オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

交通機関

シドニー(Sydney CBD)ジョージストリート(George Street)のライトレール工事に伴うバスルートの変更について

更新日:

Light Rail Construction

ライトレール拡張工事中のジョージストリート

最近、シドニー市内のCBD(中央ビジネス地区、Central Business Districtの略)に行かれた方は、目抜き通りのジョージストリート(George Street)が、かなりの区間において工事で通行止めになっているのを見て「何の工事だろう?」と疑問に思ったのではないでしょうか?

現在は、タウンホール(Townhall)やQVB(Queen Victoria Building)の前も工事で景観が塞がれています。

これは、シドニーを走る路面電車、ライトレール(Sydney Light Rail)の路線を拡張する工事です。

シドニー・ライトレール(Sydney Light Rail)拡張工事

現在の運行ルート

ライトレールは、現在、セントラル(Central)駅から、ダーリングハーバー(Darling Harbour)、ザ・スター(The Star)カジノ、フィッシュマーケット(Fish Market)を通り、西のダルウィッチヒル(Dulwich Hill)までの区間を運行しています。

詳しくは、シドニーのセントラル(Central)駅から、ライトレール(Light Rail)に乗る をご覧ください。

拡張計画ルート

2017年末までに、北はサーキュラキー(Circular Quay)まで、そして、南は、ランドウィック(Randwick)、そして、キングスフォード(Kingsford)まで拡張する計画で工事が行われています。

ランドウィック(Randwick)、そして、キングスフォード(Kingsford)は、シドニーにも東のボンダイビーチ(Bondi Beach)をはじめとする数々のビーチにも近い人気の居住エリアで、商店街には人気のレストランやカフェが立ち並んでいます。

ランドウィック(Randwick)に行く途中には、センテニアル・パークランド(Centennial Parklands)が、キングスフォード(Kingsford)にはニューサウスウェールズ大学(The University of New South Wales)があります。

現在これらの地域に行く公共の交通機関はバスのみですが、ライトレールが開通すれば便利になり、ますます人気が高いエリアになるでしょう。

ライトレールの拡張工事他、ライトレールの事について更に詳しく知りたい方は、シドニーライトレイルのウェッブサイト(英語)をご参照ください。

Light Rail Construction

ジョージストリートはタウンホールの前も通行止め中

シドニー市内バスルートの変更

変更後のCBDバスルート

この、George Street(ジョージストリート)で行われているライトレールの拡張工事により、今までジョージストリートを運行していた数々のバスのルートが変更されました。

例えば、サーキュラキー(Circular Quay)においては、ジョージストリートに近いアルフレッドストリート(Alfred Street)沿いにあった以前のバス停は閉鎖され、現在はフィリップストリート(Phillip Street)に近いアルフレッドストリート西側のバス停から乗降車するように変更されています。

シドニー市内中心地、CBD(中央ビジネス地区、Central Business Districtの略)を運行する全てのバスの変更後のルートは、State TransitのシドニーバスサービスのウェッブサイトにあるSydney CBD Departure Guideというページで確認できます。

CBDフリーシャトルバスサービスの停止

555番のグリーンのバスで、親しまれていたCBD循環無料シャトルバス、CBDフリーシャトル(CBD Free Shuttle)は、2008年に導入されました。2013年にそれまでのCBDを巡回するルートから、George Street(ジョージストリート)を南北に行き来するルートに変更された後、2015年までサービスを継続していましたが、ジョージストリート(George Street)のライトレール拡張工事の為、2015年10月にサービスを停止しました。

シドニー市内のバスは、オパールカード使って有料でご利用いただけます。利用できるバスルートは上記のState Transitのシドニーバスサービスのウェッブサイトでご覧いただけます。

オパールカードの買い方と使い方については、シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card) をご覧ください。

人気記事

1

「オーストラリアで挑戦したいことは?」という質問に対して、「サーフィン!」と答える人はかなり多いのではないでしょうか? オーストラリアはサーフィン大国と呼ばれています。サーフィンは、オーストラリアに来 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 2

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 3

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

4

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

5

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

-交通機関
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.