オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

自動車

オーストラリアでの車の所有者登録内容の変更について

更新日:

transferrego

自動車のレジストレーション(Registration)は車両登録証明書で自動車が法的に公道を走ることができることと、その所有者が誰かを証明する書類で、日本で言う車検証がこれにあたります。短縮が好きな、オージーたちは、レジストレーションを短縮して、レジョ(Regoと書きます)と呼んだりします。

車を購入したら、14日以内に、この車両登録証明書(以下、“Registration”と呼びます)の所有者をあなたに変更する手続きを行うことが義務付けられています

届出先

“Registration”の変更は州により、管轄組織や費用が異なりますが、基本的な手続きはほぼ同じです。

ここでは、NSW(ニュー・サウス・ウェールズ)州のケースを例に挙げて説明します。

NSW州の管轄組織はRMS(Roads and Maritime Services)です。www.rms.nsw.gov.au/
“Registration”の変更についてはService NSWという組織の“Transfer a vehicle registration”というタイトルのページで英語で説明されています。

Service NSWは、公共手続きの総合窓口で、RMSの手続きもこちらに統括されています。

Notice of Disposal & Registration Transfer Details

変更の手続きをする前に、前のオーナーが売却の届出“Notice of Disposal”をRMS(Service NSW窓口)に提出している必要があります。

この“Notice of Disposal”は“Registration”の書類の上半分になります(裏にPart A 'Notice of Disposal'と記してある部分です)。売却したら、売却者は購入者へ、“Notice of Disposal”の部分を切り取った下半分(裏にPart B 'Registration transfer details'と記してあります)を渡す形になります。売却者は、記入した“Notice of Disposal”を Service NSW窓口へ持っていくか、ウェッブサイトにてオンラインで届出するかします。

Part A & Part B

Part A & Part B

ウェッブサイトで手続きするには、Service NSWのアカウントを開設する必要があります。オンラインで“Registration”変更の手続きが可能になるには、NSWの運転免許を取得している必要があるそうですので、国際免許しか持っていない場合は直接Service NSW 窓口へ行く必要があります。

Service NSW窓口の場所、以下のリンクのService NSWのサイトで調べられます。サイト内の“Service Centre Locator”という機能で自分の最寄りのサービスセンターを探してください。

サービスセンターに行く前に、あなたに自動車を売却した前のオーナーが“Notice of Disposal”を提出していないと、手続きができませんので確認してから行ってください。

また、購入の金額か市場価格を書く欄(Sale price/market valueと書いてある欄)がありますが、これはあなたが登録変更手続きで支払う税(Stamp duty)に関係してきます。書き込まれた金額が低いほど安くなります。上半分(Part A 'Notice of Disposal')と下半分(Part B 'Registration transfer details')の金額は一致している必要がありますので、取引の際に売り手が同じ金額を記入することを確認しておいた方がいいでしょう。

個人ではなく、ディーラーから購入する場合は、ディーラーが発行する登録内容とディーラーの詳細、売却金額を記した書類があれば、上記の書類が無くても問題ありません。

Application for Transfer of Registration

また、サービスセンターで、所定のフォーム“Application for Transfer of Registration”を記入して提出する必要があります。こちらのフォームは、サービスセンターにもありますが、事前にService NSWのサイトからダウンロードしたものを印刷して記入したものを提出していくと早いでしょう。以下のリンクから、 pdfフォーマットのフォーム“Application for Transfer of Registration”をダウンロードしてください。

Service NSW - Application for Transfer of Registration
https://www.service.nsw.gov.au/transaction/transfer-vehicle-registration

フォームの書き方については、また別記事で説明します。

ID

また、本人を証明するIDが必要です。パスポートか、お持ちならば、オーストラリアの運転免許、または、IDカードになります。そして、現住所を証明する書類が必要になりますので、パスポートの場合は、オーストラリアの住所が表記されていませんので、住んでいる住所に自分宛てに来た住所が記載されている手紙(電話の請求書、銀行からの通知など)が必要となります。

Transfer Fee & Stamp Duty

そして、変更費用(Transfer fee)$32(2016年8月現在)と税(Stamp duty)の支払いが必要です。税(Stamp duty)は購入価格$100につき$3だそうなので、仮に$3000で中古車を購入したら、$90と言うことになります。詳しくはこちらのRMS(Roads and Maritime Services)のページをご覧ください。

14日を過ぎて変更の届け出をすると、 変更費用(Transfer fee)が$147になりますので、くれぐれも遅れないようにしましょう。

人気記事

携帯プラン 1

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 2

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

6

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

8

目次 オーストラリアの通販サイトSurfStitchSurfStitchのサーフィングッズウエットスーツ、ラッシュガード、ベストフィンリーシュコードデッキパッドボードケースボードショーツその他さいごに ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

オーストラリアでホテルを予約するのに利用できるサイトはたくさんあります。日本の大手旅行会社が運営するものから、オーストラリア企業が運営するもの、そして、グローバルに展開する多国籍企業が運営するものまで ...

-自動車
-

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.