オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

英語/留学

シドニーの英語学校留学体験記

更新日:

englishclass

今回の記事は、ワーキングホリデービザでシドニーに滞在中のケーさん(20代男性)が実際にシドニーの英語学校に3か月間通った、本人による体験記です。

シドニーの学校選び

僕はシドニーで3か月間英語を学ぶのに、シドニーの中心地、QVB(クイーンビクトリアビルディング)のすぐ近くにあるCambridge College Internationalという語学学校を選びました。

先ず、何故3ヶ月なのかと言いますと、僕はワーキングホリデービザでオーストラリアに来たので、ワーキングホリデービザは語学学校に最長4ヶ月までしか通えないという制限があったからです。

この、Cambridge College Internationalという語学学校を選んだのは、この学校が、語学学校の中ではかなり安い語学学校に分類されることと、お得な11プラス1というプランがあったからです。この11プラス1というのは、11週間分の学費で12週間通うことができる、要は1週間分お得というプランです。3か月で、入学金、教材費、そして、12週間分の学費を含めて、2300ドルほどの費用が掛かりました。

学校のシステム

入学日は毎週月曜日で、初日は英語力をチェックするためのペーパーテストと軽いSpeakingのテストがありました。Speakingは自己紹介と簡単な口頭質問でした。「日本の今の気候はどんな感じ?」という質問でした。これら、ペーパーテストとSpeakingのテストの結果を総合して、テスト後すぐに自分のクラスが発表されます。

クラスは上から、Advance(上級)、Upper Intermediate(中上級)、Intermediate(中級)、Pre-Intermediate(初中級)、Elementary(初級)、Beginner(ビギナー)クラスの6クラスに分かれています。

4週間毎に1度、クラス分けのテストがあります。テストは、Spoken interaction、Spoken production、listening、Reading、Writingの5つの項目から成り、5つ中3つの項目で80%以上の成績なら上のクラスにレベルアップすることができます。レベルアップできると言われても、そこは自分で選べるので、自信が無ければ上のクラスにいかないという選択もできます。

Cambridge College Internationalには、8:45〜14:30までのMorning Classと16:00〜20:30までのEvening Classの2つがあります。Morning Classは月曜日から木曜日までの週4日、Evening Classは少し授業時間が短いため、月曜日から金曜日までの週5日あります。私はMorning Classに通っていました。

最初の授業が8:45〜10:45まで、15分の休憩を挟み、11:00〜12:30まで次授業が行われます。12:30から30分間昼休みがあります。そして、13:00〜14:30まで最後の授業が行われます。

この時間設定は一応決まっているようですが、先生によって終わる時間が違ったり、昼休みを1時間もくれる先生もいて、割と適当な感じでした。

授業の様子

だいたい1クラスは15人ほどです。毎朝8:45分から授業は始まりますが、その時間にいるのは2‐3人といった感じでした。余裕でコーヒを飲みながら遅刻してくる生徒が多かったので、だいたいみんなが揃うのは朝10時くらいでした。

授業は先生によって、違いがあります。Grammarなどをしっかりと書かせることが好きな先生もいれば、ゲームを多く取り入れて楽しくやる授業スタイルの先生もいますし、教科書をまったく使わずに授業を進める先生もいます。

僕のクラスは月から水まで同じ先生で、木曜日だけ先生が変わりました。月から水までの先生は書くことが多く、もちろんそれも大切なのですが、ちょっと退屈だなと思うこともありました。ですが、木曜日はゲーム形式が好きな先生だったので、とても楽しく、さらに喋る機会も増えるので良かったと思います。

クラスメートについて

クラスには、日本人が僕も含めて2人しませんでした。学校全体でも日本人は5‐6人といったところでした。僕のクラスにはタイ人の生徒が多く、総生徒数の3分の1を占めていました。個人的にはタイ人はみんな明るくて、優しく、凄く話しかけてくれる印象があります。あとは、ヨーロピアンの生徒が数名、そして、スパニッシュの生徒が多かったです。学校は英語以外の言葉を話してはいけないと言う決まりはないので、休み時間はタイ語とかスペイン語が飛び交っていました。

昼休みには、校内のフリースペースでみんなが持ち寄ったお弁当をシェアして、食べたりました。様々な国の食べ物に触れることもできますし、そこで違うクラスの人たちと会話する機会もあるので、友達はどんどん増えていくと思います。

基本的にみんな積極的にコミュニケーションをとろうとしてくれたので、とても楽しい学校生活を送ることができました。

テストのある週の木曜日は、みんなで海に行ってBBQをしたりということもあったので、凄く楽しかったです。

最後に

英語ができるようになるためには、やはり話すことが大切だと思うので、友達を作るために学校を通うのも1つの方法だと思います。

学校は、もちろんGrammar、listening、Speakingなど全てしっかり学ぶことができる場でもあります。

授業は、みんな積極的に発言する環境で、活気があります。私の学校は、授業も少人数だったので、先生の目もしっかりと行き届いているなと感じ、僕はストレスがあまりなく学べました。

シドニーの語学学校に入って感じたことは、授業中に疑問に思ったこと、分からなかったこと、そういうことをそのままにせず、しっかりその場で質問して、自分が納得いくまで話し合うのが大切だということです。そういうところは、積極的な他の国の生徒を見習わなければいけないと思いました。

語学学校に通った際には、恥ずかしがることなくどんどん発言して、授業に参加していってください!!

人気記事

携帯プラン 1

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 2

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

3

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 4

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 6

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

-英語/留学
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.