オーストラリアは硬水?軟水?髪パサパサの原因は水道水の塩素? | Australia Here and Now (オーストラリア ヒアアンドナウ)

Australia Here and Now (オーストラリア ヒアアンドナウ)

シドニーを中心とした生活と観光のお役立ち情報サイト

生活

オーストラリアは硬水?軟水?髪パサパサの原因は水道水の塩素?

2017/02/19

water

オーストラリアの水は硬水だと言うのをよく聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか?日本は軟水 だといいますが、日本国内でもばらつきがあり、実際は東京の水はシドニーよりも硬かったりします。

私はシドニーで暮らしていますが、日本から来てシドニーでしばらく暮らしている人が、こっちの水を使ってから髪がパサパサになると言うのを良く耳にします。「硬水だから」と理由づけて納得している人が多いのですが、「本当に硬水なのだろうか?」と思い、調べてみました。

硬水とは?

水の硬度は水に含まれるミネラル分に関係します。具体的には、カルシウムとマグネシウムの金属イオン含有量だそうです。これらのミネラルが多いほど硬いとされます。

一般的には、炭酸カルシウムの1リットル中の含有量で区別するそうで、1リットル中の含有量が60㎎までなら、軟水、61㎎以上ならやや硬水、121㎎以上だと硬水、181㎎以上だと超硬水と区別しているようです。

オーストラリアは硬水か?

オーストラリアNSW州にある研究分析組織である、Lanfax Laboratoriesのサイトからの情報ですが、4都市の水の硬度は以下の様になります。

メルボルン(Melbourne) 10-26㎎/L
シドニー(Sydney)51-65㎎/L
ブリスベン(Brisbane Mt Crosby) 106-143㎎/L
アデレード(Adelaide) 80-157㎎/L

参考:Lanfax Laboratories, Water Hardness, http://www.lanfaxlabs.com.au/hardness.htm (2016年9月15日閲覧)

 
日本の水は平均で50-60mg/Lだそうで、関東の多くの場所は60mg/L以上だそうです。これらから、オーストラリアの水は硬水という意見は、シドニーやメルボルンでは当てはまらないと言うことになります。

それでは、何が髪パサパサの原因なのでしょうか?

オーストラリアの水に含まれているもの

塩素

オーストラリアでは水道水の殺菌に、塩素とクロラミンという窒素と塩素の化合物がメインで使われているそうです。季節などにより、一定の許容範囲内で、これらの薬品の量が調整されるため水道水の塩素味が濃い時と薄い時などがあるそうです。

シドニーの水道水はそのまま飲むと塩素の味がします。うちではカーボン(炭)の浄水器を使っていますが、これで処理した水は塩素の味がしません。

シドニーの水道水には、1リットル中に5㎎以下の遊離塩素(free chlorine)、そして、1リットル中に3㎎以下の塩素の代用として殺菌に使われる窒素化合物のモノクロラミン(monochloramine)が含まれているということです。この値が、どの程度の塩素であるのかは定かではありませんが、5㎎/Lと3㎎/Lがガイドラインにおいて健康に影響しないとされる量なのだそうです。

塩素が髪のキューティクルにダメージを与えることは知られています。硬水でないとすると、もしかしたら、塩素が髪パサパサの原因かもしれません。

また、今までオーストラリアの多くの地域で、水道水中の塩素、そして、重金属、農薬の含有量がWHOのガイドラインの量を超えていたというケースも報告されていますので、測定する場所や時によってもばらつきがあるようです。

水道水へのフッ素添加

Wikipediaによると、オーストラリアでは70%以上の人がフッ素入りの水道水を日々使っているそうです。ニューサウスウェールズ州では95%、キャンベラのあるオーストラリアンキャピタルテリトリーにいたっては100%だそうです。

参考: Wikipedia, Water fluoridation in Australia, https://en.wikipedia.org/wiki/Water_fluoridation_in_Australia(2016年9月15日閲覧)

シドニーの水を供給するSydney Waterによると、シドニーの水道水には、1リットル当たり1㎎のフッ素が含まれているそうです。

一般には、フッ素入りの水を飲めば虫歯になりにくいので、水を使う人の歯の健康の為に規定にそって投入されていると説明されています。歯磨き粉にもフッ素入りがほとんどですし、フッ素シャンプーなるものまであるようですが、水や商品へのフッ素の使用には反対派の人たちも多いのです。オーストラリアのスーパーマーケットや薬局では、フッ素なし(fluoride free)の歯磨き粉も売られています。

実際のところ、フッ素が健康に及ぼす被害は大きく、知能低下の影響も指摘されています。骨、腎臓、甲状腺などにも影響することが報告されています。

フッ素を除くには一般の浄水器では足りないようです。これについては、個人的に興味があるので、これから調べてみようと思います。

まとめ

オーストラリアの水は硬水で日本の水は軟水という意見はどこから来たのかは定かではありませんが、多くの人が言うのでそうだと思っている人が多いようです。少なくともシドニーとメルボルンは軟水であると言えます。また、オーストラリアの他の都市も日本の平均よりは硬いものの、値の範囲に大きなばらつきがあります。日本でも100㎎/L以上の地域はありますので、一概には日本よりも極めて硬いとは言えないようです。

オーストラリアの水道水の塩素の値が日本と比べてどうなのかは、知るすべがありませんでしたが、塩素は髪をパサパサにすることは事実です。

フッ素は、髪をパサパサにはしませんが、健康に害を与えます。

-生活
-

人気記事

1
オーストラリアでサーフィンを始めるには?

「オーストラリアで挑戦したいことは?」という質問に対して、「サーフィン!」と答え ...

オーストラリアブランドECサイト 2
オーストラリアブランドの服、バッグ、アクセサリーが直接買えるオンラインショップSurfStitch

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介する ...

3
オーストラリアおすすめの携帯電話プランYOMOJO

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SI ...

送金 オーストラリア 4
オーストラリアドルをお得に日本へ送金する方法

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々 ...

オロトン 5
OROTON(オロトン)はバッグと財布が人気のオーストラリアの一流ブランド

オロトンはラグジュアリーなスタイルが大人の女性を中心に人気のオーストラリアの高級 ...