オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

交通機関

シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card)‐ 最新版完全ガイド

更新日:

オパールカード(大人)

オパールカード(大人)

オパールカードとは何か?

簡単にいうと電車、バス、フェリー、そして、ライトレイル(路面電車)に使うプリペイドカードです。日本でいうスイカやパスモにあたります。

2016年8月1日から、回数券やそれまで駅で購入していた紙キップが廃止され使えなくなりました。

オパールカードを入手しないと公共交通機関が利用できないのか?

そんなことはありません。電車、フェリー、ライトレイルはホームか乗り場備え付けの自動販売機で、一回の移動のみ有効なオパール・シングルトリップチケット“single trip ticket"を購入できます。バスは運転手から、同じく行き先までの区間のオパールチケット“single trip ticket"を購入できます。ただ、バスはオパールカード所持者しか乗れないバスもあります。これらのバスは“PREPAY”の表示があります。

シングルチケット購入とオパールカードのリチャージ用自販機

シングルチケット購入とオパールカードのリチャージ用自販機

シングルチケット - 左側 リチャージ(top up) - 右側

シングルチケット - 左側
リチャージ(top up) - 右側

オパールカードを持つメリットは?

各移動が割安になります。オパール・シングルチケットは大体20%割高になるそうです。有効期限もありませんし、$10からで街中でもOpal Cardのウェブサイト(記事下)でも気軽に購入できます。

どうやって使うの?

駅や乗り場に数か所あるオパールカードと同じマークのあるセンサーに、カードを当てます。乗る時と降りる時に当てることをお忘れなく。忘れるとその区間の最高料金が差し引かれます。バスの場合は、バス内の乗降口に同じマークのセンサーがあります。

オパールカード用センサー

オパールカード用センサー

オパールカードはどこで買う?

購入は街中や駅のキオスク、ニュースエージェント(新聞・雑誌、宝くじ等を売る店)などの販売店で購入できます。また、Opal Cardのウェブサイト(記事下)からオンラインでも購入できますがカード郵送受け取りに時間が掛かります。すぐに購入して使いたければ、シドニーの街ならどこでもあるニュースエージェントで買うのが手っ取り早いでしょう。

オパールカードの料金

オパールカード購入時に、金額は$10から、自分の好きなだけチャージできます。残高がなくなれば、センサーに当てた時に知らされます。残高もセンサーのモニターが教えてくれます。

プリペイド金額のカードへのリチャージ(top up)は、各販売店か、駅などに備え付けの自動販売機で行えます。駅の自動販売機(上の写真)では、オパール・シングルトリップチケットの購入とオパールカードのリチャージ(top up)ができますが、オパールカードの購入はできません。

電車は$3.80(10㎞まで)から、バスとライトレイルは$2.10(3㎞まで)から、フェリーは$5.74(9㎞まで)からが、それ以上の移動距離に応じて、オパールカードから差し引かれます。これらは、全て大人料金です。その都度オパール・シングルトリップチケットを購入するより割安の料金設定となっています。

電車にはオフ・ピーク(Off Peak)の料金設定もあり、シドニーの電車は7:00-9:00amと4:00-6:30㏘以外の時間帯、インターシティー路線(ブルーマウンテン、ニューキャッスル、イラワラ地区、ハンター地区などの郊外行き路線)は6:00-8:00amと4:00-6:30㏘以外の時間帯は、オパールカードから引かれる料金が30%オフになります。

日曜日はどこへ行くのも、$2.50以上の料金は差し引かれません。

1日に差し引かれる金額は$15が上限、1週間に差し引かれる金額は $60が上限となっており、それ以上移動しても、それ以上の金額がカードから引かれることはありません。

なお、シドニー空港の駅(国際線駅と国内線駅)を利用する場合の料金は特別で、いつでも大人$13.40の空港駅利用費が加算されます。

料金について、詳しくはOpal Cardのウェブサイト(記事下)をご覧ください。

オパールカードが利用できる区間は?

  • シドニーの電車網(ブルーマウンテン、ニューキャッスル、イラワラ地区、ハンター地区などの郊外行き路線も含む)
  • シドニーのフェリー
  • シドニーのライトレール(セントラルから、カジノ、フィッシュマーケットを経由しダルウィッチヒル迄)
  • シドニーのバス路線
  • シドニーの約160㎞北のニューキャッスル(Newcastle)のStocktonフェリー
  • ニューキャッスルのバス路線
  • ブルーマウンテン(Blue Mountains)のバス路線
  • シドニーとニューキャッスル間の海岸沿い地帯であるセントラルコースト(Central Coast)のバス路線
  • シドニーの約90㎞南のウロンゴン(Wollongong)がある、イラワラ(Illawarra )地区のバス路線
  • ニューキャッスルの約120㎞北西に位置する、ワインで有名なハンター・バレー(Hunter Valley)のあるハンター地区のバス路線

オパールカードの種類

    Adult 大人(16歳以上) 黒色
    Child/Youth 子供(4-15歳) 緑色
    Senior/Pensioner 年配者/年金生活者 ゴールド色
    Concession 学割(要Concession Cardという証明書) シルバー色

オパールカード利用に際して

Tap on/Tap off

Tap on/Tap off

乗る時にカードをセンサーに当てるのをタップ・オン(tap on)。降りる時に当てるのをタップ・オフ(tap off)といいます。センサーのある所にも表示があります。

出発地(A)でタップ・オンして、何処か途中の駅/乗り場/バス停(B)でタップ・オフしてから、60分以内にまた、タップ・オンして 最終目的地(C)まで移動を続けた場合は、出発地(A)から、最終的にタップ・オフした最終目的地(C)までの継続的な移動として、料金が計算され差し引かれます。途中下車地で60分以上時間が空いた場合は、AからB、BからCの2つの区間の料金が別々の移動として差し引かれるので割高になります。

1週間(月~日)のうちに8回移動するのにオパールカードを使うと、その週の残りに移動する場合の料金が半額になります。例えば、週5日勤務の人が、月曜から木曜までの4日間の通勤の往復にオパールカードを利用した場合は、金曜の通勤と週末土日の公共交通機関は半額で利用できるということになっています。以前は、8回移動以上は無料でしたが2016年9月5日から変更となりました。

キセルは、頻繁にパトロールしている職員、セキュリティー、または、警察官に見つかると大変な罰金を支払うことになりますので、くれぐれもしないようにしてください。

カードを買った後で、カード裏面に記載されている番号を個人情報と共にオパールカードのウェッブサイトから登録することで、カード自動引き落としや、紛失時の金額保証が可能です。

以下のオパールカードのサイトの上部のリンクから日本語のインフォメーションがダウンロードできます。

Opal - NSW Goverment
https://www.opal.com.au/

実際のオパールカード購入と利用の体験記はコチラの記事、シドニーでオパールカードを実際に購入して使ってみた【体験記】をご覧ください。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 6

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

7

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

8

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光 ...

-交通機関
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.