オーストラリアで一番白い砂浜のビーチで有名なJervis Bay(ジャービスベイ)




ジャービスベイ

シドニーから2時間半で行ける人気観光地のJervis Bay(ジャービスベイ)は、オーストラリアで最も白い砂浜として知られており、多くの観光客を惹きつけています。ジャービスベイの数あるビーチの中でもHyams Beach(ハイアムズビーチ)は、過去にギネスで世界一白い砂浜としてタイトルを得たこともある美しいビーチです。

ジャービスベイといえばハイアムズビーチが有名ですが、他にも数々の美しいビーチと見所がたくさんあります。以下にジャービスベイの人気スポットをご案内します。

Huskisson(ハスキッソン)とVincentia(ビンセンティア)

Jervis Bayのレストラン、カフェ、宿泊施設などが集まっているのがHuskisson(ハスキッソン)とその隣町のVincentia(ビンセンティア)です。

ハスキッソンの港

Huskisson Wharf

観光客向け施設の中心地がHuskissonで、ここにはたくさんのレストラン、カフェとショップが並んでおり、海沿いのリゾートタウンのムードで満ち溢れています。ドルフィンウォッチングなどのクルーズ船が出港するのもHuskissonです。クリスマスから1月末までの期間は、Huskisson Carnivalと称して巨大な移動遊園地が来て、夜は多くの家族ずれやカップルたちで更に賑わいます。

Huskisson Carnival

Huskissonの南隣に位置する町であるVincentiaには、Coles(コールズ)とWoolworths(ウールワース)のオーストラリアの2大スーパーマーケットもあり、スーパーの周りにはレストランとカフェもたくさんあります。

この2つの海沿いの町には宿泊施設もたくさんあり、何をするにも便利ですのでジャービスベイの観光拠点として人気があります。

Hyams Beach(ハイアムズビーチ)

ハイアムズビーチ

Hyams Beach

世界一白い砂浜としてギネスブックに載ったこともあるビーチがHyams Beach(ハイアムズビーチ)です。実際にはもっと白いと言われる砂浜が世界はもとよりオーストラリア国内にはまだまだあると言う主張はありますが、Hyams Beachのクオーツでできた白砂のビーチの美しさは目を見張るものがあり、訪れる価値は十分にあります。ご自分の目で確かめれば、ギネスに載ったことがあると聞いても納得することでしょう。

ジャービスベイのハイアムズビーチ

Hyams Beachはジャービスベイで必ず訪れるべき観光地として有名です。シドニーから2時間半ほどで行ける手軽さも人気の秘密です。

NSW州にあるオーストラリアで最も白い砂浜

ビーチには駐車場とトイレがあり、駐車場から道路(Cyrus Street)を北に180メートル歩くとカフェがあります。

Booderee National Park(ブーダリ―国立公園)のビーチ

ジャービスベイの国立公園内の美しいビーチ

Murrays Beach

Hyams Beachから南側はBooderee National Parkと呼ばれる国立公園になっており、入場料(車1台につき2日間有効で$13)が掛かります。国立公園内には美しい白砂のビーチがいくつかあり、有名なのはIlika Beach(イルカビーチ)とMurrays Beach(マリーズビーチ)です。

時間がゆるせば、国立公園内のJervis Bay Roadを走って、Jervis Bayの南東の突端にあるMurrays Beachまで足をのばすことをおすすめします。

Murrays BeachはJervis Bay Roadの終わりにある駐車場から300メートル先にあり、ブッシュの中を歩いて約5分程でアクセスできます。道標もありますので迷うこともありません。

駐車場からMurrays Beachへ

ちなみにこの駐車場を起点にMurrays Beachを含む美しい海岸線を歩く、ブッシュウォーキング(トレッキング)のトラック(コース)もありますので、特に冬の季節は泳がなくても楽しめます。

ジャービスベイのビーチの白い砂と透き通った水

Murrays BeachからBowen Islandを望む

Murrays Beachの砂の白さと水の透明度は本当に美しいです。Hyams Beachより人も少なくリラックスできるこのビーチも是非訪れていただきたいです。

Jervis Bay(ジャービスベイ)で美しい白い砂浜を横目にウォーキングを楽しむ

ジャービスベイの海岸線を歩く

ジャービスベイで1泊以上滞在するならば、上記のビーチを訪れるだけでなく、時間を取って美しい海岸線のウォーキングを体験することをおすすめします。

Hukisson(ハスキッソン)の海岸北端のVoyager Park(ボイジャーパーク)と天然の海水プールであるHuskisson Sea Pool(ハスキッソンシープール)がある辺りから、南のHyams Beach(ハイアムズビーチ)まで約9kmの海岸線を数々の美しいビーチを眺めながら歩くことができます。

HuskissonからHyams Beachまで全ての距離を歩くと片道9km強、徒歩で2時間半かかります。往復だと歩くだけで5時間ですが、全てを歩き通す必要はもちろんありません。

このJervis Bayの海岸線はいくつもの白砂の美しいビーチが点在し、各ビーチに駐車スペースもありますので、全行程を歩き通さなくても、途中にある好きなビーチまで車で行って、そこから行きたいところまで海岸線を歩いて、疲れたら引き返して帰ってくればよろしいでしょう。

以下は、ウォーキングコースの詳細です。ウォーキングの計画を立てる参考にしてください。全行程のなかでもおすすめの箇所は、Nelsons BeachからHyams BeachまでのWhite Sands Walk(ホワイトサンズウォーク)です。

HuskissonからBarfleur Beach/Nelsons Beachまで

Hukissonの海岸北端のVoyager Parkから、HuskissonのMoona Moona River(ムーナムーナ川)を挟んで南隣のVincentia(ビンセンティア)にあるJervis Bay Marine Park(ジャービスベイマリンパーク)までの海岸線は、舗装された遊歩道を歩きます。そして、Jervis Bay Marine Parkからは一般道沿いを歩きます。

HuskissonからBarfleur Beachまでは片道6.1kmで、徒歩で約1時間半かかります。Barfleur Beachは岬の北側に位置し、反対側(南側)はNelsons Beachとなっています。

往復だと12kmと長いですが、この区間は舗装された遊歩道が多く、サイクリング、キックボード、ローラースケート、スケートボードなどでも走行できます。ベビーカーを押しての散歩にも最適です。

Nelsons BeachからHyams Beachまで

Barfleur Beachを北側に持つ岬の南側はNelsons Beachです。岬はNelsons Beach Playgroundという公園になっておりそこからHyams Beachまでが、未舗装のブッシュウォーキングトレイル(トレッキングコース)であるWhite Sands Walkです。

Nelsons Beach PlaygroundからWhite Sands Walkは始まる

White Sands WalkはNelsons Beach沿いの部分は舗装道となっていますが、Nelsons Beachから南下してビーチがおわる手前で未舗装のブッシュに変わります。Nelsons Beachの南隣は、Blenheim Beachです。そして、その南隣がGreenfield Beach、更に南隣がChinamans Beachです。

White Sands WalkからGreenfield Beachを見下ろす

Chinamans BeachでWhite Sands Walkはおわりますが、そのままWhite Sands Walk南端の突き当りのCyrus Streetを歩いてすぐ隣の有名なLittle Hyams BeachとHyams Beachまで足をのばすことをおすすめします。

Nelsons BeachからHyams Beachまでは片道3.3kmで、徒歩で約45分掛かります。Nelsons Beach Playgroundに広い駐車場がありますのでここに車を停めて南下していくか、Hyams Beachの駐車場か、周辺の路上に車を停めて、北上してもよろしいでしょう。

Nelsons Beach

White Sands Walkはごつごつした道や多少のアップダウンがありますので、ベビーカーを押して歩くのには向いていません。

この区間は往復だと、歩くだけで90分かかりますので、あまり歩きたくないけれどWhite Sands Walkの美しい景色を少しだけ楽しみたい方はWhite Sands Walk途中のBlenhelm BeachかGreenfield Beachの丘の上の駐車場に車を停めて少し歩いてみるとよろしいでしょう。そして人気のHyams Beachは車で行くとよろしいかと思います。

行き方

Jervis Bay(ジャービスベイ)のHuskisson(ハスキッソン)まではシドニー中心部から南に約190kmに位置し、車で道路が空いていれば2時間半、混雑していれば3時間半かかります。

日帰りも可能ですが、1泊以上して美しいビーチを満喫することをおすすめします。

シドニーからは、M1(Princes Motorway)、そして、A1(Princes Highway)をひたすら南下します。シドニーからモーターウェイ(フリーウェイ)のM1(Princes Motorway)にのりシドニー国際空港を経由してWollongong(ウーロンゴン)の方向へ向かいます。

空港を超えたらトンネルに入ります。A1(Princes Highway)へ向けて直進してください。トンネル出口付近で左に逸れてM5の方へ行かないようにご注意ください。トンネルを出るとM1がA1に変わり、ビーチ沿いの街Brighton-Le-Sands(ブライトンレサンズ)の一般道に出ます。そのままビーチ沿いの道をA1の表示に沿って進んでください。

A1はBrighton-Le-Sands(ブライトンレサンズ)のビーチ沿いの道から交差点で右に直角に曲がり、内陸方向に向かいます。そしてまた直角に左に曲がり南下を続けます。

そのまま30~40分ほど走ると、A1(Princes Highway)は、自動的にまたモーターウェイ(フリーウェイ)のM1 Princes Motorwayに変わります。Wollongongを超えてさらに先のAlbion Park(アルビオンパーク)でまた、一般道であるA1(Princes Highway)に変わります。

ひたすらA1を南下してNowra(ナウラ)の町を過ぎて、建物が無い木が生い茂った道をしばらく走ると右にJervis Bay Road(ジャービスベイロード)があります。右折してHuskisson(ハスキッソン)に向かいます。あとはHuskissonの表示に沿って走るだけです。

さいごに

オーストラリア一白い砂浜で有名なニューサウスウェールズ州人気の観光地、Jervis Bay(ジャービスベイ)を紹介しました。

クリスマス周辺の混雑時期や3-4月のイースターの混雑時期は、人気のHuskisson(ハスキッソン)やVincentia(ビンセンティア)に宿泊場所が予約できないこともあります。そんな時には25kmほどシドニーよりのNowra(ナウラ)やさらに45kmほど南のMilton(ミルトン)に宿泊するとよろしいでしょう。

ジャービスベイのホテルはBooking.comかAgodaで探すのが格安で泊まるコツです。ホテル予約についてはこちらの記事をご覧ください。私達が前回ジャービスベイを訪れた時に泊まったのは、Dolphin ShoresというVincentiaにあるホテルで、きれいで快適でした。Colesスーパーマーケットとビーチに歩いて行けてとっても便利でした。

シドニーから行ける観光地としては、旅行者にはあまり知られていませんが、海が好きならきっと満足してまた訪れたいと思うことでしょう。私もジャービスベイはリピーターで、何度も訪れています。夏だけでなく季節を問わずおすすめします。

-観光
-, ,

error: Content is protected !!