オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

ワーホリ 仕事

オーストラリアでの仕事の探し方と種類別ローカルジョブ求職法

更新日:

img_8534

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。

この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。

日本語求人情報

オーストラリアには日本人の求人広告が日本語で探せるサイトがいくつかあります。

日本人のビジネスオーナーの求人がほとんどですが、たまに日本人でないビジネスは日本人を探す英語広告が出ていることもあります。

日本人は気が利き、しっかりやる人が多いので、英語を使う仕事でも、日本人オーナーは日本人の従業員を好む傾向があります。

また、美容師やベットのトリマーなど、都市部においては日本人の技術の高さが評価されている職種もあり、シドニーでは日本人美容師のいる美容室が大人気で日系美容室の数もたくさんあります。

手に職が無くても、日本人を好む雇用主はたくさんいます。英語がそんなに話せなくても、できる仕事の募集もたくさんあります。

求人情報がある日本語媒体を以下にリストしますのでご参考ください。

おそらく一番利用者が多い使いやすさも評判の日本語情報サイト
Jams TV

一番古くからある報道力についてはピカイチの日本語情報サイト
日豪プレス

シドニーの日本語情報サイト
チアーズ

メルボルンの日本語情報サイト
GO豪メルボルン
DENGON NET

アデレードの日本語情報サイト
GO豪アデレード

各サイトの求人を一括表示するサイト
お仕事.com.au

これらサイトには、忙しい日本食レストランや日本語を使う仕事の求人がたくさんあって、やる気があればビジネスビザのサーポートもしてくれる企業の求人仕事もあります。

日本語で出ているファームの求人もありますので、ワーホリ、セカンドビザのファームでの仕事探しにも活用できます。

日本食レストランは時給もまちまちですが、ローカルの仕事より平均的には低めの所が多いようです。

ローカル求人

コミュニケーションを取れる英語力があれば、ワーホリビザで応募可能なローカル求人はたくさんあり、以下のサイトで探すことができます。

一般求人サイト

Seek
オーストラリア最大の求人サイトです。

CareerOne
オーストラリアではSeekと同じくらい有名な求人サイトです。

Jobserch.gov.au
オーストラリア政府の求人サイトです。「Harvest Jobs」のカテゴリーにファームの求人があります。

Indeed
各サイトの求人をまとめて検索する、日本を含む50か国で運営されるサイト。

Gumtree
‎オーストラリア全土をカバーするNo.1クラシファイドです。個人経営の求人情報が豊富です。

ワーホリ・ファーム求人サイト

Backpacker Jobs Board
ワーキングホリデーで出来る仕事を一堂にまとめたサイトです。リストされている仕事の種類も多岐にわたり、ファームの求人やセカンドビザが取れるファーム以外の求人もあります。これらは「Second Year Visa」のカテゴリーにリストされています。

Working Holiday Jobs
こちらもワーキングホリデーで出来る仕事を一堂にまとめたサイトです。

Fruit Picking Jobs
上記のサイトのフルーツピッキング版で、フルーツピッキングの仕事がたくさんリストされています。

Travellers At Work
シドニーのセントラル駅近くにオフィスがあり、ワーキングホリデーメーカーの為の仕事が豊富にリストされています。

仕事の検索の仕方

上記のSeek、CareerOne、Jobsearch.gov.au、Indeedなどの一般求人サイトや、Gumtreeを使ってワーホリビザで応募可能な職種を見つけるには、先ずはカジュアル(Casual)のポジションであることが前提条件になるでしょう。

ワーホリ(Working Holiday Makers)やバックパッカー(Backpacker)が応募可であることを触れた広告も結構見つかります。「Working Holiday Makers/Backpackers Welcome」とか書いてあったりします。

また、単発や季節限定の求人も多数ありますので、条件さえ合えばワーホリビザでも働くことができます。

ワーホリで可能な仕事を探すために役立つであろう検索キーワードの例を以下にリストしました。全てではありませんが、仕事を検索するのにご参考ください。

casual, au pair, temporary, cleaner, cleaning, carwash, kitchen hand, washer, labourer, labour, carer, cafe, daily, weekly, short-term, Christmas, helping hand, Japanese, working holiday, backpacker, one day, nanny, domestic duties, home help, events, promotions, farm, fruit picking, hotel, hostel, restaurants, retail

広告にない仕事を探す

広告に出ないけれど存在する仕事があります。こういう仕事は人づてやLinkedInなどの登録情報を伝ってエージェントがコンタクトしてきたりします。

日本である程度の職歴があるならば、LinkedInに登録してレジュメをアップしておくのもいいかも知れません。

また、口コミだけで広告を出さなくても、人が集まる仕事もあります。

移民同士のコミュニティーの結束が強い人種が多く働く職場などでは、知り合いが知り合いを呼んで空きが埋められることが多いので一般広告を出していないケースが多々あります。

私の知る範囲では、下請け食品加工業や中規模の製造業の工場、そして、ホテルのシーツなどのリネン類を扱う大型ランドリーや、ホテルの清掃とベッドメイキングをする業者などに、広告にでないけれど空きがあるカジュアルジョブが常にあると聞いています。

移民の中には英語が得意でない人も多いですが、既に勤勉に働く同じ国の移民達の勤勉さのおかげで、対人のコミュニケーションが重要でない職種に対しては、雇用主側はまじめに働く移民を喜んで受け入れる傾向にあります。

こういう職場を見つけるには、知り合いになった人に紹介してもらえるのが一番ですが、自分で探し出して、直接飛び込みをするのも手です。

その時に空きが無くても、レジュメを置いて行けば後で連絡をくれたりします。

Yellow Pages(イエローページ)のウェブサイトや、Google検索を使って、地域別に思い当たるキーワード(例えば、Commercial Laundry、Cleaning Services、Food Processing、Manufacturing等)を使って検索してから、ある程度の規模があるビジネスであることがわかれば、電話したり実際に行ってみるなどして仕事の空きがあるか尋ねるという流れになります。

リサーチ作業が必要になるので時間が掛かりますが、掘り出し物の仕事が見つかる可能性もあるおすすめの方法です。

飛び込み

上記の延長の様ですが、実際に足を運んで飛び込んでいく、数撃てば当たる的な方法です。

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが、こちらでは広く受け入れられる方法でもあります。私は、この方法で職を得たことが数回あります。

特に、忙しそうなレストランやカフェなどはこの方法が効果的だったりします。

店によっては、店先にPosition VacantとかWantedとかの張り紙をしているところもありますので、見逃さないようにしましょう。

その際に、レジュメを用意して渡して歩くことを忘れないようにしてください。

男性は、建設現場やイベント設営、カーウォッシュ等の力仕事系もあります。

カーウォッシュは、道路沿いやショッピングセンターの駐車場など、街の至る所にあり、常に人を募集していますので、直接行って問い合わせしてみるといいでしょう。

img_8917

先ずは、店や現場にいる人を誰でもいいから捕まえて「Can I see the manager?」「I’m looking for a casual job.」とか言うといいでしょう。

そして、マネージャーに会えたら「Do you have any casual job vacancies here?」と聞いてみましょう。

会えなければ、「When can I see the manager?」とか「When would it be the best time to see the manager?」と聞いて、教えてくれた時間にまた足を運びましょう。

マネージャーに会えても会えなくても、「Can I leave my resume?」と言って、レジュメを置いて、後ほどこちらからコンタクトできる電話番号を聞きましょう。

連絡が来なくても、後ほどマネージャー宛てに電話するか、また行くのが大事です。

飛び込みで職探しをしても、変な人扱いされることはありません。逆に、気に入られて、何とかしたあげたいと思われる可能性の方が大きいでしょう。

とりあえず従業員の誰かを捕まえて頼んでみましょう。中には世話好きな人がいて、運よくマネージャーへの面通しの手伝いをしてくれたりします。

そっけなくされても、めげずに続けることがキモです。

ただし、空気を読むのも大切なので、相手が忙しい時間は避けなくてはいけません。飲食業だったら、ご飯時を避けるのは常識でしょう。

Internship(インターンシップ)

インターンシップとは?

インターンシップとは、企業や教育機関などの組織で、実習体験を持つことを言います。経験を積むことが目的なので、無給のことが多いですが、有給のインターシップもあります。

主に学生がカリキュラムの一環として実地訓練として行うのがインターンシップですが、現地での労働環境を体験し英語でのコミュニケーション能力を向上させる目的のプログラムもあります。

一般企業のインターンシップでは、企業とインターシップに参加する側の双方がメリットを受けられる形で行われますので、インターンシップといえど、企業の運営に貢献する形になります。

逆に言うと、仕事の邪魔になるようなインターシップは取りません。

インターシップに参加する側は、現地で働くと言う経験とその経験を通じての学びがメリットになります。

インターンシップは、あくまでも自分の興味のあるエリアでの経験を得ることが目的であり、稼ぐことを目的にする方には不向きだと言えます。

エージェントにインターシップを手配してもらう

インターンシップは、エージェントを通しても手配できます。その場合は、確実に手配してくれる代わりに、たとえ無給インターンシップでも手数料が掛かります。政府のサイトの情報によると、手数料の相場は$1500~2100程らしいです。
以下は、オーストラリアのインターシップの斡旋をしてくれるサービスです。どちらも、英語でコミュニケーションを取れることが参加条件となっています。

Australian Internships

Internships Down Under

日系の留学エージェントもインターシッププログラムを用意している所がほとんどです。英語レベルがそれほど高くなくても参加できるプログラムもあります。

自力でインターンシップを探す

上述のローカル求人のサイトで、無給/有給のインターンシップを募集している企業を探すことが出来ます。

例えば、Indeedのサイトで「internship」と「Sydney」などの場所、もしくは、ホテル、ケータリング、レストラン業を表す「hospitality」とか「tourism」などを入力して検索すると該当するインターンシップの募集が表示されます。「Japanese」と入力すれば、日本語、または、日本の商品やサービスと関係するインターンシップが(リストされていれば)表示されます。

有給(paid)より、無給(unpaid)のインターンシップの方が多いようです。

サイトで探すのもいいですが、知り合った人に、インターシップを取っていないか聞いてみるのが近道です。

募集してなくても、気になった企業に自分からアプローチするのもよい方法です。

レジュメとレターが書けて、インタビューに答えられるだけの英語力が最低でもあって、あなたが無給でもインターンシップを体験したければ、条件さえ合えば企業側は喜んで採用するでしょうから、自力で申込みをどんどんしてみましょう。

レターを書いて、レジュメと一緒にHR Manager(人事部長)宛てに手紙で郵送すると、読んでくれる確率も返事をくれる確率も上がるので、効果的です。

また、忙しい日系企業などには、無給で手伝ってくれるのなら喜んでというところもあります。どんどん問い合わせてみましょう。

レジュメ(履歴書)について

Resume(レジュメ)は履歴書のことです。仕事を探す前に必ず用意しましょう。

レジュメには年齢、生年月日、写真、未婚か既婚か等は一切載せる必要はありません。要求されたら、拒否することができ、それによって雇用主が雇用するか否かの判断をすることはありません。

日系企業には、日本の履歴書の提出を求めることもあります。オーストラリアの労働法上は提出する義務はありません。

英語のレジュメの書き方は検索すればたくさんありますので、ここでは触れません。

できれば、申し込む業種に絞ったレジュメを作製した方が効果的です。レストランの仕事なら、レストランやサービス業の経験などをメインにしてレジュメをカスタマイズします。どんなに立派な資格を持っていても、申し込む仕事に関係のないことが書いてあったら、アピールしません。

自分で稼ぐ

オークションサイトでの転売や、BUYMAなどを利用してオーストラリアで買い付けたものを販売したり、フリーランスで執筆やデザインの仕事をしたりとネットを使ってお金を稼ぐいろいろな方法があります。

また、マーケットで物を売ったり、サービスを売ったりもできます。

これらについてのいくつかは以下の記事で紹介しています。

オーストラリアで転売して稼ぐ方法
オーストラリアでクラウドソーシングを使ってフリーランスで仕事をする
オーストラリアでアコモデーションを運営して稼ぐ
オーストラリアでフリーランスの現地ガイドとして働く
オーストラリアで個人でサービスや商品を売る

最後に

仕事は選ばなければ何でもできますし、見つからないということはないでしょう。

英語が出来れば幅は広がりますが、できなくてもできる仕事はあります。

ファームの仕事は、英語力が高くなくても稼ぐことができますし、オーストラリアでの体験として素晴らしいものになるでしょう。

関連記事:
ワーホリでファーム体験【前編】オーストラリアのAyr(エア)でピッキング
ワーホリでファーム体験【後編】タスマニアでチェリーピッキング

仕事を探すには、めげないで根気よく続けること、考えすぎずにとりあえずやってみること、そして、仕事探しもオーストラリアでの新しい体験として楽しむことが大切でしょう。

面倒くさがらず、変なこだわりとプライドを捨てて、自分が新天地で一からやり直すつもりで、どんな仕事でも楽しむ姿勢で取り組んでください。

英語力に自信が無くても、仕事探しを通じて英語の練習をすればいいのです。何度もやっているうちに必ず自分の力になります。

また、謙虚で誠実であることも重要でしょう。みな同じ人間だから通じる人には通じます。

オーストラリアの仕事環境では、自分は自分的な冷たさを感じることもあるでしょうが、助けてくれる人や、人の温かさを感じることも多々あることでしょう。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリア在住3年のエムさん(女性)が、オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことについて語ってくれました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたこと ...

2

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 3

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

シドニーとその近郊の主要動物園をリストアップしてみました。 目次 タロンガ動物園シドニー(Taronga Zoo Sydney)ワイルドライフ・シドニー動物園(Wild Life Sydney Zoo ...

6

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

7

目次 オーストラリアの通販サイトSurfStitchSurfStitchのサーフィングッズウエットスーツ、ラッシュガード、ベストフィンリーシュコードデッキパッドボードケースボードショーツその他さいごに ...

8

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

オーストラリアは、語学留学先でいつも人気のトップにあがる国です。気候の良さや治安の良さはもちろんのこと、学校や地域の選択肢の多さも魅力となっています。 また、ほとんどの学校が短期でも長期でも入学できる ...

-ワーホリ, 仕事
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.