オージーイングリッシュってどうなの?




Australia Here and Now

オーストラリア英語は他の英語と違う?

オーストラリアに語学留学することを検討している人から良く聞く質問に、「オーストラリアなまりの英語を覚えても大丈夫か?」というものがあります。

また、「オーストラリア英語はわかりにくい」という人もいます。

アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語とか、他の地域の人が話す英語を区別する傾向があるようですが、はっきりいって英語力の上達には関係ありません。

綴りや発音に違いはありますが、日本国内の方言程の違いはありませんし、ある地域の英語に慣れた人にとって、他の地域の英語は、多少聞き取りやすいとか聞き取りにくいとかはあるかもしれませんが、同じ英語に変わりはありません。

英語圏の人どうしはアメリカ人でもイギリス人でもアイルランド人でもオーストラリア人でも南アフリカ人でも、お互いにコミュニケーションをとるのに不自由していません。

どこの国のアクセントがあっても、英語は英語です。

英語で仕事するようになったら、どこの国の英語だから聞き取りずらいとか、商談が出来ないとかは言っていられませんよね。

日本ではアメリカ英語がスタンダードだと捉えられていますが、オーストラリア英語だからいいとかダメとかいう議論がナンセンスだということがお分かり頂けると思います。

いろいろななまりの英語に触れたほうが英語力も伸びるというものです。

それに、リスニング力がかなり上達しないと英語のなまりもあまり区別がつかなかったりしますから、どこそこの英語にこだわるのは意味のないことでしょう。

オーストラリアで英語を学ぶことを検討している方、オーストラリア英語だからという心配は無用ですよ。

-英語/留学
-,

Copyright© Australia Here and Now , 2020 All Rights Reserved.