オーストラリアでコンタクトレンズを通販で安く購入する




オーストラリア・ニュージーランド コンタクトレンズ

「オーストラリアでは、日本と同じコンタクトレンズを買うことができない」とか、「オーストラリアでは、コンタクトレンズが高いので日本で買った方が絶対にいい」というような間違った情報を信じている方達が多いようですが、そんなことはありません!

オーストラリアでは、日本で販売されているのとまったく同じコンタクトレンズを、日本と同じか、それ以下の価格で、処方箋なしで、簡単にオンライン通販で入手することが可能です。

この記事では、オーストラリアで簡単に日本よりも安くコンタクトレンズを入手する方法と、オーストラリアとニュージーランドで使える、信頼できる、格安のコンタクトレンズのオンラインショップを紹介します。

ここに説明していることは、オーストラリアのケースとして書いていますが、ニュージーランドでも基本的には同じです。

コンタクトレンズ基本情報

オーストラリアでコンタクトレンズを買わずに日本で買いだめして持ち込んだり、日本のショップから通販で購入して、オーストラリアに海外発送してもらったりしたという話をよく聞きます。

実は、日本で販売されているものと全く同じコンタクトレンズの商品が、オーストラリアでも販売されおり、価格もオーストラリアの方が安かったりします。日本からの送料を考えると、オーストラリア国内で購入した方がトータルのコストでみても、かなり安くつきます。

日本で愛用者が多いアキュビューやデイリーズ、ボシュロムの製品、そして、日本のメーカーであるシードのピュアシリーズや様々なブランドのカラーコンタクトまで、オーストラリア国内で簡単に手に入ります。

以下は、英語圏でコンタクトレンズを購入する際に役立つ、コンタクトレンズの種類と処方箋の単語の英語表記です。

コンタクトレンズを日頃使用されているならば既にご存知でしょうが、コンタクトレンズの種類は、大きく別けて以下の3つです。

Daily Disposable: 1日使い捨て 洗浄液はいらない
Weekly/Bi-monthly/Monthly: 週・2週間・月 毎日寝る時に洗浄液に漬ける
Extended Wear(Day and Night): 長時間昼夜兼用 つけたまま寝ることができる

コンタクトレンズ購入に必要な基本的な度数などの項目は、以下の通りです。

Power 度数: メガネで言う球面度数のこと。Powerを省略してPWR、または、SPH(Sphere)かDで表示されることもある。
BC(Base Curve)ベースカーブ: 角膜に接する面のカーブ。眼球が大きいほどBC値が大きいものがフィット感が良い。8.5か9.0が一般的。
Dia(Diameter)直径: 大抵コンタクトの銘柄で決まっている。14㎜か14.2㎜が多い。

乱視(astigmatism)用のコンタクトレンズには、以下の情報が必要になります。

CYL(Cylinder)円柱度数: 乱視の度合いを表す。
AX(AXIS)乱視軸: 乱視の角度を0~180°で表す。Xで表示されることもある。
ADD 加入度数: 近くを見るための度数。遠近両用コンタクトレンズ用。

これらの情報は、現在ご使用されているコンタクトレンズの箱に表示されています。乱視用レンズでなければ、Power(度数)、BC(ベースカーブ)、Dia(直径)だけの表示となります。

購入するレンズのPower(度数)とBC(ベースカーブ)さえわかっていれば、処方箋いらずでオンラインで購入できますが、わからない場合は、Optometrist(オプトメトリスト)で視力検査を受けて処方箋を入手することになります。その方法については、「オーストラリアで視力検査を受け処方箋をもらい眼鏡・コンタクトを買うには?」で説明しています。

コンタクトが安く買えるオンラインショップ

こちらでは、利用者も多く、安心して、しかも、格安でコンタクトレンズが購入できるオンライン通販ショップを紹介します。

各ショップの取り扱い商品のリストを見ればおわかりのように、扱っているメーカーとその種類は、ほぼ日本と変わりません。

Quicklens

Quicklens(クイックレンズ)は、おそらくオーストラリアとニュージーランドで一番知られているコンタクトレンズ通販専門店です。

初回購入者は、ニュースレター(メルマガ)に登録することで、初回購入の際に15%割引になるクーポンコードをもらうことができます。

また、他にも$10オフの割引クーポンなどが期間限定でもらえるキャンペーンをよくやっていますので、Quicklensで買う時は、常にサイトのトップページにクーポンの告知が無いかチェックしてみるとよいでしょう。

サイト上部のメニューで「SALE」のセクションを開くと、4つセットで更に割引になったお得なパッケージ商品も取り揃えています。

オーストラリアで購入するなら、Quicklens Australia

ニュージーランドで購入するなら、Quicklens New Zealand

$98を超える額の購入で送料が無料になります。$98以下の場合は、$9.95の送料が掛かります。

通常のコンタクトレンズの他に、ボシュロムやマキシアイズのカラーコンタクトレンズも扱っています。

コンタクトレンズ取扱商品
Johonson & Johnson(ジョンソンアンドジョンソン)のAcuvue(アキュビュー)
Alcon(アルコン)のDAILIES(デイリーズ)、Air Optix(エアオプティクス)/CIBA VISON(チバビジョン)、FreshLook(フレッシュルック)カラーコンタクト他
Bausch & Lomb(ボシュロム)のBiotrue(バイオトゥルー)、カラーコンタクト各種他
CooperVision(クーパービジョン)のProclear(プロクリア)、Biomedics(バイオメディックス)、Biofinity(バイオフィニティ)他
Spectroflex(スペクトロフレックス)のMaxi Eyes(マキシアイズ)
Aquilus(アクイラス)のVODACLEAR(ボダクリア)、
レンズケース$2

Vision Direct

Vision Direct(ビジョンダイレクト)は、コンタクトレンズだけでなく、メガネとサングラスの品揃えもすごい、アイウェアの総合オンラインショップです。

コンタクトレンズの種類もこちらで紹介する中では一番で、上記のサイトと同様の商品の他に、日本のSEED(シード)のPure(ピュア)シリーズ各種や、泉里香のカラコンで有名なCalme D'or(キャレムドール)、そして、Anna Sui(アナスイ)のコンタクトレンズも扱っています。

コンタクトレンズは、日本のブランドを含むカラコンの品ぞろえの豊富さが魅力です。コンタクトレンズに機能性以外のにこだわりを求めるなら、Vision Directをおすすめします。友達を紹介すると、次回使える$10のクーポンがもらえます。

サイトへはこちらから、Vision Direct

価格も上記のショップと比べて大きくは変わりません。$99以上の購入は送料無料ですが、$99以下の購入だと$6.99掛かります。

メガネとサングラスに限っては、Best Price Guarantee(最低価格保証)を設けていて、購入から14日以内に他のショップでもっと安い価格を見つけたら、その価格より$2安くしてくれます。カスタマーサービスにメールで知らせてください。コンタクトレンズは対象外です。

メガネとサングラスは有名ブランドのものがかなり安く、最低価格保証もありますので、特に度付きのメガネをオーストラリアでできるだけ安く購入されたいという方にはおすすめのオンラインショップです。

オーストラリアでプライベート・インシュランス(民間健康保険)に加入されている場合は、度付きのメガネとサングラス、そして、度数(POWER/SPH)が+/-3.0よりも大きい値のコンタクトレンズの購入に関しては、保険が適用になり、保険会社に一部払い戻しを申請することができます。詳しくは、Vision Directの「Health Fund Rebate」のページに説明されています。

コンタクトレンズ取扱商品
CLB TOKYO Inc.(CLB東京株式会社)のCalme D'or(キャレムドール)カラーコンタクトレンズ
SEED(シード)のPure(ピュア)シリーズ他
Anna Sui(アナスイ)
Freshkon(フレッシュコン)カラーコンタクト各種
Johonson & Johnson(ジョンソンアンドジョンソン)のAcuvue(アキュビュー)、
Alcon(アルコン)のDAILIES(デイリーズ)、Air Optix(エアオプティクス)/CIBA VISON(チバビジョン)他
CooperVision(クーパービジョン)のProclear(プロクリア)、Biomedics(バイオメディックス)、Biofinity(バイオフィニティ)他
Bausch & Lomb(ボシュロム)のBiotrue(バイオトゥルー)、カラーコンタクト各種他
Spectroflex(スペクトロフレックス)のMaxi Eyes(マキシアイズ)
Visco Vison(ヴィスコビジョン)のEverclear(エバークリア)
Unicon Optical(ユニコーンオプティカル)のCOLEBO(コレボ)

Clearly

こちらも、オーストラリアとニュージーランドではかなり有名な利用者の多い、評判のコンタクトレンズオンラインストアです。

初回購入者は、最初にサイトを訪問すると現れる「Get 15% off」と表示されるウィンドウにメールアドレスを入力して「Sign up」をクリックすると、15%割引が受けられるクーポンコードがもらえます。

ウィンドウを閉じると15%割引のオファーは再表示されませんので、とりあえず買う買わないに関わらず、メールアドレスを登録しましょう。

オーストラリアで購入するなら、Clealy Australia

ニュージーランドで購入するなら、Clearly New Zealand

また、クーポンコードの「CLEAR10」を使用すると$99以上の購入に限り、$10引きになります。2回目以降の購入に使うとよいでしょう。販売価格が既に安い、Splashとeverclearの商品は10%引きの対象外です。初回購入特典の15%割引との併用はできません。

眼鏡に関しては、初回購入特典は40%割引+送料無料になります。こちらも、メールアドレスを入力して「Sign up」をクリックすることで受けられます。

初回15%割引以外のクーポンコード一覧は、こちらです。

また、Clearlyは、同じコンタクトレンズが他のショップでより安い価格で販売されていた場合、連絡すればその価格と同じ価格に下げてくれる、Price Match Guarantee(最低価格保証)という制度を設けています。

Quicklens他のショップでの価格がここより安ければ、それに合わせてくれるということです。購入する前、または、購入後30日以内にClearlyへ連絡すれば、価格を調整してくれます。

Clearlyでは、メガネとサングラスも扱っています。Vision Directより品数は少ないものの、他では扱っていないブランドのフレームが多数取り揃えられており、安価でお洒落なデザインのものが取り揃えられています。

初回購入特典の40%割引を使えば、度付きのメガネや、フレームとレンズが選べる自分だけのサングラスをかなり安くつくることができます。

また、オーストラリアのプライベート・インシュランス(民間健康保険)に加入されている場合は、Clearlyでのコンタクトレンズの購入に保険が適用になり、保険会社に一部払い戻しを申請することができます。詳しくは、Clearlyの「Health Funds」のページに説明されています。

コンタクトレンズ取扱商品
Johonson & JohnsonのAcuvue(アキュビュー)、
Alcon(アルコン)のDAILIES(デイリーズ)、Air Optix(エアオプティクス他
CooperVision(クーパービジョン)のProclear(プロクリア)、Biomedics(バイオメディックス)、Biofinity(バイオフィニティ)他
Bausch & Lomb(ボシュロム)のBiotrue(バイオトゥルー)他
Splash(スプラッシュ)
Visco Vison(ヴィスコビジョン)のEverclear(エバークリア)

LENS MODE

こちらは、海外に発送してくれることで有名な日本のコンタクトレンズ通販サイトです。

オーストラリア、ニュージーランドでは取扱いの無いメーカーのコンタクトレンズを入手したい場合はこちらが便利です。それ以外の上記3社で扱っている商品に関しては、LENS MODEでの価格は高く、送料も掛かります。

サイトへはこちらから、LENS MODE

オーストラリア、ニュージーランドの他に、マレーシア、フィリピン、韓国、香港にも発送してくれます。オーストラリアとニュージーランドへの発送は日本円で1900円です。

コンタクトレンズ取扱商品
Johonson & Johnson(ジョンソンアンドジョンソン)のAcuvue(アキュビュー)、
Alcon(アルコン)の製品各種
CooperVision(クーパービジョン)の製品各種
Bausch & Lomb(ボシュロム)の製品各種
Spectroflex(スペクトロフレックス)のMaxi Eyes(マキシアイズ)
Sincere(シンシア)の製品各種
Aquilus(アクイラス)の製品各種
Candymagic(キャンディーマジック)のカラコン各種

洗浄液について

オーストラリアでは、洗浄液を日本よりも安く購入する事ができます。街中の至る所にある薬局(Chemist、Pharmacy)で購入することができます。

洗浄液は、「Saline Solution」と呼ばれます。洗浄液としても保存液としても使えるのは、「Multi Purpose Solution」です。一般的には、洗浄液も保存液もまとめて、「Contact Lens Solution」で通じます。

安いものは、ディスカウント薬局で$3くらいからありますので、わざわざ日本から持ち込む必要はありません。

まとめ

オーストラリアでも、ニュージーランドでも、日本で販売されているのとまったく同じコンタクトレンズを日本と同等以下の価格で、簡単にオンライン通販で入手できることを説明しました。

そして、いくつかの使える格安通販ショップを、サービス内容を比較できる様に紹介しました。

コンタクトレンズや洗浄液は、日本でまとめ買いする必要はありません。カラーコンタクトレンズ(カラコン)でさえも、日本で売っているものがオーストラリアとニュージーランドで手に入ります。

ネットで買うなら処方箋は不要です。今使っているコンタクトレンズの箱に表示されている情報さえあれば、同じものが安く購入できます。

コンタクトレンズを最安の値段で買うには、QuicklensClearlyを利用するのがいいでしょう。購入する商品や数量によっても、使える割引クーポンの有無によっても、購入価格が若干違ってきます。少しでも安くコンタクトレンズを入手したければ、どちらも見て比較してみることをおすすめします。

Vision Directには、初回のクーポン割引がありませんが、コンタクトレンズの価格は、QuicklensやClearlyに負けていません。Vision Directの最大の魅力は品揃えの豊富さです。日本のメーカー品やセンスのいいカラコンを購入したければVision Directがいいでしょう。

関連記事:オーストラリアで視力検査を受け処方箋をもらい眼鏡・コンタクトを買うには?

おすすめ記事

オーストラリア・ニュージーランド コンタクトレンズ 1

「オーストラリアでは、日本と同じコンタクトレンズを買うことができない」とか、「オーストラリアでは、コンタクトレンズが高いので日本で買った方が絶対にいい」というような間違った情報を信じている方達が多いよ ...

携帯プラン 2

各携帯会社のSIMはこういう形で売られています 「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみを購入するプランが一 ...

3

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 オーストラリアのWiFi環 ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 4

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 銀行から送金 ...

5

オーストラリアで車を借りる方法は大きく分けて2通りあります。一つは日本から事前予約していく方法。もう一つは、現地で手配して借りる方法です。 大手レンタカー会社で借りる 短期の滞在で、既に行くところが決 ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 6

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

7

シドニーQueen Victoria BuildingのUGG店内 別記事「UGGブーツのブランドはいろいろあるけど違いはなに?」で、オーストラリアで販売させているいろいろなアグブーツについて説明しま ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

9

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 こんな人におすすめ 旅行や短期滞在期間中に、 ...

10

Catch.com.auは、オーストラリアで今、人気急上昇中の総合ショッピングサイトです。オーストラリア国内で、ネットサーフィンしていれば、このロゴの広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。 C ...

-ショッピング
-, , ,

Copyright© Australia Here and Now , 2019 All Rights Reserved.