オーストラリアのスクールホリデー(学校の学期間の休み)




Hyams Beach ハイアムズ・ビーチ

オーストラリアの学期とホリデー

オーストラリアの学期間のお休みはスクールホリデー(school holidays)といいます。

学期(School Term)は、年間で4学期になります。オーストラリアの1学期は、夏休みが終わった後の、1月終わりから2月初めに始まります。

スクールホリデーは学期間のお休みですので、同じく1年に4回となります。スクールホリデーの期間には、全国合計8の州と準州(テリトリー)によって違いがあります。

公立の学校でも、州によって1週間ほどのずれがあります。また、私立の学校は大きくは違わないものの、独自の期間を設けているケースも多いです。いづれにせよ、どこの学校も、似たような時期に、似たような期間のお休みがあります。

お休みの始まりと終わりの日は、日本のように毎年同じではなく、年によっても、州によっても、学校によっても変わります。

おおまかな、スクールホリデーの期間は以下のようになります。

始まり~終わり 期間
夏休み 12月中旬~1月下旬 6週間と数日
秋休み 4月初旬/中旬~4月下旬 2週間と数日
冬休み 6月下旬/7月初旬~7月中旬/下旬 2週間と数日
春休み 9月下旬~10月初旬/中旬 2週間と数日

夏休みは、学年が変わる前の1年で一番大きなホリデー期間で、あいだにクリスマス・デー(Christmas Day)、ボクシング・デー(Boxing Day)、そして、ニューイヤーズ・デー(New Year's Day)の祝日を含みます。

州によって違うスクールホリデーの日程を調べるには。オーストラリアの休祝日をまとめたこちらのサイトが参考になります。

各州の学校の学期(スクールホリデーではなく、開校期間)を知るには、オーストラリア政府のサイトのこちらのページをご覧下さい。

スクールホリデー中はどこも混雑する

スクールホリデーは、オーストラリア中の家族連れが旅行に行く機会です。ですから、リゾート地はどこも混み合います。

ホテルなどの宿泊場所の予約も取りにくくなり、値段も高くなります。特にイースターやクリスマスなどの祝日の期間と重なる時は、年間で一番高く、混み合います。

それでも、それらの時期に旅行をしようという人たちがたくさんいます。特にイースターやクリスマス時期には、どこか特別な所へ行って、なにか普段はしないことをしたいというのが一般的なようです。

スクールホリデー期間に、子供に合わせて長い有休をとる親御さんも多く、各地で家族連れが楽しむ姿がみられます。

スクールホリデーは、オーストラリアに住む人たちの大移動する、日本でいうと、ゴールデンウィーク、お盆休み、そして、正月休みのような期間です。

スクールホリデー中は、宿泊、そして、飛行機の料金が、それ以外の期間に比べて割高になります。

日本からオーストラリアに旅行するなら、なるべくならスクールホリデーを避けると、航空券やホテルなどをお得に予約することができるでしょう。

関連記事:州ごとに違うオーストラリアの祝日

-社会・文化
-, ,

Copyright© Australia Here and Now , 2020 All Rights Reserved.