シドニー空港に面したボタニー湾の白砂のビーチ




Botany1

ブライトン・レ・サンズ~ラムズゲートの海岸線のビーチ

シドニーのビーチと言うとボンダイ(Bondi)やクージー(Coogie)が有名ですが、空港に面したボタニー湾(Botany Bay)にもきれいな白砂のビーチがあります。

このビーチは、北から南迄全長約5kmにわたります。ビーチ沿いには数々のカフェやレストラン、ホテルが立ち並び、リゾート地の雰囲気をかもしだしています。

湾内の内海なので大きな波はなく、サーフィンは出来ませんが、砂浜がとてもきれいで、安全に水遊びするには最適です。
ビーチからはシドニーの街並みと空港が見渡せます。

特に、ブライトン・レ・サンズ(Brighton‐Le-sands)は、おしゃれなレストランや有名ホテルが立ち並ぶ地域です。少し南に行くと、ラムズゲート(Ramsgate)があります。

Brighton-Le-Sands

Brighton-Le-Sands

カイトボーディング(カイトサーフィンとも呼ぶ)を楽しむ人たちには人気のビーチで、毎週末になるとたくさんのカイトボーダーたちが集まります。カイトボーディングとは、カイト(凧)を使って、カイトボードに乗り、風力で水の上を滑走するスポーツです。

公共機関での行き方は、先ず電車で、シドニー中央駅であるセントラル(Central)駅からロックデール(Rockdale)駅まで移動します。イラワラ(Illawarra)ラインに乗って、約20分くらいです。

Brighton-Le-Sandsに行くには、Rockdale駅沿いのGeeves Avenueから、478番か479番のバスに乗車し、約6分先のBrighton-Le-Sandsで下車。2車線の道が海に突き当たるT字路の交差点なのですぐにわかります。

Ramsgate迄行くなら、478番のバスに乗り(479番はBrighton-Le-Sands迄しか行きません)、ブライトンレサンズのT字路から、更に海沿いを南に走って10分先です。右側にシェルのガソリンスタンドとコールズ(Coles)スーパーマーケットがある、T字路交差点を向かいがバス停です。

Botany2 

-観光
-,

Copyright© Australia Here and Now , 2020 All Rights Reserved.