オーストラリアで使える日本のクレジットカード

更新日:




オーストラリアに行くならばクレジットカードは欠かせません。旅行でも便利ですが、特にしばらく滞在して生活するつもりなら、日本で前もって年会費無料のクレジットカードを入手しておくことをおすすめします。

オーストラリアのクレジットカード事情

オーストラリアはクレジットカード社会です。オンラインショップは、クレジットカードでないと購入できないという店も多いです。車の路上駐車のパーキングメーターもクレジットカードしか受け付けないところがあったりします。

オーストラリア現地では、実店舗の買い物でもクレジットカードで支払いする人が非常に多く、基本は$100以下の買い物なら、ピンコードを入れずに、端末にタップ(カードをかざす)のみで決済が終了します。もちろん、日本で発行されたタップに対応しないカードは端末に挿入してピンコードを入れて支払うことが出来ます。

オーストラリアでどこよりも安く買い物をするのには、オンラインショップを利用するのがベストです。オンラインショップではクレジットカードやデビッドカードが無いと買い物ができないことが非常に多く、ビザや公共の手続きさえ、クレジットカードでというケースが多いからです。例えば、現地で最安の携帯電話会社のサービス(Catch Connect)は、オンラインのクレジットカードを使っての申込しか受け付けしなかったりします。

オーストラリアで持っていて一番使えるカードはVISAです。クレジットカードを使える実店舗やオンラインの支払いでVISAを受け付けないところはおそらく無いでしょう。マスターカードもかなり広く使えますが、稀にVISAしか使えない店があります。AMEXは大手のVISA、マスターに比べると使えないところが多く使えても数パーセントの手数料が掛かったり、VISAやマスターに比べて割り増しだったりします。

オーストラリアの飲食店などでクレジットカードで精算する際にサーチャージ(surcharge)として1-3%くらいのサービス料が加算されるケースが多々ありますが、これはオーストラリアでは一般的です。

オーストラリアで使える日本発行のクレカは?

上にも書いたように、VISAのものが一番です。次にマスター、そして、AMEX。JCBはあまり使える店がありません。

ワーキングホリデーや留学、仕事で長期滞在する予定なら、年会費無料がありがたいです。

そして、できれば海外旅行傷害保険がついているものにしたいです。オーストラリアで事故にあったり、病気に掛かったりすると医療費が高いことに驚くでしょう。数分間の軽い診察だけでも医者に掛かれば$50は取られてしまいます。もしもの出費に備えて保険がついていると安心です。

エポスカード

VISAであり、年会費無料、そして、海外旅行傷害保険がついているという条件を全てクリアするカードがエポスカードです。

年会費無しで付帯する旅行保険の内容は以下の通りです。

障害死亡・後遺障害 500万円
障害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円 *
賠償責任 2000万円
救護者費用 100万円 *
携行品損害 20万円

* 疾病(しっぺい)は、内的な身体の異常や不具合のことで、客観的な特定できる要因による症状のことを指します。感染症は疾病に分類されます。がん、脳卒中、心筋梗塞は三大疾病と呼ばれます。
* 救護者費用は、捜索や救助に掛かる費用や、搬送費用、家族が現地へ救援に行かなければならない場合の渡航費用などが含まれます。

エポスカードには、医療費キャッシュレスサービスもついています。医療費キャッシュレスサービスは、その場で医療機関に払う費用を負担してくれるサービスです。その場で払う持ち合わせのお金がない時に、保険会社の日本語窓口に連絡すると日本語対応してくれます。

ちなみに、エポスのゴールドカードを持てば保険の補償額が高くなります。

エポスカードの保険は海外旅行に行く際に自動的に適応されます。

他にも海外旅行傷害保険がついているカードをお持ちの場合でも、年会費が掛からないエポスカードを持っていて損はありません。それどころか、海外旅行損害保険カードを数枚持っていると、死亡時以外は保証金を各社から受け取ることができるので、安心度が増します。(死亡時は保証額が大きい方の1社からの保証金のみ。)

ちなみに、保証期間は1旅行につき最長90日間です。留学やワーホリで滞在する人には短いでしょうが、それでもあった方がいいのは間違いありません。

カードに付帯されている保険に加えて海外旅行保険に加入するなら、海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保をご検討されては如何でしょうか?

特典の多いエポスカードの特徴まとめ

  • 年会費永久無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 現地でのキャッシング(豪ドル引き出し)がお得
  • ポイントがたまる
  • ETCカードも発行できる
  • 丸井でのお買い物優待
  • 出発前には、「エポスカード海外旅行ハンドブック」と「エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり」を請求して、エポスカードと一緒にオーストラリアに持っていきましょう。もしも保険を使用しなければならない時には役に立つでしょう。保険の内容について詳しくは、エポスカードの海外旅行傷害保険のページをご覧ください。




    役立つ情報を毎日ツイート中

    おすすめ記事

    携帯プラン 1

    各携帯会社のSIMはこういう形で売られています 「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみを購入するプランが一 ...

    2

    オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 オーストラリアのWiFi環 ...

    オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 3

    オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 銀行から送金 ...

    4

    オーストラリアで車を借りる方法は大きく分けて2通りあります。一つは日本から事前予約していく方法。もう一つは、現地で手配して借りる方法です。 大手レンタカー会社で借りる 短期の滞在で、既に行くところが決 ...

    日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 5

    日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

    6

    シドニーQueen Victoria BuildingのUGG店内 別記事「UGGブーツのブランドはいろいろあるけど違いはなに?」で、オーストラリアで販売させているいろいろなUGGブーツについて説明し ...

    オーストラリアブランドECサイト 7

    オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

    8

    オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 日本語求人情報 オ ...

    9

    マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 こんな人におすすめ 旅行や短期滞在期間中に、 ...

    10

    Catch.com.auは、オーストラリアで今、人気急上昇中の総合ショッピングサイトです。オーストラリア国内で、ネットサーフィンしていれば、このロゴの広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。 C ...

    -お金
    -

    Copyright© Australia Here and Now , 2019 All Rights Reserved.