オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

宿泊(ホテル/シェア) 観光

オーストラリアのホテルを格安かつベストな条件で日本語でオンライン予約するコツ

更新日:

hotelbluemountains

オーストラリアでホテルを予約するのに利用できるサイトはたくさんあります。日本の大手旅行会社が運営するものから、オーストラリア企業が運営するもの、そして、グローバルに展開する多国籍企業が運営するものまで様々です。

この記事では、1泊から滞在できるホテルを、大手多国籍企業のホテル予約サイトを使って、賢くお得に予約する方法を紹介します。

ホテルを安く予約するコツ

なるべく早くに予約を入れる

早ければ早いほど、低価格でお得なお部屋を得ることができる可能性が高まります。特に、人気のあるリゾートエリアのホテルは直前の予約で取れることは殆どないと心得ておいたほうがいいでしょう。3-6か月の余裕を見て予約できればベストでしょう。

ビジネス利用客が多い都市部にあるホテルは、遅い予約でもお得な部屋が見つかる可能性があります。理由は、ビジネス利用客は滞在日が近くなってから予約し出すことが多いからです。部屋が埋まるのが遅いこれらのホテルは、早くからの予約客を部屋を安くして確保するメリットがあまりありません。逆に、直前になって予約が無い空き部屋を格安で売る可能性がリゾート地のホテルより高いと言えます。

旅行日程確定前にホテルのリサーチを始める

ホテル料金は、曜日や時期によってかなり差があります。リゾート地のホテルでは土曜が割高になり、日曜にガクンと値段が落ちるのが通常です。また、オーストラリアの学校のお休み期間(School Holidays)や人々が休暇を取るクリスマス周辺やイースター周辺は割高の価格設定をするホテルが多いので、これらのハイシーズンを外すと、より安くお得にホテルに泊まることができるでしょう。

ビジネス利用客が多い都市部にあるホテルは、平日が高く、週末が安いということもあります。

予約サイトを使って、滞在する予定の地域のホテルを、いくつかの日にちのパターンで事前に検索してみれば、いつどこに滞在するのが一番お得かの検討がつきます。

オーストラリアでは、上述のSchool Holidaysの影響で1週間違うと込み具合も値段も大きく変わってきたりします。

長期滞在する

長期滞在すると割引になるホテルも結構あります。また、特にピーク時期は、2泊3日以上の宿泊しか受け付けないという所もあります。

同じ都市に2泊以上する場合、ホテル巡りを楽しみたいという目的でなければ、同じ場所に連泊した方がお得です。

ホテル予約サイトを使う

ホテルを予約するのに、価格の他に重要なのは、信頼性、そして、利便性でしょう。日本からの予約に至っては、日本国内でのサポートがしっかりしていることも、大切なポイントになってきます。

旅慣れした個人旅行者の間では、ホテル予約サイト(予約サービスプロバイダー)に会員登録して、旅行に行く度に予約サイトを使ってホテルを予約するのがあたりまえになってきています。

このような世界規模での旅行者のホテル予約のトレンドの移り変わりによって、ホテル予約サービス提供企業の間の競争が激しさを増しています。

既に、日本に多くの外資系ホテル予約サービス提供企業が参入しており、広告宣伝による認知度の高まりによって、日本国内での利用者も増加の一方にあります。

これらのサービスを使うと、ホテルに直接予約を入れるより安いことが多々あります。ホテル直で予約するよりも高いということは、低価格のバジェット系宿泊施設を除いて、まずありません。予約サイトを使えば、常に、その時の最低レベルの価格で予約することができます。

宿泊料金割引のキャンペーンなどもよく行っているので、タイミングが合うと破格で高級ホテルに宿泊できたりします。

その手軽さと、価格と品揃え、そして、ポイントを獲得できる利点から、私たちはオーストラリアでも日本でも、その他の国へ旅行に行く際でも、同じホテル予約サイトを頻繁に利用しています。

何故ホテル予約サイトを使うのか?

ホテルにとっては、常に満室の状況が望ましいです。空き部屋がある場合、それをそのままにするよりも、半額でも宿泊客に入ってもらった方が好ましいのです。

ホテル側は、直接予約を入れてくる宿泊客に対して、部屋が空いているからといって途中で値段やサービス内容を変えたりしてしまうと、ホテルの信用とブランドイメージにかかわってきます。

同じホテルの予約窓口経由で同じタイプの部屋を同じ日の滞在で予約したのに、自分が払ったよりも大幅に安い金額で宿泊している客がいることが、高い金額を払った宿泊客に知れてしまうと、もうリピーターになることはないどころか、クレームにもなりかねません。

しかし、予約サイトに空室をディスカウントして販売することを任せることで、宿泊客は、そのサイト経由だから安いという理由で納得するのです。

そして、それを聞いた宿泊客は、予約サイト経由でホテルを予約するようになり、直接ホテルに予約してくる客の割合も減っていきます。ホテルの値段の違いが、ホテル自体が操作しているものではなく、利用する予約サービスの違いとして理解されるようになります。

予約サービスは、ホテルにとっては、旅行代理店と同じような役割を果たし、自社のイメージを損ねることもなくディスカウントして、空室も埋めてくれるというメリットがあります。

利用者にも、通常高いホテルに安く泊まれるというメリットがあります。高級ホテルになるほど、予約サイトを使ったほうが安く泊まれます。

hotelbluemountains3

予約サービスを選ぶ時の条件

サービスの規模はどうか?

世界規模でのサービスを提供しているサイトなら、オーストラリアではもちろんのこと、日本国内の旅行や、他の国への旅行の際にも利用できて、会員になると特別割引やポイントが貯まるなどの特典もあります。

大手のホテル予約サイトには、登録していない宿が無いのではないかと思うほど、ホテル案件が充実しています。バックパッカーの宿や、Airbnbを代表するような個人が自宅の部屋を貸し出すタイプの宿はありませんが、快適に過ごせる2つ星、3つ星以上のホテルは殆どが網羅されています。

使い勝手の良さは?

登録ホテル数と検索の速さ、予約の速さと支払いの簡単さ、そして、宿泊予約済ホテルと獲得ポイントなどが一目でわかる管理画面の見やすさなどが、大きな違いを生んできます。

以下に挙げている、大手予約サイトは、全てこの点をクリアしています。

どのサイトもサービスの質は高いですが、一つの予約サイトの利用にできるだけ絞ることをお勧めします。多数のサイトで申し込むと、どこのサイトで予約したか、自分が会員であるかどうだったかも忘れてしまいますので、ポイントなどの特典も有効利用できません。

私たちも、1回きりで、その後利用していないサイトが多数あります。今は、よっぽどの理由がない限りは、一つのサイトでホテル予約をするようにしています。

予約価格は?

ホテル予約サイトによって、また、予約時期によって価格に差が出ます。サイト毎のホテル提供価格の違いについては、複数の予約サイトで同じホテルの同じ日にちの宿泊を調べてみると差がわかります。

一気に複数サイトの価格を比較してくれる、トリバゴのようなサービスもあります。

同じサイトでも、昨日と今日で同じ部屋の価格が変動することがあります。滞在日が近づくと高くなり、更に近づいても空室があれば、また安くなるというパターンが一般的です。

これらのサイトは、たまに特別予約割引キャンペーンをやることがあります。その内容はまちまちですが、そういう時にタイミングよく予約すると、かなりお得に宿泊できたりします。

2社以上の、予約サイトで料金を比較してみることをお勧めします。

大手ホテル予約サイト

Agoda(アゴダ)

Agodaは、数ある大手予約サイトの中でも、オーストラリアの取り扱いホテル件数が1万4千件以上と、他サイトどのサイトより多いという特色を持っています。他の予約サイトにあるオーストラリアのホテルのほとんどはAgodaにもあります。


Agodaには、世界中のほどんどの国の多数のホテルが登録されています。私たちの経験だと、最安値保証とうたっているだけあって、値段も最安値レベルのものがほとんどで、他のサイトにリストされている同じホテルでも、会員特別割引キャンペーンをやっていたりすることが多いので、常に愛用しています。日本で宿泊する時も、Agodaを使うようにしています。

Agodaのサイトで、地域と日にちを指定して検索すればたくさんの該当ホテルが出てきます。たくさんの写真とレビューが、ホテルを選ぶうえで参考になります。

Agodaを使ってのホテル検索と予約方法ついては「Agoda(アゴダ)を使ってオーストラリアのホテルを最適な条件で予約する」をご覧ください。

Booking.com

世界最大級の宿泊予約サイトです。オーストラリアの取り扱いホテル件数は、1万3千件以上で、Agodaの次に多いサイトです。


Hotels.com

Hotels.com経由で予約して、通算10泊宿泊すると、1泊分の無料特典がもらえるというキャンペーンを行っています。また、他社サイトでより安い料金が提示されている場合、Hotels.comに申し出れば、差額を返金することを大々的にうたっています。



TripAdvisor(トリップアドバイザー)

ホテル、観光地、レストラン、カフェなどの口コミレビューが大量にあります。英語でのレビュー数が圧倒的に多いですが、日本語レビューもたくさんあります。ホテルの評判を調べるのに活用できます。



Trivago(トリバゴ)

複数のホテル予約サイトを一気に比較検索してくれます。テレビコマーシャルの効果もあり、日本でも知名度があがっています。私たちは、サイト間の価格差を調べたいときに活用しています。



ホテル予約サイトを使う上でのちょっとしたコツ

予約後ホテルに連絡

予約サイトで予約した後で、ホテルに直接連絡します(メールでOK)。予約の確認を兼ねて、質問をします。例えば、部屋からの景色とか、サイズなどについて質問をしつつ、さりげなく希望「上の階の景色がよい部屋にできるか」とか「子連れなのでサイズができるだけ大きな部屋がいい」とかを告げると、計らってくれる可能性が増します。断られるかもしれませんが、有料でも特別に低い追加チャージでアップグレードしてくれることもあるかもしれません。

予約確認メールを印刷

予約確認のメールが予約サイトから届きますので、プリントアウトしてチェックインの時に提出すると、すんなりと手続きが進みます。プリントアウトしていなくても、ホテル側のシステムに記録がある筈ですが、念のためにも用意しておくとよいでしょう。

ホテルが取れない時

込み合っていてホテル予約がなかなか取れない時、また、どうしても泊まりたいホテルがある場合は、複数の予約サイトで検索されることをお勧めします。旅行会社手配の飛行機の座席のように、各サイトによって割り当て数があり、一つのサイトで部屋が無くても、他のサイトではあるということがあります。

まとめ

ホテルを安く予約するには、1. なるべく早くに予約を入れること、2. 旅行日程確定前にホテルのリサーチを始めること、そして、3. 長期滞在することがポイントになります。

また、高級なホテルになるほど、ホテル予約サイトを使うことが、より安く泊まる秘訣であることもお判りいただけたと思います。

ホテル予約サイトを選ぶときのポイントとしての、サービスの規模、使い勝手の良さ、そして、予約価格についても説明しました。その上で、Agoda、Booking.com、Hotels.com、TripAdvisor、そして、Trivagoという、5社のホテル予約サイトを紹介しました。

その中でも、私たちが一押しするのは、Agodaです。Agodaでオーストラリアのホテルを予約するには、こちらの記事「Agoda(アゴダ)を使ってオーストラリアのホテルを最適な条件で予約する」をご覧ください。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 6

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

7

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

8

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光 ...

-宿泊(ホテル/シェア), 観光
-

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.