オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

ショッピング

UGGブーツのブランドはいろいろあるけど違いはなに?オーストラリア製、中国製、本物、ニセ物を見分ける方法

更新日:

UGG® Australia Pitt Street Mall

UGG® Australia店内

UGG(アグ)ブーツとは何か?

UGG(アグ)の製品と言うと、日本を含めた色々な国においては、'UGG® Australia'社のブランド製品のことを指す人が多いのではないでしょうか?

'UGG® Australia'社製品がUGGブーツの世界市場で大きなシャアを占めており、日本でもUGGブーツとしてあまりに有名なので無理もありません。

'UGG® Australia'社製でないUGGブーツを、偽物のように扱う風潮もあるようですが、そうではありません。

オーストラリアとニュージーランドにおいては、UGGとは、一般的にシープスキンでつくられた、ムートンブーツなどの履物のことを指します。

UGGブーツのブランド

オーストラリアで販売されているUGGブーツには、色々なブランドがあります。

UGG® Australia

UGG® Australia シドニーピットストリート店

UGG® Australia シドニーピットストリート店

'UGG® Australia'は 、アメリカの‘Deckers Outdoor Corp’のブランドで一部を除いたモデルのほとんどが中国で製造されています。ラベルのUGGのロゴの真ん中のGが大きいのとUGGの文字の後に登録商標をあらわす®が入っているのが、'UGG® Australia'です。

セレブ達も愛用したことから、日本を含む世界各国で一番有名なのが、この'UGG® Australia'社の製品です。

アメリカの'UGG® Australia'は、アメリカのブランドなのにAustraliaと入っているのと、世界シャアの大きさから、おおくの消費者にオーストラリアの正規品であるという誤解を生むことになっているようです。

'UGG® Australia' は、昔からオーストラリアにあったUGGブーツを、世界的に有名にした立役者でもあります。

1978年に若いオーストラリアのサーファー、Brian Smithがカバン一杯に詰めたシープスキンブーツをもってカルフォルニアに渡り、ブーツを人々に紹介したところから、'UGG® Australia' が始まったというストーリーも「なるほど」と歴史を感じさせるものとなっています。

その後、1995年にDeckers Outdoor Corporationが'UGG® Australia' を買収してから、世界中にUGGブーツ人気の波が押し寄せました。

UGG® Australiaのロゴは真ん中のGが大きい

UGG® Australiaのロゴは真ん中のGが大きい

UGG Australia

アメリカの'UGG® Australia'とは違う、オーストラリア製の‘UGG Australia’です。Luda Productions of Australiaという企業が持つブランドでオーストラリア製のUGGブーツのシェアとしては国内市場最大です。

アメリカの'UGG® Australia'のウェッブサイトはhttp://www.uggaustralia.com、オーストラリアの‘UGG Australia’はhttp://www.uggaustralia.com.auで、.au以外は同じですが、この2つは全く違う会社のブランドです。

ブランドロゴに関しては、アメリカの'UGG® Australia'はUGGの真ん中のGが大きくなっているのに対し、オーストラリア製の‘UGG Australia’はUGGの全ての文字サイズが同じでデザインも違うので同じブランドには見えません。

オーストラリア産の‘UGG Australia’は、名前が同じだけで、アメリカブランドのコピーではありません。れっきとした本物のUGGブーツです。

UGG Australiaの製品は、国内の主要都市なら数々のファッション小売店やお土産店で手に入れることができます。オンラインショップのSurfStitchでも取り扱いしています。

EMU(エミュー)Australia

おそらく日本では、EMU Australiaは、アメリカの'UGG® Australia'の次に有名なブランドなのではないでしょうか?

ファッショナブルなデザインと洗練された広告などにより、他のオーストラリア製UGGブーツブランドよりもおしゃれだというイメージを消費者に持たせるのに成功しているブランドです。EMU Australiaのサイトを見れば、日本で人気なのもうなずけます。

EMUブランドを扱っている店舗は、オーストラリア中にたくさんあり、国内の主要都市ならどこでも手に入れることができます。EMU Australiaのサイトの下部のStore Locatorから取り扱い店舗を調べることができます。

その他のオーストラリア製UGGブランド

オーストラリア製UGGを売るショップ

オーストラリア製UGGを売るショップ

上記以外のオーストラリア製UGGのブランドはたくさんありますが、いくつかを挙げると、Blue Mountains Ugg BootsEuram UggMortels Sheepskin FactoryUggs-N-Rugsなどがあります。

全ての、オーストラリア製UGGのブランドを調べるには、Australian Sheepskin Association(オーストラリア・シープスキン協会)のWhere to buy(どこで買えるか)のページをご覧ください。

本物と偽物

本物のUGGと偽物のUGGの違いは何でしょうか?はたして、本物とか偽物とかいう区別があるのかも疑問なところです。

アメリカの'UGG® Australia'が“UGG”をヨーロッパとアメリカで商標登録しているので、他のUGGブーツメーカーが“UGG”という名前をこれらの地域で使用することはできません。ですから、これらの地域で“UGG”というと、'UGG® Australia'社の製品のことを指します。これらの地域では、一般的な呼称はシープスキンブーツです。ですから、これらの地域で“UGG”を名乗る他ブランドの商品は、法律的にはコピー商品ということになってしまいます。

オーストラリアとニュージーランドでは、“UGG”はアメリカの'UGG® Australia'の登録商標として認められていませんので、シープスキンブーツと呼ぶよりも、UGGブーツと呼ぶのが一般的なわけです。UGGの商標の登録に関しては、オーストラリアでは裁判沙汰になりました。オーストラリアのUGGブーツ生産者は、昔からシープスキンブーツを一般的にUGGブーツと呼んで販売していた為、アメリカの'UGG® Australia'が“UGG”を独自の商標とすることは、オーストラリアとニュージーランドでは認められませんでした。

ですから、オーストラリアとニュージーランドでは、“UGG”という呼び名は一般名であり、“UGG”というネームを使うことに法的な制限はありません。どの、シープスキンブーツも本物のUGGブーツなわけです。

これが、“UGG”をロゴに使ったオーストラリア製のUGGブーツブランドがたくさんあって、消費者が混乱している理由です。

ですから、オーストラリアとニュージーランドにおいて、UGGブーツと呼ばれるものは、どれも本物で、偽物はないということになります。

あえて偽物と呼べるものは、合皮製のUGGスタイルのブーツでしょう。

これらは、オーストラリアの大型小売店のK-mart、Big W、Targetなどでも売られています。価格は$30前後です。

パッと見はよくわかりませんが、本物のシープスキンの製品は裸足で履いても蒸れることがないのが特徴で、合皮の製品はすぐに足が蒸れるというのが、履き比べるとすぐにわかるそうです。

また、天然革は伸びるので足になじみ、履き心地も違います。そして、持ちも全然違います。手入れさえよければ何年も、底を張り替えてでも履き続けることができます。

どのUGGブーツを買うか

アメリカの'UGG® Australia'の製品は、オーストラリアでも販売されており、高級デパートやブランド店が入るショッピングモールなどに出店しています。

デザインの良さとセレブご用達のブランドイメージがあるので、オーストラリア製でなくても売れています。また、中国製でもオーストラリア製の物より割高です。

ブランド志向の人は、中国製でもセレブが履いているアメリカの'UGG® Australia'がいいという人たちもいるでしょう。

UGG® Australia製ブーツのタグには「Made in China」の表記が

UGG® Australia製ブーツのタグには「Made in China」の表記が

オーストラリア製のUGGブーツは、品質はもちろん、デザイン性も劣っておらず、しかも、アメリカの'UGG® Australia'の製品より割安です。

特に旅行者がおみやげに買う場合は“Made in Australia”が重要なポイントになりますので、世界各国どこでも手に入る中国製の'UGG® Australia'よりも、オーストラリアブランドをという人たちも多いです。

オーストラリア製かどうかを見分けるのは簡単で、オーストラリア製はそのことをアピールする “Australian Made”または “Product of Australia” と書いてあるグリーンのカンガルーの三角タグが付いています。

品質という点では、どのブランドも差がありません。オーストラリア製のUGGブーツを買うか、アメリカから有名になったブランドのUGGブーツを買うかは個人の好みの問題でしょう。

関連記事:UGGオ-ストラリアの正規品アグブーツをオーストラリア国内で購入できるショップと得する買い方

人気記事

1

「オーストラリアで挑戦したいことは?」という質問に対して、「サーフィン!」と答える人はかなり多いのではないでしょうか? オーストラリアはサーフィン大国と呼ばれています。サーフィンは、オーストラリアに来 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 2

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 3

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

4

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

5

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

-ショッピング
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.