オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

交通機関 自動車

オーストラリアでUBER(ウーバー)をタクシー代わりに利用する

更新日:

日本でも話題のUBER(ウーバー)ですが、オーストラリアでは、特にシドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パース、キャンベラ、ゴールドコーストといった都市部においては広く浸透しています。

その安さと便利さ、そして、サービスの種類の豊富さから、タクシーを利用するよりもUBERを利用する人たちが増えており、タクシー業界で働く人たちの脅威となっています。

ここでは、未だUBERを使ったことがないという方の為にオーストラリアでのUBERの利用の仕方について紹介します。

UBER(ウーバー)を使う

UBERはあらゆる国に進出しておりますので、世界中のいろいろな国で利用できるのが特徴です。

海外に旅する機会の多いスマートなビジネスマンたちは、出張先でスマホからUBERを呼んで、移動に使っています。

事前予約も可能なので、早朝の移動にも利用できます。特に荷物があって空港まで行くときなどは便利です。

迎車を予約は簡単で、スマホにダウンロードしたアプリから、24時間いつでも簡単にすることができます。

車種も4名から、大人数対応のワゴンまで様々で、チャイルドシートの追加や車いす対応の車種のリクエストも可能です。

無料登録して、スマホアプリをダウンロードすれば、予約前に概算料金も計算されます。

予約確定すれば、クレジットカードかPayPalから支払いを済ませますので、ドライバーとのお金のやり取りがありません。

余計な金額を請求されることがないので安心です。

オーストラリアでのUBER登録と予約

UBER登録

全て日本語で利用できます。お使いの端末に日本語変換機能が入っていれば、自動的に日本語が表示されます。

こちらからUBERのサイトへ行くと、以下のような登録画面が現れます。

名前(ローマ字)、電話番号(最初の桁の“0”は省く)、そして、任意のパスワードを設定します。

プロモーションコードは、友人を紹介した時などにもらえる割引コードです。持っていなければ空欄にしております。これについては後で説明します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「ユーザー登録」をクリックします。

すると、「乗車の準備が整いました」という画面になります。

また、登録したメールアドレスに以下のような内容の確認のメールが届いている筈です。

お使いの端末のアプリダウンロード機能を使って、UBERのアプリをダウンロードしましょう。

メールの「配車依頼をする」とクリックしても、お使いの端末のアプリダウンロードへと移動します。

iPhoneならこんな感じ、

AndloidならGooglePlayでこんな感じです。

Windows端末からもWindows 10のアプリをダウンロードしてお使いいただけます。

UBER予約

スマホにダウンロードしてインストールしたアプリを開きます。

携帯番号を入れると、パスワード入力画面に移動しますので、登録時に設定したパスワードを入れてください。

すると、現在地を自動的に探知した地図が表示され、「行先は?」というボックスが出ます。

ここに、目的地を入力します。ちなみに、周辺にいるUBERの車も表示されます。

「行先は?」の右端の時計マークをクリックすると、事前に配車がリクエストできます。お好きな日時で事前予約できます。

行先を入力すると、車種が選べます。各車種の見積料金も表示されます。各アイコンクリックすると車種の詳細が現れます。

この例では4人乗りの標準車種である「uberX」を選択しています。

下部の「UBERXを依頼する」をクリックして予約する前に、「お支払いの追加」をクリックして、クレジットカードかPayPalを登録します。PayPalについて詳しくは「オーストラリアでPayPalアカウントを開設する」をご覧ください。

すると登録した支払い情報が表示されます。

そして、「依頼する」ボタンをクリックして完了です。後は迎車を待ちます。

UBERのアプリのから、支払い情報や、乗車情報(利用履歴)、困ったときのヘルプなどがご覧いただけます。

「無料乗車」という項目があるところをクリックすると、クーポンコードが表示されます。このコードを友達に教えて、友達が登録時にクーポンコードを入力すると、あなたと友達に最高$5のUBERクーポンがもらえます。

オーストラリアでUUBERドライバーになるには?

車を所有しているならば、最も簡単で早くお金を稼ぐ方法の一つがUBERドライバーになることであると、各メディアが取り上げてからUBERのドライバーになる人たちが増えています。

オーストラリアでUBERのドライバーになるには、どうしたらいいのでしょうか?

UBERドライバーになる条件

オーストラリアでUBERドライバーとして働くには、ドライバーライセンス、車検がある車、そして、フルカバーの任意保険が必要です。

使用する車は、9年以上古くなく、大きなダメージがないこと。

年齢は21歳以上、オーストラリアのフルライセンス取得1年以上(Pプレートの初心者期間は含まない)、そして、過去3年に免停が無く、過去10年に飲酒と薬物摂取の違反が無いことが条件です。

また、登録審査の際に、2年以上期限が残っているパスポートと証明写真が必要です。

ウェブサイトで登録(サインアップ)することができますが、UBER側で犯罪歴や運転歴を審査するのに2週間程かかるそうです。

UBERには登録する車によって、カテゴリーがあり、UberXが最も人気のカテゴリーで、4ドアハッチバックの小型車や小型セダンで登録出来るカテゴリーです。

それより上のカテゴリーにUberXL, UberSELなどがあります。

UBERドライバーの仕事はどんな感じ?

スマホとネット環境が必須です。

スマホに入れたUBERアプリを通して仕事のオファーが来ます。

UBERドライバーで仕事をしている最中は常にスマホをオンにしてアプリを起動していなければならないので、バッテリーの消耗とデータの使用料はかさみます。

出来る仕事ならオファーを取る、できなければ取らないという様に、やりたい時だけUBERドライバーになれるのが、副業で空いている時間にやっている人が多い理由です。

基本的に、依頼を出した利用客の近くの車に通知がいきます。

依頼主のもとには、アプリのGPSがガイドしてくれます。

UBERドライバーの稼ぎ時は、空港行の客が多い早朝と、お出かけする人が多い土曜の夜だそうです。

さいごに

オーストラリアでは、移動手段として一般的になってきおり、ビジネスとしても急成長をしているUBERですが、オーストラリアの労働法や税法で運営側と就労側に規制をする動きもみられており、タクシー業界からも目の敵にされていることから、将来的にはどうなるかが疑問なところもあります。

オーストラリアでUBERが利用できる都市は日に日に拡大しており、シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パース、キャンベラ、ホバートという大都市の他に、現時点では、バイロンベイ、ケアンズ、サンシャインコースト、タウンズビル、ゴールドコースト、ジーロン、ベンディゴ、モーニントン半島、ニューキャッスル、ウーロンゴンなどがリストされています。

以上、オーストラリアのUBER(ウーバー)についてでした。

UBERの利用はこちらからどうぞ。

人気記事

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 1

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 3

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

4

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 オーストラリアのWi ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 5

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

6

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

-交通機関, 自動車
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.