日本の免許をオーストラリアの免許に書き換える(NSW州)




Australia Here and Now

日本の免許を書き換える

NSW州では、居住者でなければ、日本の免許が有効である限りは、国際免許、または、日本の免許の正式な英訳を付帯すれば、滞在期間中に車またはオートバイを運転することができます。

居住者の場合、国際免許で運転ができるのは3か月となっています。3か月以上の滞在中に運転をする場合は、NSW州発行のオーストラリア国内で運転できる免許証を取得する必要があります。

短期滞在者でも、希望すれば、オーストラリアの免許を取得することが出来ます。

日本の免許保持者には、実技も学科も試験が免除されており、手続きのみで書き換えが可能です。NSW州の各地にある、Service NSWの窓口で手続きをする必要があります。

必要書類と費用

書き換えに必要なものは、パスポートなどのID、現住所を証明する書類、そして、日本の免許証の翻訳です。

現住所が証明する書類は、NSW州の居住地の住所が示されている公式書類などです。手書きの自分宛ての手紙では十分ではありません。銀行からの、口座開設通知や利用明細などがよいでしょう。

日本の免許証の翻訳は自分がやったものでは受け付けられません。Service NSWの翻訳サービスに申し込んで翻訳してもらう必要があります。(NAATIというオーストラリア政府公認の翻訳資格を持った正式な翻訳者が翻訳したものは受け付けてくれないそうです。)

翻訳の申し込みは翻訳申込書類(Translation lodgement form)をService NSWで直接貰うか、こちらのページからダウンロードした後、必要事項を記載して、日本の免許証を持って、Service NSWに出向いて申し込んでくだい。

翻訳サービスの費用は7日間(土日祝日を除く)で、$96(2019年2月現在)です。14日間のサービスだと$77(2019年2月現在)です。

翻訳が入手出来て初めて、免許の申請ができます。免許の費用は、1年有効の免許で$58、3年で$136、5年で$184(2019年2月現在)です。

写真付き身分証明書IDカード、Photo ID Cardを取得するの記事でも書きましたが、Service NSWで手続きをしたその場で免許用の写真を撮られますので、お化粧や髪型は決めて行きましょう。申込後は、5日以内にお住いの住所に免許が郵送されます。

引っ越した時は、Service NSWに住所変更を届出するのをお忘れなく。

Service NSWのサイトの海外発行運転免許書き換えについてのページへのリンク
Transfer an Overseas Driver's Licence
https://www.service.nsw.gov.au/transaction/transfer-overseas-drivers-licence

-自動車
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Australia Here and Now , 2020 All Rights Reserved.