TCSS(The Critical Slide Society)はオーストラリアのサーフブランド




TCSS オーストラリア

Deus ex MachinaのTCSSコーナー

The Critical Slide Society(ザ・クリティカル・スライド・ソサエティー)とは?

The Critical Slide Society(ザ・クリティカル・スライド・ソサエティー)通称TCSSは、サーフィン文化から派生したミュージック、アート他のサブカルチャーの時流に乗って誕生しました。同じ感覚をシェアする世界各国のアーティスト、フォトグラファー、デザイナー、フィルムメーカー、サーファーと共に、楽しみながらつくりあげられていくことをコンセプトにしたブランドです。

TCSSは2009年にNSW州のセントラルコーストで、サーファーでアーティストでもある、Jim MitchellとSam Coombesの二人によって立ち上げられ、数年で急成長を遂げたブランドです。

Mitchell氏は、Deus ex Machina(デウス・エクス・マキナ)のJennings氏が立ち上げ、後に売却した、オーストラリアを代表するサーフブランドMamboのクリエイティブ担当だったそうで、元MTVのマーケティングダイレクターのCoombes氏と組んで、TCSSをスタートしました。

TCSSは、日本ではもちろん、アメリカ、カナダ、スペインなどの国でも人気です。Ron Herman(ロン・ハーマン)、Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)、Beams(ビームス)などでも扱われています。

日本のサーフカルチャーをバックボーンとするロックフェス、Green Room Festivalのスポンサーをしたことで、日本での認知度が更にあがりました。

取扱い商品は、ウェットスーツ、ボードショーツ、サーフボードのフィンから、シャツ、Tシャツ、キャップ、ニット、スウェット、パーカ、ジャケット、パンツ、ソックス、そして、サングラス、キーホルダー、ステッカー、DVD、アートまで多岐にわたります。

ボードショーツが、サーフィン誌「Stab Magazine」で2年連続ベストデザインに選ばれたことでも有名です。

ボードショーツとは、サーフトランクス、サーフパンツとも呼ばれるショーツで、主に海パン、すなわち水着として使用されますが、最近では水着っぽくないデザインも多く街中でも履かれているようです。

店舗

オーストラリアでは、Surf Dive 'n Ski(サーフダイブンスキー)Geneal Pants Co.(ジェネラルパンツ)などのサーフ、ストリートファッションを扱う店で取り扱われています。

Deus ex Machina(デウス・エクス・マキナ)でもTCSSが扱われています。

オンライン通販

TCSSのサイトでは通販も扱っています。

送料は、オーストラリア国内の発送は$99以上の購入をすると無料で、それ未満は一律$9の送料が掛かります。海外発送は$250以上の購入をすると無料で、それ未満は重量や大きさによって計算された送料が掛かります。

オーストラリアでは、Surf Dive 'n Ski(サーフダイブンスキー)Geneal Pants Co.(ジェネラルパンツ)などのサーフ、ストリートファッションを扱う店で取り扱われています。

オーストラリア全国展開するファッションショップのGeneal Pants Co.(ジェネラルパンツ)はグローバル通販サイトを持ち、オンラインで購入した商品を海外発送してくれます。日本からは日本円で買い物出来ます。日本への送料は1500円です。

Geneal Pants Co.(ジェネラルパンツ)には、セール品もたくさんありますので、掘り出し物が見つかるかもしれません。オーストラリアは日本と季節が逆ですので、日本が春から夏に向かう前に、夏物がセール価格で入手できるチャンスです。逆に日本が秋から冬に向かう時に、冬物がセールになります。

以上、人気上昇中のオーストラリアのサーフ・アパレルブランド、TCSS(The Critical Slide Society)についてでした。

-ショッピング
-, ,

error: Content is protected !!