オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

ワーホリ

ワーホリに行くべきか悩む‐帰国後に仕事があるか心配だし、年齢的にも不安  

更新日:

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。

何故ワーキングホリデーに行きたいのか?

あなたが、ワーキングホリデーに行きたい理由は何でしょうか?

  • 外国で暮らしたいから?
  • 英語が話せるようになりたいから?
  • 日本以外の国が見たいから?
  • 今の生活を変えたいから?
  • 今の生活が嫌だから?
  • 環境を変えたいから?
  • 外国人の友達が欲しいから?
  • 人生に関わる人とのであいが欲しいから?
  • その国でやりたいことがあるから?
  • ただ、ワーホリって面白そうだから?

あなたに、当てはまる理由はありますか?これら全て?それとも、他の理由がありますか?

よく、「帰国後きちんとした仕事と生活が送れるように、目的をきちんと持ったうえでワーホリに行かないと失敗する」とか言いますよね。確かに、先のビジョンを持ったうえで行動できればそれに越したことはありません。

「ワーホリで海外生活を体験をすることで、その先の将来どうなるのか、何が出来るようになるのかの明確な目標と計画が無いとダメ」とも言われます。そういう意味では、上に列挙した理由の例は、十分なものではないと言えるでしょう。

私も、仕事を辞めてワーホリに行く前には、親や周りを説得するのに、それらしい理由をでっちあげたのを思い出します。確か「英語ができるようにならなければ、将来生き残れない」とか、「日本国外でも通用するスキルを身につけたい」という類の、よくあるたわごとを言って、親を説得しました。実際は、オーストラリアに住んでみたいだけだったのですが。。。

体験したい世界があるからワーホリを利用する

ワーホリに行きたいのは、ワーホリという特定の体験をしたいのではなく、海外の生活を体験したいからですよね。ワーホリはそれを実現する手段の一つです。オーストラリアでは、1年間(条件付延長で2年間)の滞在が許され、しかも、仕事をして収入を得ることができるので、海外生活をより簡単に実現させてくれる手段として非常に都合のいいビザです。

ワーキングホリデーをしたいのではなく、自分のやりたいことの実現の為に、ワーキングホリデーを利用するというスタンスが重要です。‘ワーホリする’というコンセプトに囚われてしまうと、ワーホリとはこういうものという、ある種のパターンにはまってしまいます。

例を挙げると、「オーストラリアで〇〇をしてきた」と言うより、「ワーホリしてきた」と言うと、実際は人それぞれ違う体験も、ワーホリという一種の共通した陳腐な体験のように聞こえてしまいます。

また、「ワーホリは1年間(またはそれ以上)の海外での遊びの体験だから、帰ってきた人は仕事では使えない」と言う人たちもいます。こういう人たちは、ワーホリに行った人たちに対して、偏見と固定観念を持っていると言えるでしょう。

ビザは手段です。あなたは、ワーホリがしたいのではなくて、ワーホリ制度を利用してオーストラリアでやりたいことをするのです。自分を‘ワーホリ’と言う括りの中に縛り付けないようにしましょう。

手段としてのワーホリによって持たされる体験は、人それぞれで無限の可能性を持つものなのです。

理由はどうでもいい

理由がどうであれ、ワーキングホリデーを通じて海外生活という体験に行きつくならば、それが、会社が嫌だからとか、今の環境が嫌だからという現状からの逃げでも、構いません。たとえ‘逃げ’でも、それは人生においては、次の新しい体験をする為のだだのキッカケでしかないのです。

キッカケよりも、その先の体験が重要です。体験をしてしまえば、ワーホリに至った理由は、過去のことになり、どうでもよくなります。ですから、何故そうするのかなんてことは、考えても意味がないのです。

人間の頭に浮かぶ思考のほとんどは、しょうもないゴミだといいます。考えて、正当な理由を探してこじつけるのは無駄なことで、自分のやりたいことを正当化しようとする言い訳でしかありません。

逆に、あなたが「ワーホリに行きたかったから行った。ただそれだけ。」と、誰に対しても堂々と言えれば、あなたの中で問題は何もない状態になります。あなたが、やること、やったことに理由をつけたがる、その後ろめたい気持ちが問題なのです。

人生で体験することなんて、そんなものではありませんか?今まで、一所懸命考えて体裁のいい理由をつけてやったことに対して、幸せな感情を得られているでしょうか?人の目を気にして生活して心が満たされますか?

「親が、社会が」と言っている場合ではありません。あなたの気持ちの問題です。また今回も、他人を自分が行動しない言い訳にするのですか?

日本帰国後はどうする?

帰国後のことを心配しているようなレベルでは、行ってもみのりある経験を得ることは出来ないでしょう。起きてもいない先のことより、今この時に集中して、ワーキングホリデー制度を活用して得られる体験を、真剣に無駄の無いように楽しむことに集中することが重要でしょう。

日本のこの先の景気とか社会とかを考えていても意味がありません。どこにいても、要は自分の取り方次第でどうにでもなるのですから。

ワーホリで成果を出す必要も、立派になって帰国する必要もないのです。ただ、その時を楽しみつつ精一杯生きれば、あなたのワーホリを通した体験は素晴らしいものになり、自ずと結果はついてきます。

年齢的に心配

ギリギリでワーホリに来る人を、「ギリホリ」という様ですが、ギリギリでワーキングホリデーを利用して、海外へ滞在できる機会が得れるのですからラッキーです。

オーストラリアにいる人たちの中には、ビザの規制がいろいろある中で大変な努力をして滞在されている方たちや、来たくても簡単には来れない人たちもいるのです。

ギリギリでチャンスを得れることは幸運です。恥ずかしい事ではありません。年齢を気にしているのはあなた自身です。周りの目を気にするのも自分なのです。

英語力は必要か?

英語ができるに越したことはありませんが、英語力よりも、やるんだという気持ちの方が重要でしょう。

何事も行動あるのみです。今英語ができないから、勉強して満足にできるようになってからとか言っていたら、いつになったら満足して、行動に移せるのかわかりません。

今出来ることを思う存分することです。英語ができれば仕事もいろいろあるでしょうが、できなければそれなりに精一杯やる。そうして、英語力を伸ばしていけばいいのです。何事も、どこからか行動しなければ始まりません。

英語ができないと、ワーキングホリデーで海外に行っても意味が無いとかいう人たちや、英語できるからカッコいいとか思っている輩は無視して、今ある自分に焦点を置いて今を頑張って生きればいいのです。

将来、英語を使う仕事に着きたいなら、自分がそうしたいと強く思い続け、チャレンジし続ければ、それも実現します。あきらめた時点で、それは不可能になります。できなかったというのは、自分の意志でチャレンジするのをやめたと言うことです。

また、英語の為だと言って、オーストラリアに来て、無理に日本人と接触するのを避ける必要はありません。日本人同士仲良くして何が悪いのでしょうか?英語を話したり、勉強するのは自分の意志次第です。避けたければ避ければいいですが、英語が上達しないのを、自分以外の日本人のせいにするのは問題です。

後悔しないだろうか?

海外に住まなくても英語の勉強はできますし、日本でも経験できることはたくさんあります。だからといって、海外に行きたいと言う気持ちを抑える必要はありません。

たとえ、安易な気持ちで外国に来て、暮らしてみて、甘くない現実を思い知らされたとしても、それも体験なのではないでしょうか?来なければ、思い知らされることもできなかったのです。人の意見だけ聞いてそういうものだと言って、行動しないでわかったような気になっているのとは全く訳が違うのです。

やりたいことを、全部やるつもりで、その時々を全力で生きれば、素晴らしい体験が待っていることでしょう。全くの新天地で、一から何でもやるという姿勢で取り組めば、「生きているんだ」って実感できますよ。

あなたはそれが出来る恵まれた環境にあるのです。自分の感覚と気持ちを信じて、やったらどうですか?保守的な意見には耳を傾けずに。

今その時を心から楽しむことができるならば、ワーホリが終わった後も、同じようにその時々を一所懸命楽しんで生きることができるようになり、日本にいても、どこにいても、何をやっても満たされた状態でいられるようになります。

おわりに

自分の殻を破り新しい体験をすることで、世界の見方が変わります。その体験を良いとするのも悪いとするのも、あなたのとらえ方次第なのです。まだ見たことが無い世界を見てみたいと思うか、そうでないか、それだけのことです。

自分の人生をより豊かにする為に、ワーキングホリデーを利用できるのなら、利用しない手はないのではないでしょうか?

ワーキングホリデービザが特別優れている訳ではなく、唯一の海外生活を体験する手段でもありません。他にも方法はたくさんありますので、今はワーキングホリデービザに縁がなくても、気持ちがあればいつでも行動できます。要は、本気かどうかです。

ワーキングホリデーのチャンスがあり、かつ、自分を突き動かすものがあるならば、それが何だかわからなくても、直感を信じてトライしてみたらいかがでしょうか?

人気記事

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 1

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 3

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

4

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 オーストラリアのWi ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 5

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

6

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

-ワーホリ
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.