オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

英語/留学

オーストラリア語学留学で英語学校を選ぶのに検討すべき6つのポイント

投稿日:

unisydney

オーストラリアは、語学留学先でいつも人気のトップにあがる国です。気候の良さや治安の良さはもちろんのこと、学校や地域の選択肢の多さも魅力となっています。

また、ほとんどの学校が短期でも長期でも入学できるように柔軟に対応できるカリキュラムをそろえているのも多くの人たちがオーストラリアへ留学することを選ぶ理由のひとつでしょう。オーストラリアでは、観光ビザで数週間の体験留学から、ワーキングホリデーで数か月の留学、また、学生ビザで本格的に数年間の留学まで、様々な形で語学を学ぶことができます。

以下に、一番自分に適した語学学校を選ぶにあたってのポイントとなる項目をリストします。

学校の場所

先ずは、オーストラリアのどこに住むかによって通う語学学校の選択肢が絞られます。

語学学習の他に目的がある場合は、その目的によって住むエリアも決まってきます。例えば、語学を学びながらサーフィンがしたいという人は、海の近くというようにです。

小さい街には、英語学校が1校しかないとか、全くないということがあります。全くない街に、語学留学に行くことはありえませんが、移民が多いオーストラリアでは、田舎町でも英語を学べる施設があったりします。

逆に、学校を決めてから住むところを決めるというパターンもあるでしょう。特に、英語学習の後に、特定の大学や、ある地域にしかない専門技術の学校に行くことを計画している場合などです。

住む地域が決まったとしても、シドニーの様な大きな街だと、語学学校の数がありすぎて、選ぶのにも一苦労ということになったりします。特に、何も事前情報が無いと、各学校の紹介を見ても何を比較したらいいのかも、よくわかりません。

そんな時は、以下のポイントを検討するとよいでしょう。

学校が提供するカリキュラム

学校によってカリキュラム内容は多様な特色があります。特に、シドニーなどの大都市の学校は競争も激しいのでより多くの生徒を引き付けるために、ユニークなプログラムやメソッドを取り入れているところも多いです。

学校によっては、会話に特化したカリキュラムを組んでいるところもあり、とにかく会話力を伸ばしたいという人には適しているかもしれません。

また、将来的にはTAFEなどの専門学校や、大学進学を目的としているならば、英語環境で学んでいく基礎力をつけることを目的としたカリキュラムのコースを取るという選択を検討するのもよいでしょう。TAFEの付属の英語学校や、大学運営の英語学校などは、更なる進学を念頭に入れて、カリキュラムを組んでいます。

学校の評判

学校の評判は、授業の質に関係します。授業の質は、先生の教え方によるところが大きいでしょう。同じ学校でも、先生により大きく授業内容が異なります。

担任の先生によって学校生活が変わるのは、皆さんが今までの日本においての教育課程で経験されているとおりですが、同じことが英語学校のクラスにも当てはまります。

数か月学校に通うと、タームと言って休みと休みの間の授業の期間(学期の様なもの)毎に先生が変わるケースが多いので、先生が変わって、今タームより、前タームの方がよかったというような事が起きます。

先生と生徒の関係は、対人関係ですので合う合わないの問題もあり、学校に入る前に知ることはなかなかできません。留学情報センター等で得られる、生徒の体験談や、学校の特色などの情報などを参考にして、ある程度、学校のカラーが自分に適しているかを検討することはできます。

学校側は、各先生の授業に対する生徒の満足度を高めることに気を配っており、生徒の意見を大事にしています。よって、もし先生の授業内容に問題があれば、いつでも学校側に意見すれば聞いてくれ、対応を検討してくれます。

毎回タームの終わりに、昇級テストを兼ねたインタビューがある学校がほとんどですので、この時に先生の希望を告げる学生もいます。大抵の場合、生徒を楽しませることが上手な先生に人気がかたよります。

学校によっては、先生のキャラクターを前面に出して、「〇〇先生の授業」を売りにしている所もあります。また、カリキュラムの項目で説明したように、会話に特化したカリキュラムのように、授業が体系立てて特色のあるものであれば、先生は違くても、ある程度は同じレベルの満足度を生徒に与える授業を提供することもできるでしょう。

価格

価格は学校やカリキュラムによって差があります。大抵の学校は週単位で価格設定しており、入学金と教材費が別途請求されます。

週単位の価格が安いからといって、質が悪いとは一概には言えません。上記で指摘したように先生によって授業内容が大きく変わるからです。

各クラスの生徒数も価格に反映します。人数が少ない程、価格が高い傾向にあります。

また、週単位での実質授業時間の長さも価格に影響します。安いと思ったら、自習形式の授業が多くて、1日中自習の日もあったなんてこともありますので、学校選びの際には、週の時間割を含めたカリキュラム内容も比較検討したいポイントでしょう。

気になった学校がいくつか見つかったら、各学校、または、留学エージェントからカリキュラムの例を入手できるか聞いてみるといいでしょう。

学校の施設の充実度も価格を高くする要素です。大学やTAFE付属の学校は、在籍中は図書館ほかの施設が使い放題です。英語学校でも独自で図書館や自習室を持っている所もあります。真剣に英語を勉強したいならば、ありがたい施設だと言えます。

生徒

学校には、どこの国の生徒が多いのか、日本人の割合はどうなのか、等は気になる点だと思います。各学校が、選考にクラスごとの生徒の出身国の割合を提示していますので、参考にするとよいでしょう。

しかし、これらの数字はあくまで参考であり、実際はその時になってみないとわからないと言えます。学校側はなるべく、国籍を均等に振り分けるようにしていますが、その時々で多い国籍と言うのも左右されます。

英語習得は本人のやる気によるところが大きいので、クラスの日本人の割合や他国人の割合を気にするよりは、カリキュラム内容などを重視するべきでしょう。

各クラスの生徒数は、学校選びをする上で大きなポイントです。1クラス30人もいると、なかなか話す機会が得られなかったりしますので、生徒数は少ないにこした事はありません。

学校の施設

価格のところでも話しましたが、施設の充実度は快適かつ効率的に勉強をする上でおおきくプラスになります。

休憩場所や食事場所なども、快適な学校生活を送るのには重要です。

在学中は、宿題も出ますので、学校の後や授業が無い時に、図書館などの静かで落ち着いて勉強できる環境が欲しいと言う状況は多々あるでしょう。

ですから、図書館や自習室はあるに超したことはありません。無くても、近くに図書館などがある立地の学校を選ぶとあとあと便利です。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリア在住3年のエムさん(女性)が、オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことについて語ってくれました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたこと ...

2

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 3

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

シドニーとその近郊の主要動物園をリストアップしてみました。 目次 タロンガ動物園シドニー(Taronga Zoo Sydney)ワイルドライフ・シドニー動物園(Wild Life Sydney Zoo ...

6

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

7

目次 オーストラリアの通販サイトSurfStitchSurfStitchのサーフィングッズウエットスーツ、ラッシュガード、ベストフィンリーシュコードデッキパッドボードケースボードショーツその他さいごに ...

8

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

オーストラリアは、語学留学先でいつも人気のトップにあがる国です。気候の良さや治安の良さはもちろんのこと、学校や地域の選択肢の多さも魅力となっています。 また、ほとんどの学校が短期でも長期でも入学できる ...

-英語/留学
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.