オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

観光

The Rocks(ザ・ロックス)はシドニー観光で外せない開拓史最古の歴史ある街

投稿日:

ロックスのGeorge Street(ジョージストリート)

ロックスのGeorge Street(ジョージストリート)

シドニー観光で、外せないのがCircular Quay(サーキュラキー)とその西側に隣接するエリア、The Rocks(ザ・ロックス)です。

ザ・ロックスは、「ザ」を取ってただ単に「ロックス」と呼ばれることが多いので、観光ガイドなどには「ロックス」と紹介している場合がほとんどです。ここでも以下、「ロックス」と呼びます。

毎週土日はマーケットが開かれ、毎年7月にはAroma Festival(コーヒー・フェスティバル)が開催されます。また、シドニーの秋の一大イベント、音と光のショーVivid Sydney(ビビッド・シドニー)の数ある会場の一つでもあります。

数々のレストランとカフェ、そして、パブが集まるエリアでもあります。

Playfair Street(プレイフェアストリート)周辺

Playfair Street(プレイフェアストリート)

Playfair Street(プレイフェアストリート)

Playfair Street(プレイフェアストリート)は、ロックスのメインストリートとも言うべき歩行者専用の石畳の南北に走る道路です。南の端と公差する東西に走る道はArgyle Street(アーガイルストリート)です。

この交差点の角には、シドニーの観光案内所である、Sydeney Visitor Centre(シドニービジターセンター)があります。営業時間は9:30am‐5:30pmです。

シドニービジターセンターの入るビルはThe Rocks Centre(ザ・ロックス・センター)といい、この中にはお土産屋をはじめとする様々な店が並んでいます。

Sydeney Visitor Centre(シドニービジターセンター)の入るビル

シドニービジターセンターの入るビルはThe Rocks Centre(ザ・ロックス・センター)といい、この中にはお土産屋をはじめとする様々な店が並んでいます。

シドニービジターセンターのはす向かいには、クロックタワーと呼ばれる時計台の立つビルがあります。この中にも、お土産屋やレストランなどが入っています。

クロックタワー

クロックタワー

ここから、Argyle Street(アーガイルストリート)を20メートルほど東側に進めば、サーキュラキーとGeorge Street(ジョージストリート)です。

Argyle Street(アーガイルストリート)を100メートルちょっと西に進むと、Argyle Cut(アーガイルカット)と呼ばれる、石を切り抜いたトンネルがあります。

Argyle Cut(アーガイルカット)

Argyle Cut(アーガイルカット)

Argyle Street(アーガイルストリート)を更に西へ徒歩5分くらい、距離にして350メートルほど進むと、Kent Street(ケントストリート)との角の右側(北側)に、シドニーで最も古いパブとして誰もが知るThe Lord Nelson Brewery Hotel(ロードネルソン・ブリュワリーホテル)があります。自家製ビールが飲めるパブとしても有名ですので、機会があれば是非お試しください。

また、若い人たちに特に人気のパンケーキ店、Pancakes on The Rocks(パンケーキ・オン・ザ・ロックス)は、George Street(ジョージストリート)の北、Hickson Road(ヒクソンロード)との間にあります。

The Rocks Markets (ザ・ロックスマーケット)

食べ物を売る露店

食べ物を売る露店

毎週末、土曜日と日曜日の10:00am – 5:00pmに開催されます。たくさんの露店やクラフト、アート、アクセサリー等のバラエティー豊かな出店者のストールで埋め尽くされます。きっと素敵なお土産品が見つけられるでしょう。

マーケットが開催されるのは、Playfair Street(プレイフェアストリート)、そして、George Street(ジョージストリート)のPlayfair Street(プレイフェアストリート)の北端とぶつかる所から北側の部分です。

Playfair Street(プレイフェアストリート)

Playfair Street(プレイフェアストリート)

Playfair Street(プレイフェアストリート)から、北に歩いて行けばマーケットの全てを見て回れるでしょう。

The Rocks Discovery Museum(ザ・ロックス・ディスカバリー・ミュージアム)

シドニービジターセンターの入るThe Rocks Centre(ザ・ロックス・センター)を挟んで、Playfair Street(プレイフェアストリート)の反対側の細道、Kendall Lane(ケンダルレーン)にある、1850年代に建てられたサンドストーンの倉庫跡がThe Rocks Discovery Museum(ザ・ロックス・ディスカバリー・ミュージアム)です。

ロックスの歴史について学びたければ、ここを訪れましょう。1788年の入植前のアボリジニの地であった時代から、開拓時代、港として発展した時代から現在までの歴史に関する展示がご覧になれます。

営業時間:毎日10:00am-5:00pm
入場無料
住所:Kendall Lane, The Rocks (enter via Argyle Street)

Ken Done Gallery(ケンドーン・ギャラリー)

Ken Done Gallery(ケンドーン・ギャラリー)は、80年代~90年代に一世を風靡したケン・ドーン氏のギャラリーです。当時はオーストラリアのお土産といったらケンドーンでした。現在もオーストラリアを代表するアーティストとして健在です。

住所:1 Hickson Road, The Rocks, NSW 2000

Aboriginal Art Galleries(アボリジナル・アート・ギャラリー)

Aboriginal Art Galleries(アボリジナル・アート・ギャラリー)は、ロックスにあるアボリジニアートを展示・販売するギャラリーです。アボリジニアートのお土産品も見つけられます。

住所:Bay 5, 1–5 Hickson Road, The Rocks, NSW, 2000

Dawes Point(ドーズポイント)

Dawes Point Park(ドーズポイントパーク)

Dawes Point Park(ドーズポイントパーク)

Circular Quay(サーキュラキー)西岸の北の端、5つ星ホテルのPark Hyatt Sydney(パークハイアット・シドニー)の北側、ハーバーブリッジの南側の支柱の下にあるのが、Dawes Point Park(ドーズポイントパーク)です。

ドーズポイントは外部の敵に対する防御をする為の要塞として、1788年の入植直後、オーストラリアで一番最初に建造されました。とりでの部分はハーバーブリッジ建設時に撤去されたそうですが、今でも、5つの大砲がこの場に残されています。

この公園は、今ではザ・ロックスとサーキュラキーを訪れる人々の憩いの場となっています。また、絶景ポイントとしても有名で観光バスが写真撮影の為に停車する光景がよくみられます。

Sydney Observatory(シドニー天文台)

ロックスの丘の上、シドニーハーバーブリッジの手前、西側に位置するのがSydney Observatory(シドニー天文台)です。

丘の上の天文台の周りは公園になっており、景色も素晴らしいので、多くの人が訪れます。ベンチでくつろいで読書をしたり、芝に寝転がってくつろいだり、ピクニックをしたりしている姿がよくみられます。

美しい景色にふさわしい大きなガゼボもあって、よく結婚式の写真撮影で使われています。

この展望台は、実際に観測所として機能すると同時に天文博物館でもあります。天体望遠鏡やその他の機器のコレクションと写真など天体に関する資料が展示されています。入場は無料です。

運営は、Powerhouse Museum(パワーハウス博物館)と同じ。The Museum of Applied Arts and Sciences (MAAS) が行っています。

昼と夜にツアーも運営されており、こちらは有料です。夜のツアーは天文台の望遠鏡が覗けます。

営業時間:毎日10:00am-5:00pm
入場無料
夜のツアーは、月-木が大人$20/子供(4-15歳)$16、金-日が大人$22/子供(4-15歳)$17(要予約)
電話:(02) 9921 3485
住所:1003 Upper Fort Street, Millers Point, NSW, 2000

Circular Quay(サーキュラキー)西岸のエリア

Circular Quay(サーキュラキー)西岸のエリアは、住所はロックスになります。

ここには、Museum of Contemporary Art(近代美術博物館)、Cadman’s Cottage(カドマンズコテージ)、そして、Overseas Passenger Terminal(オーバーシーズ・パッセンジャー・ターミナル)があります。

オーストラリアベストレストランに選ばれた有名店、Quay(キー)は、Overseas Passenger Terminal(オーバーシーズ・パッセンジャー・ターミナル)の中にあります。

これらについては、別記事の「サーキュラキー(Circular Quay)は誰もが必ず行くシドニー観光の拠点」をご覧ください。

The Rocksの歴史

ロックスは、1788年にCaptain Arthur Phillip(キャプテン・アーサー・フィリップ)の一団が上陸したところから、その入植地としての歴史が始まりますが、その以前から、オーストラリア原住民であるアボリジニの人たちの居住区でした。

1788年以降はイギリスからの流刑民たちのスラムとして発達したそうで、自分たちで作った家に住み、当時の暮らしの環境は過酷なものだったようです。

1840年代に、流刑が廃止されてからは、ロックスは商業港の街として発展しましたが、ギャングが支配する荒廃した地域として悪名が高かった時代もあったそうです。

今では、オーストラリア最古の街として観光名所にもなり、洗練されたイメージしかありませんが、ここには語られない歴史もたくさんあるようです。

以上、The Rocks(ザ・ロックス)についてでした。

人気記事

ゴールドコーストのモール 1

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 3

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

オーストラリアブランドECサイト 4

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 6

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

7

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

8

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

送金 オーストラリア 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

10

Groupon(グルーポン)は、アメリカに本部があり、世界中で運営される共同購入型クーポンサイトです。日本にも進出していますのでご存知の方も多いかと思います。 グル―ポンを使うと、特別割引き価格で観光 ...

-観光
-, , ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.