オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

携帯電話

オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類

更新日:

OptusとVodafone

オーストラリア到着後に先ずやることの一つに、携帯電話を利用する為のプランに申し込むということがあります。

出来れば到着したその日からすぐに携帯電話が使えるようにしたいですよね。

どこで申込みするにせよ、オーストラリアの携帯電話のシステムと一般的なプランの種類について知っておくことで、自分に適したお得なプランを選ぶことができます。

携帯電話会社も50社以上あり、プランもすごい数のバリエーションがあります。日本とは勝手も違うので、初めての人は何が必要かの判断がつかず、つい、知り合いや業者の人にすすめられるままに契約して、不要な出費をしがちです。

通話とテキスト無制限、そして、通常のメールやSNSの利用に十分なインターネットデータがついて、月$20程で済むところを、使いきれないデータ量がついたプランを契約して倍以上の金額を支払っているケースも少なくありません。

以下にまとめた携帯電話プランの基本を押さえておけば、多すぎる不要なバリエーションに惑わされることなく、余計な出費を抑えて、賢く自分に適したプランを選ぶ助けになるでしょう。

オーストラリアの携帯電話システム

先ずは、オーストラリアの携帯電話のシステムについてお話しします。

オーストラリアの携帯電話は3Gと4Gです。日本から来られるなら、日本の3G か4G対応の携帯電話が使えますし、安く購入できると思いますので、ロック解除してお持ちになることをおすすめします。

iPhoneは全ての機種が、Androidのスマホもご使用いただけます。

ちなみにロック解除と言うのは、特定の電話会社の回線でだけ使用するように他の会社のSIMでは使えないようにロックがかかった状態の電話機を、他のSIMで使えるようにすることをいいます。

大抵の場合、簡単に解除できますので、日本出国前に電話会社に問い合わせるとよいでしょう。

ちなみに、オーストラリア国内でもスマホが$100以下から購入でき、設定の変更やアプリ追加で日本語も使用できます。オーストラリアで購入したスマホを日本でも、問題なく使用することができますので、こちらでスマホ本体を購入するのも手かもしれません。

携帯電話にはどんなプランがあるか?

オーストラリアで携帯電話を利用する方法は大きく分けて2つあります。

契約で月々後払いする、ポストペイド、そして、先払いした分だけ使うプリペイドです。

一般的には、契約の方が安くデータ量が使えるように設定されており、お得ですが、プリペイドにも短期利用に適しているなどのメリットがあります。

契約にもプリペイドにも各社様々なプランを用意していますが、基本は以下の様に大別されます。

契約(後払い)

日本では一般的な月毎の契約プランです。大きく分けて、SIMだけのプランとスマホ付のプランがあります。この他に、利用者は少ないですが、レンタルと言うプランもあります。

契約プランは、一般的にはポストペイド(post-paid)プランと呼ばれます。プリペイド(pre-paid)は前払い、ポストペイド(post-paid)は後払いという意味です。

契約プランは、月締め後払いなので、ポストペイドプランと呼ぶわけです。

以下に各契約プランについて説明します。

SIMのみ契約プラン

最低1か月からの契約プランで、SIMカードのみを購入する形になります。電話機は持ち込みです。すなわち、自分で用意したSIMロックの解除された電話機を使用します。

毎月請求の月払いになります。支払いは請求書が届いてから指定された支払方法(カード、現行振り込み、窓口)で払うか、カードか銀行の自動引き落としになります。

解約は好きな時に自由にできます。

日本から持ち込んだSIMロックのかかっていない、または、解除済みの携帯電話を使うこともできますし、現地で簡単で購入することもできます。先に申し上げたように、ブランドや機能性にこだわらなければ新品の日本でも使えるスマホが$100以下でも手に入ります。

1か月以上ならば、一番コストパフォーマンスに優れたフレキシブルなプランと言えるでしょう。

無料スマホつき12か月/24か月契約プラン

携帯電話がついているプランで大手携帯電話会社が力を入れているプランです。このプランを持たないSIMプランのみの携帯電話会社もたくさんあります。

このプランを持つ各社ともに、「スマホが無料」と謳っていますが、スマホの費用は長期プランの料金に含まれています。よって、同じ会社が提供する、似たような料金帯のSIMのみのプランと比べると、月々の利用可能データ量は少なくなります。

それでも、最新型のスマホの価格と12か月/24か月でのSIM利用料金の合計費用を考えると割安になる計算です。よって、12か月以上の契約を継続できて、「最新機種の携帯電話が今欲しい」という人には適したプランだと言えます。

12か月と24か月の満期前に解約すると、ペナルティー料金を支払うようになります。

携帯は最新でなくて、ある程度使えればいいと言う人は、携帯を別に買って解約が自由にできるSIMのみ契約のプランを購入することをおすすめします。

SIMのみ12か月/24か月契約プラン

SIMのみですが、長期契約すると割安になると言うプランです。このプランを持つ会社は、それほど多くありません。消費者にとっては、あまりメリットが無いからでしょう。

携帯電話キャリア各社の料金競争は激しく、特に大手3社は料金形態を頻繁に更新するので、長期プランに契約した後に、更に安いプランが出ることはよくあります。

料金が変更されて安くなっても、自動的に更新してくれることは無く、ユーザーが自分で気づいて文句を言わない限りはそのまま放置されますので、最新の携帯電話が欲しいと言う以外は、12か月でも長期契約することはおすすめしません。

携帯電話レンタルプラン

オーストラリア国内で一般的には非常に稀なプランですが、日本からの旅行者向けの携帯手配業者や、現地日系の携帯電話事業者では見られるプランです。

もちろん、レンタルの分利用料金は割高にはなりますが、日本から持込みできる携帯電話もなく、短期滞在の期間のみ使用できる携帯電話が欲しい人にはもってこいのプランです。

プリペイド

プリペイド用のSIMをデータつきで買って、払ったデータの分だけ使うプランです。電話会社によってプランの種類と料金は異なります。

使い切り(自動更新なし)プラン

先に、払った分だけ使い切ったら終わりという、最も一般的なプリペイドプランです。

初回のSIMの購入は、各携帯電話キャリアのウェブサイトからオンラインで購入し郵送で受け取るか、大手電話会社ならば実店舗がありますのでそちらでも購入できます。また、キャリアによっては、各地のスーパーマーケット、大型量販店、家電販売店、ニュースエージェントやコンビニエンスストアでも購入できます。

使い切ったら、また料金分チャージして使います。チャージは、ネットでクレジットカードを使ってオンラインでも可能ですし、電話会社、ニュースエージェント、コンビニエンスストアなどでバウチャー(クーポン券)を購入して、電話の音声に従ってバウチャーコードをキー入力するか、ネットでオンラインライン入力することも可能です。

電話機付使い切りプラン

上記のプランに携帯電話がついたプランです。低価格機種の電話機つきで、お値段も$100以下からあります。

自動更新プラン

プリペイドでも使い切ったらそのまま放置して終わりではなく、月々自動更新(翌月に同じ料金が課金)されるものもあります。オンラインで購入するオプションしか持ち合わせていないタイプのSIMに多くみられます。

自動更新型のプリペイドは、使い捨てで放っておくのではなく、やめる時は連絡して、契約を解除することが必要になります。やめたい時に連絡すればいつでも解除できます。連絡しないと登録した、クレジットカードなどから継続的に料金が差し引かれます。

一番上の月々契約の後払い(ポストペイド)タイプとあまり変わらないように思えますが、それでも一定料金以上使わないプリペイドにしたいという人もいます。

オーストラリアでは、子供などに持たせる電話に、一定料金以上使わないようにプリペイドを利用するケースが多いようです。

プリペイド、月々契約に関わらず、SIMのみのプランをオンラインでの販売しかしない携帯電話会社は、大手3社以外のMVNO(Mobile Virtual Network Operator)の中では、数多く存在します。

これらの会社のプランは、オンラインでしか購入できない分、人件費などを削ることができるため、他の会社のプランに比べて大幅に割安で提供されています。

オンラインでしか購入できないからと言って、カスタマーサービスが劣るわけではなく、メール、電話、ネット上のチャットできちんと対応してくれます。私の使っているYomojo(ヨモジョ)は、オンラインでしか購入できないタイプのキャリアですが、全く問題なく、逆にカスタマーサービスは店舗対応よりいいのではと思うほどです。

契約プランにするか、プリペイドプランにするか?

以上、契約(ポストペイド)プランとプリペイドプランの種類について説明しました。あなたにはどちらが適しているでしょうか?

判断材料として、それぞれのメリットを書き出してみました。

契約(ポストペイド)プランのメリット

月々の契約プランは、プリペイドプランに比べて内容がお得なので、オーストラリアに暮らして日々スマホを利用する人達は、この月々契約のポストペイドプランを利用している人の方がほとんどしょう。

月々の契約と言っても、1か月から可能で、1か月でキャンセルすることができます。

1か月からの契約は、クレジットカードがあればネット上で可能です。住所と連絡先の電話番号を入力する必要がありますので、オーストラリアに来て間もない方は、その時のステイ先などの住所と電話番号を入力すればいいでしょう。

3~5日中に、SIMが郵送されてきますので、説明に従って開通(activation)手続きをする流れになります。

街にある携帯電話ショップで契約する場合は、身分証明書類と現住所があればその場で契約してSIMを受け取ることができます。クレジットカードが無くても、後払いの請求書を受け取り、現行振り込みや郵便局で支払いという形を取ることもできます。

ポストペイドプランで気をつけなければいけないのは、超過すると自動的にプラン外のレートが加算されると言うことです。最近では、設定額以上の利用ができないタイプのプランを出すキャリアもあるようです。

通話とテキスト無制限でも、インターネットデータは無制限ではないプランがほとんどです。インターネットデータの超過は、1GBまでは、$10の追加料金というのが一般的です。

超過しないことさえ気をつければ、月々の料金とデータ量がプリペイドよりも断然お得なプランを用意しているキャリアが殆どですので、1か月以上オーストラリアに滞在するならば、ポストペイドにするメリットは大きいと言えます。

プリペイドプランのメリット

プリペイドは使う予定の分だけ先に購入して、期限内に使い切ったら、その時にチャージするのも、使い捨てで放置するのも自由なので、短期利用者には便利です。

プリペイドにチャージした分を全て使い切っても、そこで、サービスが完全に止まることはなく、しばらくの間は電話を受けることができます。この期間は電話会社とプランよって差があるようですが、最長で6か月と言うプランもあるそうです。掛かってくる電話を受けるにあたって、着信料を取られることはありません。

オーストラリアと他の国を、6か月以内のインターバルで行ったり来たりする人や、超過料金の心配もなく、万が一無くしてもいいように、子供に持たせる携帯には適したプランだと言えます。

さいごに

各キャリアのプランは、当然ですが、料金が高いほど、より多くのインターネットデータや国際通話が受けられるように設定されています。

お店で買ったSIM(ネットで購入た場合は郵送されたSIM)をお手持ちの電話機に入れれば直ぐに使えると言うわけではなく、開通(activate)する手続きが必要になります。

各キャリアともに、電話を掛けて開通するオプションとインターネット上で開通するオプションがあります。

電話で開通する場合は、本人確認の為に本人が通話して開通する必要があるケースが多く、英語の電話での聞き取りに自信が無い場合は、誰か英語を聞き取れる人に一緒にいてもらって開通手続をするといいでしょう。

また、各地に実店舗のある大手3社のTelestra(テレストラ)、Optus(オプタス)、そして、Vodafone(ボダフォーン)で購入するば、実店舗での購入時にショップの人に頼んで開通(activate)してもらうのも良いでしょう。

ほとんどのキャリアは、インターネット上で開通できますので、各電話会社のウェブサイトの「SIM Activation」のページから、開通手続きをしても良いでしょう。

実店舗を待たずオンライン販売のみの格安キャリアのプランを利用するなら、オンラインで開通するのが簡単です。

利用パターン別に、最も安く利用できるプランを、ざくっとまとめますと、

  • 1か月以上の利用なら、契約の月々後払い。電話機は持ち込みで、SIMのみのプラン
  • 1か月未満の利用なら、プリペイドSIMのプラン。電話機は持ち込み
  • となります。

    携帯電話は、日本から、3G/4G のロック解除したスマホを持参して、SIMだけ入れ替えるのが最も簡単でおすすめですが、現地でスマホを購入し、後に日本でも使用することができます。

    以上、オーストラリアの携帯電話のシステム、そして、契約とプリペイドプランの種類についてでした。

    より理解を深めるために、この記事と合わせて、「オーストラリアでベストな携帯電話のプランを選ぶには?」も読んでいただくことをおすすめします。

    関連記事:オーストラリア携帯電話プランの価格と内容の比較

    人気記事

    オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 1

    オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

    携帯プラン 2

    「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

    ゴールドコーストのモール 3

    オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

    4

    オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 オーストラリアのWi ...

    オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 5

    オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

    6

    オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

    7

    マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

    オーストラリアブランドECサイト 8

    オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

    オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

    オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

    日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

    日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

    -携帯電話
    -, ,

    Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.