オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

観光

ミルソンズポイントはルナパークとレストランが集まるシドニーの絶景スポット

更新日:

ミルソンズポイントの景色

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)からの景色

シドニーハーバーの対岸、ハーバーブリッジの北側のたもとのLuna Park Sydney(ルナパークシドニー)があるエリアが、Milsons Point(ミルソンズポイント)です。

Luna Park Sydney(ルナパークシドニー)

Luna Park

ルナパーク正門

Luna Park Sydney(ルナパークシドニー)は、メルボルンのルナパークと並んで、大きな口を開けた顔の門がある遊園地として有名です。シドニーの観光パンフレットなどでよく使われているので、シドニーに来たことが無くてもご存じの方も多いのではないでしょうか。

ルナパークは入園無料です。アトラクションを楽しむ場合はチケットを購入します。ノスタルジックで雰囲気満点なアトラクションがほとんどですので、「遊園地といったら絶叫マシーン」という方には向いていないかもしれません。

ルナパーク園内から眺めるハーバーブリッジ

ルナパーク園内から眺めるハーバーブリッジ

ルナパークは小さなお子様が楽しめるアトラクションが充実しています。観覧車や、メリーゴーランド、回転系の乗り物、小型のコースターなどが水辺のそれほど広くないエリアにひしめき合っています。一番奥の建物には、急角度の巨大滑り台や、回転する巨大ホイールの上で座り続けることを競うアトラクションなどがあり、子供たちの笑い声が絶えません。

ルナパークの大きな滑り台

ルナパークの大きな滑り台

ルナパークはシドニーの夜景スポットとしても人気です。夜のライトアップされた姿は美しく、対岸のシドニー側からも際立って見えます。

ライトアップされたルナパーク正門

ライトアップされたルナパーク正門

Milsons Point(ミルソンズポイント)のフェリー乗り場は目の前です。

Milsons Point(ミルソンズポイント)の公園

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)

ハーバーブリッジのたもと、対岸のオペラハウスの美しい景色が見える芝生の公園がBradfield Park(ブラッドフィールドパーク)です。

各メディアで、常にシドニーのおすすめ絶景スポットのランキング上位に挙げられる、観光客にも地元の人たちにも人気の場所です。

公園からは、あらゆる角度のハーバーブリッジを見ることができ、絶好の写真スポットです。

近くのカフェでコーヒーを買って、公園のベンチに座りながら対岸のオペラハウスをバックに行きかう船たちを眺めるのもいいでしょう。

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)からオペラハウスを望む

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)からオペラハウスを望む

公園の北端、丘陵の上には子供用の遊び場もあり、遊具も充実しています。お子様連れなら、ここでしばらく過ごすのもいいでしょう。

Milsons Point(ミルソンズポイント)のレストランとカフェ

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)の北に面した橋の下を東西に走る道路、Fitzroy Street(フィッツロイストリート)を橋の東側に抜けると、橋に沿って南北に走るBroughton Street(ブロートンストリート)と交差します。

この両ストリート沿いに、レストランが集まっています。橋に沿って走るBroughton Street(ブロートンストリート)を境に東側の地域はMilsons Point(ミルソンズポイント)から、 Kirribilli(キリビリ)という地名に変わります。

Fitzroy Street(フィッツロイストリート)とBroughton Street(ブロートンストリート)が交差する角にある、Bangkok Sidewalkは洗練されたタイ料理の店です。その向かいの、Small Bar & Kitchenはカジュアルなモダンオーストラリア料理が食べられるレストランです。

他にもこの周辺と、Broughton Street(ブロートンストリート)を1区画北にあるって行った、電車のMilsons Point(ミルソンズポイント)駅の向かいのエリアにたくさんのレストランとカフェがあります。

Milsons Point(ミルソンズポイント)のフェリー乗り場の向かいには3つの有名レストラン、Aqua Dining、Ripples Milsons Point、そして、The Deck Sydneyがあります。お値段は高めで、日によっては予約が必要かもしれません。

行き方

電車

電車では「T1 North Shore, Northern & Western Line」という路線のMilsons Point(ミルソンズポイント)駅で下車します。Central(セントラル)駅からだと北に向かう列車に乗って、Townhall(タウンホール)駅、Wynyard(ウィンヤード)駅、そして、3駅目がミルソンズポイントです。セントラル駅からの乗車時間は約10分、料金は、プリペイドのオパールカードを利用して約$3.40です。

北方向へ向かう列車には、Hornsby(ホーンズビー)、Epping(エッピング)、Macquarie University(マッコーリー・ユニバーシティー)、または、Gordon(ゴードン)が行き先として表示されています。

ミルソンズポイントを通過する特急列車もありますので、乗る前に表示板に「Milsons Point」が停車駅として出ているかを確認してください。

ミルソンズポイント駅はハーバーブリッジの北のたもとにあります。駅を降りて橋に沿って南側に歩けば、すぐにハーバーブリッジと対岸のオペラハウスの美しい景色が見える芝生の広場、Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)に到着します。

オパールカードについては、「シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card)」をご覧ください。電車の詳しい時刻と路線図はTransport NSWのサイトで調べられます。

フェリー

フェリーでは、Circular Quay(サーキュラキー)のWharf 5(5番埠頭)、もしくは、Darling Harbour(ダーリングハーバー)のKing Street Wharf(キングストリートワーフ)にあるWharf 3(3番埠頭)から乗船して、Milsons Point(ミルソンズポイント)で降ります。フェリー乗り場の目の前がルナパークです。

左がフェリー乗り場、奥がルナパーク

左がフェリー乗り場、奥がルナパーク

乗船するフェリーのルート名は「F4 Darling Harbour (Circular Quay to Darling Harbour Loop)」です。

サーキュラキーからミルソンズポイント迄の乗船時間は約6分、料金は、プリペイドのオパールカードを利用して約$5.80です。ダーリングハーバーからミルソンズポイント迄の乗船時間は約20分、料金は、プリペイドのオパールカードを利用して約$5.80です。

オパールカードについては、「シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card)」をご覧ください。フェリーの詳しい時刻と路線図はTransport NSWのサイトで調べられます。

徒歩

南側のThe Rocks(ザ・ロックス)のたもとから、ハーバーブリッジを徒歩で横断してMilsons Point(ミルソンズポイント)へ行くことができます。片道約30分必要です。詳しくは、別記事「シドニーハーバーブリッジ」をご覧ください。

車を運転して行く

シドニー側(橋の南側)から北に向けてシドニーハーバーブリッジを車で渡る場合、左車線をキープしておきましょう。橋のアーチが終わったらすぐに左側に降り口があります。Kirribilli(キリビリ)の表示があります。

Kirribilli(キリビリ)の降り口

Kirribilli(キリビリ)の降り口

降りたら道路は左に反れていきます。すぐ先にランナバウトがありますので、シドニー方面に引き返すように左に曲がって、橋に沿って傾斜を下って行けば、Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)沿いと、その周辺の路上に駐車場があります。

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)沿いの路上駐車スペース

Bradfield Park(ブラッドフィールドパーク)沿いの路上駐車スペース

駐車は、ほとんどの場所がメーター式です。取り締まりが厳しいエリアですので、駐車禁止エリアに停めないよう、また、時間を超過しないようにご注意ください。

Luna Park Sydney(ルナパーク・シドニー)にも、駐車場があります。駐車料金は、1時間までは$9、2時までは$16、3時間までは$23、4時間までは$29、4時間以上は$35です。

ハーバーブリッジの走行については、「シドニーハーバーブリッジ」を、車の駐車方法については、「オーストラリアで車を運転する際のルールと注意点」ご覧ください。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリア在住3年のエムさん(女性)が、オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことについて語ってくれました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたこと ...

2

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 3

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

シドニーとその近郊の主要動物園をリストアップしてみました。 目次 タロンガ動物園シドニー(Taronga Zoo Sydney)ワイルドライフ・シドニー動物園(Wild Life Sydney Zoo ...

6

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

7

目次 オーストラリアの通販サイトSurfStitchSurfStitchのサーフィングッズウエットスーツ、ラッシュガード、ベストフィンリーシュコードデッキパッドボードケースボードショーツその他さいごに ...

8

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

オーストラリアは、語学留学先でいつも人気のトップにあがる国です。気候の良さや治安の良さはもちろんのこと、学校や地域の選択肢の多さも魅力となっています。 また、ほとんどの学校が短期でも長期でも入学できる ...

-観光
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.