オーストラリア評判の仮想通貨取引所Swyftx 流動性は国内最高




オーストラリアのいくつかの仮想通貨取引所について「オーストラリアの取引所で仮想通貨を売買をするには?」で紹介していますが、その中でもオーストラリア一番の取扱い通貨数と取引量を誇り、セキュリティーも万全で、使いやすさとカスタマーサービスの評判も良い取引所のSwyftxについて詳しくご案内します。

Swyftxとは

Swyftx(スウィフテックス)はオーストラリアで最も流動性の高くスプレッドの狭い取引所で、ビットコインはもちろん、200種類以上の仮想通貨銘柄(ビットコイン以外のアルトコイン銘柄)を扱っています。

シンプルでわかりやすい取引画面で初心者でも簡単に仮想通貨の売買ができると、TrustpilotやProduct Reviewといったオーストラリアの有名なレビューサイトで消費者に高評価を得ています。

Swyftxがオーストラリアの取引所の中で一番の流動性とスプレッドの狭さを誇る理由は、Swyftxが世界中の取引所のオーダーブック(注文板)を参照し、流動性が最も高い取引所のベストレートをオーストラリアのユーザーに提供することができるからです。取引量が多く、売買が頻繁に行われ、市場が活性化している状態であると、流動性は高くなります。

参考まで


オーダーブック(注文板)とは、現時点で約定(やくじょう)していない、即ち、出されたが通っていない状態の買い手と売り手の注文の実況リストのようなもので、流動性の高い取引所においてはリアルタイムで更新されていきます。

売り手が出した売り注文、または、買い手が出した買い注文が約定したいうことは、注文が通って売ることができた、または、買うことができたということになります。

取引所の流動性は、通常はその取引所の取引量と関係します。取引に参加するトレーダーが少なければ、売買される回数も少なくなり、買いたくても売り手がいない、売りたくても買い手がいないという、希望価格で注文を出してもなかなか通らない状態になります。これは流動性が低い状態だといえます。

逆に、流動性が高い状態は、取引量も多く、オーダーブック(注文板)にある注文数も多く、通貨がいつでも割と安定した価格で売買される状態です。 流動性が高いと、希望価格に近い価格でより早く通貨を売り買いすることができます。

オーストラリアの規模が小さい取引所のオーダーブック(注文板)にあるトレーダーの売り買いの注文だけでは、世界の大手取引所に比べると流動性ではとても敵いません。流動性が低いと、世界の市場の平均価格に比べて大差が生まれたり、スプレッドが大きくなったりします。

スプレッドとは取引所の買値と売値の価格差のことです。スプレッドが広いということは、売値と買値に大きな差があるということです。スプレッドが狭いということは、売値と買値に差がなく、取引所に参加する売り手と買い手の希望価格がマッチしているということです。基本的に、取引所の参加者(売り手と買い手)が少ないと、スプレッドは広くなります。参加者が多いとそれだけ需要が増えるのでスプレッドも狭くなります。

しかし、取引所では利益を上げるために意図的にスプレッドを広くしているところが多く、スプレッドが広ければ広いほど、取引所は買い手に高く売ることができ、売り手から安く買うことができます。ですから、異常にスプレッドが広い仮想通貨取引所や仮想通貨販売所には注意が必要です。手数料が低くてもスプレッドが広いと損します。

その点、オーストラリア一番の流動性とスプレッドの狭さを誇るSwyftxは、安心です。各取引所のスプレッドを比べてみればわかる筈です。

Swyftxでの売買の際にチャージされる取引手数料は0.6%で、国内最安レベルです。オーストラリアの大抵の取引所では、0.8%~1%の取引手数料がチャージされます。

また、Swyftxの取引画面では、世界中のトレーダーが使うTradingView(トレーディングビュー)による各通貨のチャート表示機能つきで、オーストラリアドル建てで色々な時間足のチャートをリアルタイムで表示させることが可能です。

Swyftxのチャート表示

実際にお金を使うこと無く、売買の全機能を試すことができるデモモードもありますので、最初、使い方に自信が無ければ、慣れるまで売買を練習することができます。

Swyftx取扱い通貨(一例)


Bitcoin (BTC), Ethereum (ETH), Ripple (XRP), Cainlink (LINK), Litecoin (LTE), Polkadot (DOT), Cardano (ADA), Bitcoin Cash (BCH), Binance Coin (BNB), Stellar Lumens (XLM), Maker (MKR), Uniswap (UNI), Compound (COMP), Aave (AAVE), yearmfinance (YFI), NEO (NEO), Texos (XTZ), Synthetix Network Token (SNX), Algorand (ALGO), Tether (USDT), Dogecoin (DOGE), EOS (EOS), Monero (XMR), VeChain (VET), Cosmos (ATOM), NEO (NEO), Filecoin (FIL), Dash (DASH), Sushi (SUSHI), Zcash (ZEC), Basic Attention Token (BAT), Horizen (ZEN), Kiber Network (KNC), Ocean Protocol (OCEAN), Power Ledger (POWR),
他計200銘柄以上

Swyftx口座開設方法

以下は、Swyftxの口座開設とセキュリティーの設定方法です。

口座開設と本人確認

先ずは、Swyftxのサイトに行って最初のページで、メールアドレス、任意のパスワード、名前、在住の国、電話番号を入力してから、チェックボックスにチェックを入れて「CREATE MY ACCOUNT」をクリックします。

簡単な個人情報を入力し口座開設

メールアドレスを登録して口座を開設すると、Account Status(アカウント・ステータス)はBronze(ブロンズ)となります。ブロンズは本人確認作業(KYC)を一切していないアカウントとなり、入出金と売買は仮想通貨のみに限られます。

KYCとは"Know your customer"の略で、金融機関や取引所から口座開設時に要求される本人確認作業のことです。通常、ID提出と本人を証明する写真(セルフィ)などが求めれれます。

なお、日本を含むオーストラリア国外からでも口座開設は可能です。以下はオーストラリア国内に銀行口座を持つオーストラリア在住者を対象にした説明になります。

ブロンズアカウント

開設直後のブロンズアカウントでは、オーストラリアドルの入出金も仮想通貨対オーストラリアドルの売買も出来ません。本人確認作業をしてオーストラリアドルを入金して仮想通貨を買えるようにするには、Account Statusのボックスの下部にある「UPGRADE NOW」をクリックして、認証手続きをしてください。

ちなみに、メニューの「Profile」から「Verification」を選んでも、認証手続きのページへ移動します。

認証が何もされていない状態の画面

先ずは、登録したEmailが本人のものかどうかの認証作業です。Emailのボックスの「VERIFY NOW」をクリックして、受け取ったメールのリンクをクリックして確認出来れば、VERIFICATIONの欄のEmailのボックスが「Verified(認証済み)」となります。

次は、Phoneのボックスの「VERIFY NOW」をクリックして携帯電話番号を入力します。そうするとポップアップウィンドウが現れますので、携帯電話にテキストで送られてきたピンナンバーを入力して「VERIFY」をクリックします。すると、Phoneのボックスも「Verified(認証済み)」となります。

ポップアップウインドウに携帯電話にきたピンナンバーを入力

次は、Identityのボックスの「VERIFY NOW」をクリックします。そして、現れたポップアップウィンドウに必要事項(氏名、住所、生年月日)を入力し、「Preferred Government ID to use」の▼をクリックして提出するIDの種類を選択します。この時、入力する個人情報と提出するIDの記載情報に違いが無いように確認してください。

ポップアップウインドウに個人情報を入力しIDの種類を選択

そして、下のチェックボックスにチェックを入れて、「CONTINUE」をクリックします。そうすると、選択したIDの情報を入力するウィンドウが表示されます。写真は運転免許証を選んだ場合です。運転免許証以外は、オーストラリアパスポート(日本でない)、オーストラリアビザ、市民権証、メディケアカードなどがIDとして有効です。

運転免許情報入力のウィンドウ

情報を入力して、最下部の「I agree ...」のチェックボックスにチェックを入れて、「Verify these detailes」をクリックすれば、Identityのボックスも「Verified(認証済み)」となります。

ここまでのオンラインでの簡単な本人確認作業が完了すると、Account Status(アカウント・ステータス)がSilver(シルバー)になり、オーストラリアドルの入金と仮想通貨対オーストラリアドルの売買が可能になります。

シルバーアカウント

更にAccount Status(アカウント・ステータス)をGold(ゴールド)にアップグレードして、オーストラリアドルでの出金を可能にするには、Swyftxのスタッフからの電話による本人確認(2-5分間)とオンラインでPCのウェッブカメラかスマートフォンを使用して、情報を提出したIDを手に持った自分の写真を撮影するセルフィが必要になります。

これらのインストラクションは、画面右側にチャットで表示されますので、チャットのオペレーターの指示に従ってください。指示が表れない場合は、Account Statusの画面の「UPGRADE NOW」をクリックしてください。

セルフィ―はチャットの指示に従う

セルフィは、オンラインで5分ほどで完了しますが、写真がぼけていたり暗かったりすると撮り直しになることがありますのでご注意ください。撮り直しが必要な場合はメールにて指示があります。

Swyftxのスタッフからの電話による本人確認は、チャットで電話を受ける日時を指定します。そうしますと、指定した日時にSwyftxのスタッフから電話が掛かってきます。内容は本人確認と簡単な質問で数分あれば十分です。

電話での確認の日時設定のチャット

これらすべてが完了すれば、アカウントがオーストラリアドルでの入出金が可能なGold(ゴールド)となります。

ゴールドアカウント

各アカウントステータスの有効機能を以下にまとめておきます。

入金 出金 売買
ブロンズ 仮想通貨のみ 仮想通貨のみ(上限$20,000AUD相当) 仮想通貨のみ
シルバー 豪ドル&仮想通貨 仮想通貨のみ(出金上限$20,000AUD相当) 豪ドル&仮想通貨
ゴールド 豪ドル&仮想通貨 豪ドル&仮想通貨(上限$50,000AUD相当) 豪ドル&仮想通貨
ダイアモンド 豪ドル&仮想通貨 豪ドル&仮想通貨(上限更に引上げ) 豪ドル&仮想通貨

1日の出金上限額を$50,000より更に引き上げるには、Diamond(ダイアモンド)へのアップグレードが必要となります。

セキュリティー設定

ログインの際のTwo-Factor Authentication(2ファクタ認証、または、2段階認証)を設定しましょう。Two-Factor Authenticationは略して2FAと表記され、ログインするのにパスワードと別の認証方法を追加する、すなわち、通常のパスワードと2FAコードの2重認証化する仕組みです。2FAはスマホのアプリでインストールできます。

暗号通貨取引所では2FAコードでのログインは当たり前となっています。2FAの設定をしなかった為に、パスワードを盗まれて勝手にログインして資金を出金される被害も多く報告されています。

口座に資金を入れたら必ず2FAの設定をしましょう。2FAを使うには、先ずはiPoneかAndroidの「Google Authenticator」のアプリをお手持ちのスマートフォンにダウンロード・インストールします。

スマートフォンにインストールが完了したら、PCで開いたSwyftxのアカウントのメニューから「About」を選んで、「Security」の欄の「SETUP 2FA」をクリックします。2FAを一度有効化したら、毎回ログインする際には必須となり、無効化できません。よろしければ、ポップアップウインドウに出てくる注意事項の「YES, I AM SURE」をクリックします。

2FA設定画面

するとQRコードが表示されますので、スマホにインストールしたGoogle Authenticatorのアプリを立ち上げて、スマホアプリの最上部の「+」マークをクリックし、「Scan barcode」を選びます。

+マークで追加、Scan barcodeでスキャン


そしてスマホのカメラでQRコードをスキャンすると、AuthenticatorのリストにSwyftxが追加されます。

表示されたQRコードをAuthenticatorでスキャン

30秒ごとに表示される2FAコードが切り替わりますので、次のコードに切り替わる30秒以内に、Swyftxのサイトに表示されているQRコードの下の空欄に数字6ケタの2FAコードを入力します。

Google Authenticatorに表示される2FAコード

これで2FAの設定は完了です。次からSwyftxにログインする際には2FAコードの入力が必須となります。

ログインの際は2FAが必須となる

入出金方法

ここでは、Swyftxの口座へのオーストラリアドル、および、仮想通貨の入出金の方法について説明します。

オーストラリアドル入金

メニューから「Quick Deposit」を選択し、「Deposit AUD」をクリックします。すると、Deposit Australian Dollars (AUD)の画面が表示されます。

オーストラリアドル入金の画面

オーストラリアドルの入金方法は、銀行振込、POLi、PayID、クレジットカードの4種類から選べます。初期画面は銀行振込となっていますが、「Australian Dollars Deposit Address」という表示の横の▼をクリックすると他の入金方法が選択できます。

ここでは銀行振込を例にとって説明します。先ず、「DEPOSIT VIA BANK TRANSFER」をクリックします。そうすると、口座名(Swyftx)、BSB(支店番号)、アカウント番号が表示されます。振込手続きの際に、Referenceに表示されているアカウントホルダー(口座開設者)の名前を入力することを忘れないようにしてください。

入金先口座名、アカウント番号が表示される

お持ちの銀行口座から振込手続きを行えば、すぐにSwyftxの口座に入金が確認できるでしょう。

オーストラリアドル出金

メニューから「Quick Withdraw」を選択し、「Withdraw AUD」をクリックします。すると、Withdraw Australian Dollars (AUD)の画面が表示されます。

「Australian Dollars Withdraw Addresses」という表示の横の+をクリックすると出金先口座番号の入力画面が現れます。

出金先口座番号の入力画面

ここに、口座開設者の名前、口座番号、BSB(支店番号)を入力します。一番上の「Label/Note/Name」には、後で自分がどの口座の情報を登録したかわかるように好きな名前を付けてください。そして「ADD」をクリックして口座情報を追加します。

すると、口座が追加されますが、「Status」に「Confirm email」と表示されているのが確認できると思います。登録したメールアドレスに口座情報を記した確認メールが届きますので、メール中の「Confirm Address」をクリックします。再度ログイン画面に飛びますので、ログインしてください。

もう一度、同じ画面を見ると、、「Status」が「Confirm email」から「Verified」に変わっているのが確認できる筈です。

追加された口座がVerifiedになる

出金する時は、「Actions」の下のブルーのドルマークをクリックします。そうすると、出金額の入力画面が現れますので、出金の指示を出してください。「Reason for Withdrawal?」は、最も適したものを選択してください。出金理由の選択に困った時は、「Transfer to my Bank Account」を選べば問題ないでしょう。

出金額の入力画面

仮想通貨入金

先ずは、メニューの「Trade」をクリックすると「Assets」の下に取扱通貨一覧が表示されますので、入金したい通貨を選んでクリックします。または、メニューの「Asset List」から、入金したい通貨を選んでクリックします。

ご希望の通貨の画面を開くと上部に「DEPOSIT」というタブがありますのでクリックします。この例ではイーサリアム(ETH)を取り上げます。

イーサリアムの入金画面

「Deposit Address」の欄に「GENERATE」というボタンがありますのでクリックします。そうすると、あなたの口座専用の入金用アドレスが表示されますので、外部の取引所やウォレットからこのアドレスを指定して送金をしてください。

入金が確認出来たらメールで通知されます。ビットコイン、イーサリアム、リップルなどのメジャーな仮想通貨は直ぐに処理がされます。

「Deposit Address」の欄のボタンが「GENERATE」ではなく、「MANUAL DEPOSIT」と表示されている仮想通貨の入金は機械による即処理ではなく、オペレーターによる処理になりますので営業時間内であれば最長で1時間掛かります。月~金の営業時間外と祝日にかかる場合は営業が開始されるまで処理されません。

MANUAL DEPOSITの通貨の例

仮想通貨出金

仮想通貨を他の取引所や自分のウォレットに出金する場合も、先ずは、メニューの「Trade」から「Assets」の下に表示された取扱通貨一覧から、出金したい通貨を選んでクリックします。または、メニューの「Asset List」から、出金したい通貨を選んでクリックします。

ご希望の通貨の画面を開くと上部に「WITHDRAW」というタブがありますのでクリックします。この例ではユニスワップ(UNI)という銘柄を取り上げます。

UNIの出金画面

「WithdrawalAddress」の表示の横にある「+」マークのボタンをクリックします。そうすると、引出しに関する警告がポップアップウィンドウで表示されますので、一番上のチェックボックスにチェックを入れて「CONTINUE」をクリックします。

引出しに関する警告

そうすると、新しいポップアップウィンドウで送金先のアドレス入力画面が表示されますので、送金先のあなたの取引所口座、または、ウォレットのアドレスを入力してください。一番上の「Label/Note/Name」には、後で自分がどのアドレスの情報を登録したかわかるように好きな名前を付けてください。そして「ADD」をクリックしてアドレスを追加します。

送金先アドレス入力画面

すると、送金先アドレスが追加されますが、「Status」に「Confirm email」と表示されているのが確認できると思います。あなたのメールアドレスに送金先アドレスを記した確認メールが届きますので、メール中の「Confirm Address」をクリックします。再度ログイン画面に飛びますので、ログインしてください。

もう一度、同じ画面を見ると、「Status」が「Confirm email」から「Verified」に変わっているのが確認できる筈です。

追加されたアドレス

出金する時は、「Actions」の下のブルーのドルマークをクリックします。そうすると、仮想通貨出金指示の入力画面が現れますので、送金額を指定して出金の指示を出してください。「Reason for Withdrawal?」は、最も適したものを選択してください。出金理由の選択に困った時は、「Transfer to Personal Wallet」を選べば問題ないでしょう。

仮想通貨出金指示入力画面

売買の方法

実際にSwyftxで仮想通貨を売買する手順について説明します。

通常のトレード

オーストラリアドルでビットコインを売買する場合を例に上げて説明します。他の通貨でもやり方は同じです。

メニューで「Trade」を選択し、ビットコインを買う場合は「Buy」を売る場合は「Sell」を選択します。通貨の現在価格とその下にアカウントにある残高(オーストラリアドルまたはビットコイン)が表示されます。

Market Order

「MARKET」はマーケットオーダーという注文方法で、日本語では成行注文です。買いの場合は、買値を指定せずに、その時のマーケットケットに提示されている価格で買う方法です。実際にはその時点で取引所に売り手が提示している最安値の価格であなたの出す買い注文が約定(やくじょう)します。約定とは注文が確定することです。

マーケットオーダー(買い)の注文画面

売りのマーケットオーダーの場合は、売値を指定せずに、その時のマーケットケットに提示されている価格で売ることになります。実際にはその時点で取引所に買い手が提示している最高値の価格であなたの出す売り注文が約定します。

Limit Order

「LIMIT」はリミットオーダーという注文方法で、日本語では指値注文です。買いの場合は、買値を指定して注文を出します。現在の市場価格より安い値段で買いたい時に、希望する値段を指定して注文を入れます。

リミットオーダー(買い)の注文画面

売りのリミットオーダーの場合は、売値を指定して注文を出します。現在の市場価格より高い値段で売りたい時に、希望する値段を指定して注文を入れます。

リミットオーダーの注文は、約定するまで、即ち、注文を出した希望価格での買い/売りが入るまではオープンオーダーとなって、「ORDERS」のセクションにリストされます。市場の価格が希望価格まで動かなければ、未約定の注文として残ります。未約定の内は注文は自由にキャンセルできます。

Stop Order

「STOP」はストップオーダーという注文方法で、日本語では逆指値注文です。買い注文の場合は現在の価格より高い価格を指定して、その価格を超えた時に成行(即ち、マーケットオーダー)で注文が出されます。買いのストップオーダーは、ある価格を超えると市場が過熱し、更に高騰する可能性がある場合に買いのチャンスを逃さないように、トレーダーが予め注文を入れておくのに使われます。

ストップオーダー(買い)の注文画面

逆に、売りのストップオーダーの注文は、現在の価格より安い価格を指定して、その価格を下回った時に成行(即ち、マーケットオーダー)で注文が出されます。

売りのストップオーダーは、ある価格を割り込んだ場合に、早く売らないと更に価格が下がることが予測される時に予め注文を入れて置くのに使われます。恐怖感から市場で投げ売りが誘発され、価格が急落している最中には、新たな注文が通らない可能性もありますので、そんな状況になった時に売りのチャンスを逃さないように、予めストップオーダーを出しておくトレーダーがたくさんいます。

おすすめ通貨セット買い(Bundles)

Bundles(バンドルズ)は、いくつかの通貨をグループにまとめて一括購入できる様にセットにしたものです。

ビットコインとイーサリアム、50%づつを一括購入できるバンドル、時価総額上位5位の通貨のバンドル、Swyftxの取引量上位5位までのアルトコインのバンドル、DeFi(Decentralized Finance)または日本語で分散型金融通貨のバンドル、保持すると報酬がもらえるステーキング機能を備えた通貨のバンドルが用意されています。

Bundlesでまとめ買いが可能

バンドルでセットになった通貨の購入方法は「INSTANT BUY」のみです。「INSTANT BUY」とはマーケットオーダーのことです。「INSTANT BUY」をクリックした途端に各通貨のマーケットオーダーが同時に出されます。5通貨のバンドルならば、投入した資金で各通貨20%づつに分けて一括でマーケットオーダーを出します。

バンドルでセットになっている通貨は、有望視されているものが厳選されています。仮想通貨といっても銘柄が多すぎて何を買えばいいかわからないし、リサーチするのが面倒という方や、いちいち注文を出すのが面倒だという方には便利な機能なのではないでしょうか?

デモモード

Swyftxには、実際に入金したお金を使わずに、架空のお金で売買のシュミレーションができるデモモードがあります。右上のタブの「Demo Off」を「Demo On」にスライドさせるとデモモードになります。デモモードにしたら、架空の入金額が13000ドル追加されました。

デモモードONの状態

仮想通貨の売買が初めての方がSwyftxの操作方法を習得する為に練習する目的で使うこともできれば、仮想通貨トレードの練習に使うこともできます。

実際の操作方法は非常に簡単でわかりやすいので、為替や株の売買を経験している方や、他の仮想通貨取引所で既に売買をしている方は、デモモードで練習しなくとも問題なく使いこなすことができるでしょう。

さいごに

オーストラリアの消費者に高評価を得て、仮想通貨取扱通貨量も増え続ける人気の取引所、Swyftx(スウィフテックス)を紹介しました。

Swyftxの特徴まとめ

  • 初心者に使いやすい
  • 口座開設がはやい
  • 200以上の取扱通貨
  • 取引手数料が低い(0.6%)
  • 流動性が高く、スプレッドが狭い
  • チャート表示機能付き
  • デモトレードで練習可能

Swyftxは、オーストラリアドルでビットコイン、イーサリアムをはじめとする仮想通貨を売買するならば、絶対に抑えておきたい取引所です。

関連記事:オーストラリアの取引所で仮想通貨を売買をするには?

-お金

error: Content is protected !!

Copyright© Australia Here and Now , 2021 All Rights Reserved.