数多く聞いています。

Firewire

SurfStichのサイトの商品ページ

Firewire(ファイアワイア)は、往年のサーファーならだれもが知るシェイパーNev Hyman(ネブ・ハイマン)が手掛ける、新しい技術の集大成のようなボードで、オーストラリアはもとより、アメリカでも大人気を博し、トップセラーサーフボードとなっています。

特殊なバルサのレイルと高密度構造のデッキで通常より強く軽いサーフボードを実現しています。

世界ランキングトッププロサーファーとして長年君臨するオージーのTaj Burrow(タジ・バロー)がライダーになっていることでも話題です。

サーファーなら誰もが、一度は試してみたいブランドです。

Hayden Shapes

SurfStichのサイトの商品ページ

シドニーのマンリーより北の海岸線、ノーザンビーチズで誕生した代表的ブランドです。

Hayden Cox(ヘイデン・コックス)がシェイプするボードは定評が高く、今ではオーストラリアを代表する人気サーフボードの一つとして認知されています。

Chilli Surfboards

SurfStichのサイトの商品ページ

これもシドニーのノーザンビーチズを代表する、Jamie Cheal(ジェイミー・チール)がシェイプする人気のサーフボードです。

赤いチリのロゴがかわいいデザインです。

McTavish Surfboards

SurfStichのサイトの商品ページ

Bob McTavish(ボブ・マクタビッシュ)により1962年に立ち上げられた、ロングボードでは超有名なブランドです。

ニューサウスウェールズ州のByron Bay(バイロンベイ)を拠点としています。

Simon Anderson

現在主流のトライフィン(3つのフィン)のサーフボードを80年代に世界で初めて導入したシェイパーであり、プロサーファーであるSimon Anderson(サイモン・アンダーソン)のブランドです。

世界に名だたるオーストラリア人のサーフレジェンドが手掛けるボードは定評で人気があります。

MR

1979年から1982年に4連続世界チャンピオンに輝いた、伝説のオーストラリアンサーファー、Mark Richards(マーク・リチャーズ)が手掛けるサーフボードブランドです。

ニューサウスウェールズ州のNewcastle(ニューキャッスル)を拠点とする、セントラスコーストでは最も人気の高いサーフボードです。

その他の有名ブランド

上記で紹介した8つの他に、以下のサーフボードブランドもオーストラリアでの知名度とサーファーからのあつい信頼を得続けている有名サーフボードです。

7S
Byrne
Classic Malibu
DMS
EMERY
JR Surfbords
Thomas Surfboards
Liquid Lines
Misfit Shapes
Matt Penn
Stacy
Webber

さいごに

ここに挙げたブランドは、世界的に有名なものばかりですが、これ以外にも、知名度が低くてもローカルに根付いた職人気質のシェイパーによる質の高いサーフボードメーカーがたくさんあります。

また、米国で有名なChannel Islands、Lost、Rustyも、オーストラリアシェイプのボードを発売しています。

オーストラリアのシェイパーがデザインしたサーフボードは、質もパフォーマンスも定評があります。

どこのメーカーのサーフボードでも、自分に適したサイズとデザインのものを選べば、外すことは無いでしょう。

オーストラリアのサーフボードは、日本の波に合わないということはありません。日本の波に適したシェイプのボードを選べばよいのです。

サーフボードをお得に購入する方法、および、日本へ持ち帰る方法については、「オーストラリアでサーフボードを賢く購入する方法」をご覧ください。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 6

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

7

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

8

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光 ...

-サーフィン
-

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.