オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

ショッピング

GLOBE(グローブ)はスケートボードとストリートファッションのブランド

更新日:

Globe グローブ スケートボード

オーストラリア発の、スケートボードをはじめとする横乗りスポーツ全般を手掛ける、エクイップメントとウェアのブランドGLOBE(グローブ)を紹介します。

日本では、スケボーが有名で、スケーターなら誰もが知るブランドですが、オーストラリアでは、スケートボード、サーフィン、スノーボードのボードスポーツ(横乗り系スポーツ)とストリートファッションのブランドとして若い人たちを中心に人気があります。

GLOBEのプロダクト

GLOBE(グローブ) スケートボード スケートシューズ

オーストラリアはスケートボーディングが盛んで、質の高いスケートボードをつくることでも有名なことは、スケーター以外の日本人には意外と知られていません。

GLOBE(グローブ)はスケートボードブランドとしては30年以上の歴史があり、デッキからウィールまですべてのデザインと製造を手掛ける世界的に有名なオーストラリア発のスケートボードメーカーです。

ちなみに、日本で人気の高いPenny(ペニー)スケートボードもオーストラリア発です。

GLOBE(グローブ)は、スケートボードのデッキ、トラック、そして、ウィールまで全ての部品を自社でデザインし製造しています。

スケートボードのバリエーションは非常に多く、ミニスケボー、ロングスケボー、クルーザー、そして、スピーカーボードと呼ばれるスピーカー内臓のスケートボードまであります。最近では、BANTAM CRUISEBOARDという、ミニスケボーが日本で話題になっているようです。

BANTAM ミニスケボー GLOBE

スケートボードはもちろんですが、スケートシューズも人気で、デザインもさることながら、機能性と質の高さも定評です。

まだ機能性の高いスケートシューズと呼ばれるものが無い時代に、スケートボーディングにおいて機能する本物のスケートシューズをつくることに着目し、一躍脚光を浴びました。

現在はサーフィンとスノーボードのウェアやアクセサリーも幅広く手掛けています。

プロをフィーチャーしたスケートボードとサーフィンのフィルムの製作にも力を入れており、業界内でのヒット作も多数出ています。

他ブランドとのコラボ商品企画にも参加しており、赤い文字版のG-ShockのGlobeとのタイアップモデル「GLOBE UNITED BY FATE」が発売されたこともあります。

G-ShockとGlobeのコラボ

GLOBEの歴史

GLOBE(グローブ)は、その頃は未だアンダーグラウンドと呼ばれたスケートボードカルチャーから生まれ、カルチャーの広がりと共に発展しました。

GLOBEは、数々の有名プロスケートボーダー、プロサーファー、プロスノーボーダーのスポンサーもしています。

GLOBEは、世界100か国以上に進出しており、Globe International Limitedにより経営されています。

Globe International Limitedの前進となる会社は、1985年に3人の兄弟によりメルボルンで設立されました。

Globe International Limitedは、現在は株式上場企業で、米国、南米、ヨーロッパ、アジアにも拠点を持ち、GLOBE以外の世界的に有名なブランドも保有する大企業です。

同社が保有するブランドは多数ありますが、その中でも有名な北米やヨーロッパのスケートボードブランドを以下に挙げます。

Dwindle(ドゥウィンドル)、enjoi(エンジョイ)、bLind(ブラインド)、almost(オールモスト)、Cliché(クリーシェ)、Darkstar(ダークスター)、Tensor(テンサー)、Speed Demons(スピードデーモン)、Dusters of California(ダスターズ・オブ・カルフォルニア)

GLOBEの店舗

オーストラリア国内の数々のスケートショップ、サーフショップ、ストリートファッションを扱うショップ、スニーカーを扱う靴屋でGLOBEの商品を置いています。

オーストラリア国内のGLOBEの直営店はクイーンズランド州ゴールドコーストのBurleigh Heads、ニューサウスウェールズ州シドニーのBondi Beach、ビクトリア州メルボルンのSt KildaとグレートオーシャンロードのTorquayにあります。住所などの詳細はGLOBEのサイトでご確認ください。

商品はGLOBEのサイトにて、閲覧、購入することができます。

オンラインショップで$50以上買い物すると、オーストラリア国内の送料が無料になります。

海外発送もしてくれます。日本への送料は一律$20です。

ショッピングの際には最初にメール登録することをおすすめします。何故なら、最初の買い物で20%引きになるバウチャー(クーポン)コードがゲットできるチャンスがあるからです。

最初にサイトを訪問した時に、しばらくして、「WANT 20% OFF YOUR FIRST ORDER?(最初の注文で20%オフが欲しい?)」というウィンドウが現れたら、メールアドレスを入力して「Join Us」をクリックしましょう。

メールで送られてきたコードを買い物の際に入力欄に入れると、初回限定で20%引きになります。

以上、オーストラリアのスケボーとストリートウェアの人気ブランドGLOBE(グローブ)についてでした。

GLOBEへはこちらからどうぞ

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 6

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

7

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

8

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光 ...

-ショッピング
-, , , ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.