QUICKSILVER(クイックシルバー)とROXY(ロキシー)はオーストラリア発祥のサーフブランド




QUICKSILVERはオーストラリア発祥の、50年近くの歴史をもつ、誰もが知る有名なサーフブランドです。

サーファーでなくとも名前くらいは知っているのではないでしょうか?

QUICKSILVER

QUICKSILVER(クイックシルバー)は、ビクトリア州のTorquayで2人のサーファーによって、1969年にガレージでボードショーツ(サーフトランクス)を生産するビジネスから始まりました。

1970年代には米国進出、80年代にはヨーロッパと日本へ進出して成功を収めました。現在まで、BILLABONGのコンペティターとしての地位を維持してきたブランドです。

QUICKSILVERは長い間、過去11回男性プロサーフィン世界チャンピオンになるという歴史的快挙を成し遂げた、アメリカのKelly Slater(ケリー・スレーター)のメインスポンサーでした。

現在もたくさんの男性トッププロサーファー、そして、プロスノーボーダーをスポンサーしています。あの五十嵐カノアのスポンサーでもあります。

QUICKSILVERは、オーストラリアで生まれて成長しましたが、今はアメリカ企業です。

2005年にフランスのスキーメーカーRossignol(ロシニョール)を買収しましたが、
その後経営が悪化、3年後に手放しました。

2015年に倒産し、アメリカの資産運用会社の管理下に置かれましたが、ブランドは存続しています。

ちなみに、同じアメリカの資産運用会社は、BILLABONGの立て直しにも大きな役割を果たし、現運営のコントロールをしています。

ストリートファッションでスケーターに人気のDC Shoesは、QUICKSILVERの所有ブランドです。

ROXY

1990年代に立ち上げたQuicksilverのレディースブランドROXY(ロキシー)は、世界中で爆発的ヒットし、レディースのデニムとスノーウェア、香水までも手掛けました。

過去7回女性プロサーフィン世界チャンピオンになるという、これも歴史的快挙を成し遂げたオーストラリアの Layne Beachley(レイン・ビーチリー)のスポンサーでした。

現在もたくさんの女性トッププロサーファー、そして、プロスノーボーダーをスポンサーしています。

ちなみに、RoxyのロゴはQuicksilverのロゴを2つ合わせてハート型にしたものです。

QUICKSILVERとROXY店舗

オーストラリア国内では直営店と、全国各地のサーフショップを通して販売されています。

QUICKSILVERのサイトROXYのサイトでは、オンラインショップもあり、直接の購入ができます。

最近になって、世界各国、もちろん日本からも直接購入できるようになりました。サイトはグローバル対応で、日本からサイトにアクセスすれば日本語表示されます。されない場合は、サイト下部の「Select your Region」をクリックして、APAC/ASIAからJAPANを選択してください。

日本からの購入は、5000円以上すれば送料が無料になります。

両ショップでは、サーフウェア、ウェットスーツ、水着、スノーウェア、フィットネスとヨガのウェア、子供服、バッグ、その他小物まで取り揃えています。

Qicksilver公式サイトを見る

Roxy公式サイトを見る

-ショッピング
-, , ,

error: Content is protected !!