オーストラリアの格安プリペイド携帯電話SIMプランCatch Connect





オーストラリアで最も安く携帯電話を利用するには、電話機持込で、シムカードのみのプランを電話会社から購入するのがベストです。ここ最近、オーストラリアで最も安くて、月々更新のプランから1年までの長期有効なプランもあって選択の自由度が高いCatch Connect(キャッチコネクト)という携帯電話会社の提供するサービスについて説明します。

Catch Connect(キャッチコネクト)は、他社に比べて断トツに安いので、最近はいろいろな日本語ブログなどでも紹介されて、2019年にはオーストラリアに滞在する日本人の間で話題になりました。2020年になると、各携帯電話会社の価格競争が激化し、データ量の多い安価なプランを提供するキャッチコネクトに対抗できる携帯電話会社が増えました。

一時は安さが目立たなくなったキャッチコネクトですが、2020年半ばになると、選択できるプランを少なくして、大容量で競合他社に比べて勝るとも劣らないお得なサービスを提供し始めました。$20未満の激安プランは無くなりましたが、容量あたりのコストでは業界一の安さです。90日、または、365日有効の魅力的な格安プランが用意された新しいキャッチコネクトをチェックしてみることをおすすめします。。

格安プリペイド携帯SIM、Catch Connectとは?

Catch Connect(キャッチコネクト)は、オーストラリアにおいて最も新しい携帯電話サービスプロバイダーの一つであり、オーストラリアで有名な、大手ブランド格安通販ショップのCatch.com.au(キャッチ・ドット・コム・ドット・エーユー)が提供するプリペイド携帯SIMブランドです。

Catch Connect(キャッチコネクト)が提供するのは、SIMのみのプリペイドプランです。携帯電話が付いてくるプランはありません。3G、4Gネットワークで使えるロック解除されたスマホを持っていれば、SIMを入れれば使えます。もちろん、日本で購入したiPhoneやAndroidの携帯電話もロックが掛かっていなければ、そのまま使えます。

Catch Connect(キャッチコネクト)の最大の売りはCatch.com.auと同じく、その格安な価格です。そして、1か月間のプランだけでなく、90日間有効なプランや1年間有効なプランも格安価格で取り揃えているのが魅力です。

また、 Optus(オプタス)4Gネットワークを使っているので、Optus同様に電波の届きも良くオーストラリアの広い範囲をカバーしてします。

Catch Connect(キャッチコネクト)の運営形態は通信回線設備を持たずに運営するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)です。

ちなみにオーストラリアで通信回線設備を持っているのは、約50社の電話会社の内、Telestra(テレストラ)、Optus(オプタス)、そして、Vodafone(ボーダフォン)の3社だけで、他は全てMVNOということになります。

MVNOについて詳しく知りたい方は、「オーストラリアの携帯電話サービス供給会社」をご参照ください。

Catch Connect(キャッチコネクト)は、オンラインと電話での顧客やり取りのみで実店舗を持ちません。それ故に格安料金が実現します。

Catch Connect各種プラン

Catch Connect(キャッチコネクト)は、30日間有効のプランだけでなく、90日間、そして、1年間有効なプランのオプションがあります。2020年半ばからプランの種類が少なくなりましたが、その分データ量が増えて更にお得になりました。

Catch Connect(キャッチコネクト)の30日プラン、90日プラン、そして、365日プランの料金とデータ量は以下のようになります。他社に比べてかなりお安くなっています。

30日間 $20 データ15GB

90日間 $60 データ60GB (初回$50のキャンペーン中)

1年間 $120 データ60GB
1年間 $150 データ120GB (初回$120のキャンペーン中)

*全て通話&テキストメッセージ無制限
*国際電話通話は含まず。追加料金で可(月々$5で100分まで、月々$10で300分まで)

90日間や1年間のプランは、月々の利用頻度が異なる利用者にはとても便利です。月々の利用量にむらがある場合や、全く使わない月もある場合にはうってつけの選択だと言えます。

例えば、1年間のプランを購入すれば、オーストラリアと日本、または、それ以外の国を行き来することがある場合なども、オーストラリアにいない間に月々の料金を定期的に払う必要も更新の必要もなく、同じ番号をキープできます。

また、月々の使用量がどれくらいになるか分からない場合にも、1年間の大容量データのついたプランを購入して置けば、1年未満でもインターネットのデータを使い切った時点で更新すればよいので、月々契約した後でデータ容量が足りなくなって超過料金を払う必要もありません。データを使い切っても通話とテキストメッセージは1年間有効です。

特にオーストラリアに来たばかりで、月々どのくらいのデータを使うか分からない時など、長期有効で大容量のプランを買っておけば安心です。

1年間有効のプランだからと言って、他者のように料金が格段に高いことはなく、月々で割って計算してもCatch Connect(キャッチコネクト)なら、かなり格安です。

ちなみに、1年プランの料金を月々いくらになるか計算してみました。

1年間 $120 データ60GB → 月々 $10.00 データ5GB
1年間 $150 データ120GB → 月々 $12.50 データ10GB

このようにCatch Connect(キャッチコネクト)の1年プランでも、大手3社の最安値の月々のプランに比べても格段に安く、他のMVNO各社の格安プランにも劣らない安さなのがわかります。

Catch Connectならどのプランでもお得なのですが、あなたがオーストラリアで携帯を利用する期間によって、30日、90日、365日のプランから一番自分に合うものを選んだらよいでしょう。例えば、3か月から1年に満たない期間の利用なら90日プランが適しているでしょう。1年間以上利用するつもりならば、フレキシブルな使い勝手とコストパフォーマンスに置いて断然優れているのは、1年(365日)プランです。中でもコスパが一番高いのは、$150で120GBついているプランです。$150は1年間での料金ですので、月々にすると、わずか$12.50です。

SIMプラン購入の手順

申込(サインアップ)のページ

申込み登録は、Catch Connect(キャッチコネクト)のサイトからオンラインで行います。

個人情報を登録してご希望のSIMプランの申し込みをして、SIMカードの郵送先を指定します。SIMカードは申し込みから3-5日以内に届きます。

支払いにはクレジットカードを使います。VISAとMaster(デビットカードを含む)が使用できます。

SIMカードを受け取ったら、同封の説明に沿ってCatch Connect(キャッチコネクト)のサイトから、電話機に入れたカードのアクティベートすれば利用できます。アクティベートとはSIMを入れた携帯端末をネットワーク上で利用できるように初期設定することです。

以前他社のネットワークで使用していた電話番号を引き継ぎたい場合はアクティベートする際にPorting(ポーティング)のオプションを選択すれば可能です。

Porting(ポーティング)には最長で2日掛かります。完了したら自動的に前のキャリアーのSIMが無効になり、Catch Connect(キャッチコネクト)に切り替わります。アクティベートする時にPorting(ポーティング)をしないと、後ですることはできません。

プランの有効期限が来たら自動的に更新され、新たな期間の料金がチャージされますので、キャンセルかプラン変更をする場合は、プランの更新前にCatch Connect(キャッチコネクト)のサイトのご自分のアカウントページから手続きをしましょう。自動的に更新されないように設定を変更することもできますので、自動的に更新されるのが嫌な場合は、設定を変えておきましょう。

日本を含むオーストラリア国外への国際通話は、追加料金を支払ってExtra Packを購入することで可能になります。100分通話で$5、300分通話で$10です。そして、SMS、テキストメッセージは無制限に送ることができます。共に30日間有効で、オンラインのご自分のアカウントにログインした後に設定できます。一回限り使いきりの追加設定が可能ですので、通常のプランに必要な時だけ付け足すことができて便利です。

日本への通話にLineやSkypeを利用するならば、これは不要ですよね。

さいごに

他社の携帯電話SIMプランを調べてみた方なら一目瞭然だと思いますが、Catch Connect(キャッチコネクト)のプランは、他の電話会社の同じレベルのプランと比べると、大容量で格安です。一番嬉しいのは1年間までの長期プランが超お得であることです。

ネットで申し込みして、SIMは郵送されるという形態から、これからオーストラリアで生活しようという方は、オーストラリア到着後即日からの利用は出来ませんが、とりあえずは他社の短期プリペイドを購入して、使用量が上限に達する前に、Catch Connect(キャッチコネクト)を手配すれば、その後の電話料金がかなり節約できるでしょう。事前に滞在先の住所がわかっている場合は、渡豪前に手配しておくのも良いでしょう。

以上、オーストラリア最安の携帯電話SIMプランを提供するCatch Connect(キャッチコネクト)についての紹介でした。

関連記事:オーストラリア最安のショッピングサイトCatch.com.au

追記

全ての日本発行のクレジットカードではありませんが、日本のクレジットカードの中には、楽天カードなど、Catch Connectの支払いに使用できないものがあるようです。

お手持ちのカードが使えなかった時の対策としては、VisaかMasterのDebit Cardでも支払いが可能ですので、オーストラリア入りした後に銀行口座を開設したら、銀行発行のカードのVisaかMasterのデビッド機能(大抵の場合は付帯している)を利用するか、プリペイドのクレジットカード(Prepaid Visa/Master Credit Card)を購入して支払いに使用するという手もあります。プリペイドのクレジットカードはスーパーマーケットや大型量販店で購入できます。

-携帯電話
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Australia Here and Now , 2020 All Rights Reserved.