オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

アクティビティー サーフィン

ケーブルウェイクボードパーク シドニーでお手軽にウェイクボード

更新日:

ケーブルウェイクボード

シドニーにケーブルウェイクボードパークがあることはあまり知られていません。

ケーブルウェイクボードとは、大きな池の宙に張ったワイヤーでハンドルのついたラインを引っ張り、水上を横滑りするウェイクボードを楽しむという施設で、日本にも兵庫県西宮にウェイクパークがあります。

ケーブルウェイクボードは、サーフィンと違って沖に出る必要が無く、波が無くても、強風でも出来ます。

そして、通常のウェイクボードと違って水面が荒れてても、船で引かなくても、道具が一つも揃っていなくても水着一つで手軽に気軽に行きさえすれば出来ちゃいます。

このウェイクパークはシドニーの中心地から西に50㎞離れたPenrith(ペンリス)という所にあります。

電車だとシドニーの中央駅であるCentral駅からPenrith駅まで約50分から1時間10分くらい(急行だと早い)で、本数も10-20分おきに出ています。

Penrith駅からウェイクパークまでは歩くと30分程度かかるのでちょっとしんどいかもしれません。駅前でタクシーを捕まえることも出来ます。

車があれば、シドニーからはパラマッタロードからM4というモーターウェイ(フリーウェイ)を通って道がすいていれば1時間くらいで行けます。場所についての詳しいことは、記事下のケーブルパーク(Cables Wake Park)のウェッブサイトをご参照ください。

Cables Wake Park Sydney

Wakepark_1

それでは、ケーブルパーク(Cables Wake Park)のご案内です。

営業時間は夏季は10:00~18:00、それ以外は10:00~17:00ですが、行く前にCabels Wake Parkのサイトでご確認ください。

料金も変更されることがありますが、2016年2月現在で、大人滑り放題の料金が1時間$49、2時間$59、4時間$69、1日$79でした。

道具レンタルは別料金で、ビンディング付きの通常のウェイクボードは2時間まで$25、それ以上の時間は$45、ウェイクスケートボード(スリッパタイプ)が2時間まで$15、それ以上の時間は$25でした。

また、ニーボードのレンタルも2時間まで$20、それ以上の時間は$40であり、ウェイク未経験者でも楽しめます。その他にもレッスンなどのパッケージもあります。

こちらも、行く前に変更がないか、Cabels Wake Parkのサイトでご確認ください。私の私感では、初めての人は2時間で十分だと感じました。

wakapark_3

ウェイクパークに併設されて、子供用の遊具施設(無料)や、アクアパーク(有料)という大きい滑り台などが数か所設置された水上施設もありますので、夏でしたらお子様連れの方やウェイクはやらない方も楽しめると思います。アクアパークは50分間で$15からで遊べます。

ウェイクパーク内にはケーブルウェイクの施設が3つあります。

メインは2つで、ゆっくりめのスピードで旋回するケーブルが張ってある池は同時に10のラインを引っ張ることができます。その池の対岸にある池は速いスピードの中・上級者向けで、6つのラインを同時に引っ張ることが出来ます。それらに加えて、直線のケーブルが2つ違う場所に設置してあり、ここは主にレッスンなどに使われますので、常時動いてはいません。

テイクオフするウェイクボーダーを約1分の短い動画におさめました。

記事とトップのケーブルウェイクのセッションの動画(約1分)もご覧ください。

また、ピクニックエリアや売店、フードコーナーもあるのでランチも食べられ、ウエイクをしなくてもピクニックをするだけでも楽しめる場所です。

施設の風景は、こちらの30秒ちょっとの短い動画に収めました。

歩いて10分弱のところに、マクドナルドなどのファストフードや、パブ、ポーカーゲーム施設などを備えた複合エンターテイメント施設もあります。

また、カヌー競技のシドニーオリンピック会場にもなった、Whitewater Studiumも北に Mほど離れたのところにあり、ラフティングも楽しめます。

Cabels Wake Parkのウェッブサイトは以下のリンクからどうぞ。機会があったら是非行ってみて下さい。おすすめです。

なお、電車の時刻やルートについては、シドニー公共交通機関の乗り継ぎ案内サービスであるトリッププランナー(Trip Planner)のホームページをご覧ください。

おすすめ記事

携帯プラン 1

各携帯会社のSIMはこういう形で売られています 「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみを購入するプランが一 ...

2

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 オーストラリアのWi ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 3

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

4

オーストラリアで車を借りる方法は大きく分けて2通りあります。一つは日本から事前予約していく方法。もう一つは、現地で手配して借りる方法です。 目次 大手レンタカー会社で借りるローカルの中古レンタカーを借 ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 5

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

6

シドニーQueen Victoria BuildingのUGG店内 別記事「UGGブーツのブランドはいろいろあるけど違いはなに?」で、オーストラリアで販売させているいろいろなUGGブーツについて説明し ...

オーストラリアブランドECサイト 7

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

8

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

9

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

10

Catch.com.auは、オーストラリアで今、人気急上昇中の総合ショッピングサイトです。オーストラリア国内で、ネットサーフィンしていれば、このロゴの広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。 目 ...

-アクティビティー, サーフィン
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2018 All Rights Reserved.