オージーイングリッシュってどうなの?




Australia Here and Now

オーストラリア英語は他の英語と違う?

オーストラリアに語学留学することを検討している人から良く聞く質問に、「オーストラリアなまりの英語を覚えても大丈夫か?」というものがあります。

また、「オーストラリア英語はわかりにくい」という人もいます。

アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語とか、他の地域の人が話す英語を区別する傾向があるようですが、はっきりいって英語力の上達には関係ありません。

綴りや発音に違いはありますが、日本国内の方言程の違いはありませんし、ある地域の英語に慣れた人にとって、他の地域の英語は、多少聞き取りやすいとか聞き取りにくいとかはあるかもしれませんが、同じ英語に変わりはありません。

英語圏の人どうしはアメリカ人でもイギリス人でもアイルランド人でもオーストラリア人でも南アフリカ人でも、お互いにコミュニケーションをとるのに不自由していません。

どこの国のアクセントがあっても、英語は英語です。

英語で仕事するようになったら、どこの国の英語だから聞き取りずらいとか、商談が出来ないとかは言っていられませんよね。

日本ではアメリカ英語がスタンダードだと捉えられていますが、オーストラリア英語だからいいとかダメとかいう議論がナンセンスだということがお分かり頂けると思います。

いろいろななまりの英語に触れたほうが英語力も伸びるというものです。

それに、リスニング力がかなり上達しないと英語のなまりもあまり区別がつかなかったりしますから、どこそこの英語にこだわるのは意味のないことでしょう。

オーストラリアで英語を学ぶことを検討している方、オーストラリア英語だからという心配は無用ですよ。

おすすめ無料留学相談

留学情報館は留学のカウンセリングに定評の無料エージェントです。

どこにも負けないリアルな情報・充実のサポートで、手数料0円、最安保証で長年にわたりサービスを提供するエージェントとして知られています。渡航前の英会話レッスンも無料、渡航後の英会話レッスンも1年間無料という特典付きです。

ワーキングホリデー・留学を思い立ったら、渡航する前に、できるだけ早く無料カウンセリングを申し込みましょう。

留学情報館を使えばエージェントに払う手配料が無いので、留学費用が大きく節約できます。

オーストラリア国内では、無料エージェントに行って相談したり、手配をお願いするのは一般的ですが、日本国内では、客に手配料を請求するエージェントが多く、留学情報館のような日本国内の無料エージェントは、これからワーキングホリデーに行こうとしている人たちにとって心強い存在と言えるでしょう。

無料カウンセリングはオンライン、対面のどちらでも受けることができます。オーストラリア現地で学校に通うことを考えているなら相談してみることをおすすめします。

-英語/留学
-,

error: Content is protected !!