オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

ワーホリ

オーストラリアのワーキングホリデービザ年齢制限、35歳に引上げに対する政府見解

更新日:

バイロンベイビーチ

ワーホリ年齢上限を30歳から35歳に変更することを含む、ワーキングホリデープログラム改正について、オーストラリア大蔵大臣によるメディアリリースが行われてから1年がたちます。

2017年の7月には移民法が改訂されワーキングホリデーの年齢引き上げも確定することが期待されていましたが、政府移民局や在日オーストラリア大使館によると、年齢引上げについては検討中であるということで、詳細については公言を避けています。

いろいろなうわさが飛び交う中、現状の真相をまとめました。

ワーキングホリデービザ改定内容

Turnbull(ターンブル)首相率いるオーストラリア政府のMorrison(モリソン)大蔵大臣は、2016年9月27日にメディアに対して、ワーキングホリデービザ(サブクラス417)で来豪するワーキングホリデーメーカーが、観光業の収支に大きく貢献していることと、農業、園芸業、旅行業、そして、接客サービス業などにおいて重要な労働力を提供していることを述べた上、大幅な改定の計画案を公表しました。

ワーキングホリデーメーカーにとって有益となるであろう改定内容は以下の通りです。

ビザ申請料金値下げ

2017年10月現在、引き続き$440で据え置きとなっっています。2017年7月1日以降から、$440の申請料は$50引きの$390になることが、2016年時点にモリソン大臣からアナウンスされました。

$390への引き下げは決定はされたようですが、未だ実施には至っていないようです。

税率19%へ変更

2017年1月1日から、年間の収入が$37000以下のワーキングホリデービザ保持者に対する税率が19%へと変更されました。$37000以上の収入に対しては、ワーキングホリデービザ保持者に特定しない通常の税率(32.5%)が適応されます。

だだし、今までは非課税であった低収入の範囲も19%課税の対象になります。ワーキングホリデービザ保持者でもタックスファイルナンバーにリンクする収入には全て税金がかかるというわけです。

国税局(Australian Taxation Office)の情報によると、ワーキングホリデービザ保持者に課税される19%の税率はを15%に引き下げることも検討されているそうです。

ワーキングホリデービザ保持者であることを国税局(Australian Taxation Office)に届けないと、32.5%の税率で課税されますのでご注意ください。

雇用条件変更

現在は一つの雇用主の下では6か月以上働くことができないが、条件付きで、最長12か月まで働くことが可能になりました。

条件とは、雇用主が同じでも、住所の違う場所でなら、6か月づつ12か月まで働くことができるというものです。例えば、支店を2つ以上持つ会社の各支店で6か月づつなどです。

その他にも、申請すれば例外として同一雇用主のもとで6か月以上働けるケースもあるようです。

詳細はDepartment of Immigration and Border ProtectionのサイトのWorking in Australia - six months with one employerというページに記載してあります。

年齢引上げ

30歳から35歳にすることを検討中。

オーストラリアの移民局も在日オーストラリア大使館も、年齢引上げについては、可能性は示唆するものの、今のところ公言を避けています。

「年齢を30歳から35歳に引上げることは、ワーキングホリデービザ改定のオプションとして検討されている」ということ、そして、「現時点では、今まで通り18歳から30歳までの年齢制限が適用される」ということが、年齢に関しては2017年10月頭時点でオフィシャルとなっている情報です。今後、詳細が明らかになってくるでしょう。

詳細が明らかになり次第、この記事で最新情報を更新してお届けしていきますので、また後ほどご確認ください。

ご自分で確認されたい場合は、Department of Immigration and Border ProtectionのサイトのWorking Holiday visa (subclass 417)というページの情報を常にチェックしておけば間違いないでしょう。

その他のワーキングホリデー関連の記事はこちらをご覧ください。

参考資料:
The Hon Scott Morrison MP, Treasurer of The Commonwealth of Australia, 27 September 2016, Media Release, Better working holiday maker tax arrangements, http://sjm.ministers.treasury.gov.au/media-release/104-2016/, sited on 3 November 2016

Australian Embassy, Tokyo, Japan, Working Holiday Visa (Subclass 417), http://japan.embassy.gov.au/tkyo/subclass417.html, sited on 3 November 2016

Department of Immigration and Border Protection, Working Holiday visa (subclass 417), https://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/417-, sited on 25 September 2017

人気記事

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 1

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

携帯プラン 2

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 3

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

4

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 オーストラリアのWi ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 5

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

6

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

-ワーホリ
-,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.