日本一時帰国など短期滞在で携帯電話番号を得る方法【レンタルだけじゃない】

海外から日本へ一時帰国する際に先ず入手したいのが、家族や友達と連絡を取る手段となる携帯電話やインターネット接続です。

日本に一時帰国した時は、空港で携帯電話をレンタルする方も多いと思います。しかし、携帯電話をレンタルする以外にも、色々な通信手段があるってご存知ですか?

この記事では日本短期滞在時に使える、電話番号を得るいくつかの方法とメッセージングアプリを使った音声通信手段について紹介します。

日本短期滞在で使える通信手段

以下で詳しく説明しますが、最初に結論を申し上げると、短期滞在者が利用するのに適しているのは、大きくわけると以下の4つの方法がありす。

1 携帯電話をレンタル
2 電話できるSIMをレンタルか購入
3 WiFiルーターかデータSIMを使いネット接続+Lineなどのメッセージングアプリ
4 WiFiルーターかデータSIMを使いネット接続+Skype電話

この中で一番費用が掛からないのが、WiFiルーターを使ってネット接続+メッセージングアプリを使う方法ですが、それぞれメリット、デメリットがありますので、ご都合と用途に合わせて最適な方法を選ぶことをおすすめします。詳細は以下に説明します。

一時帰国者のタイプ別おすすめの通信手段

色々な方法があるのは分かったけど、WiFiルーターとかデータSIMとか言われてもよくわからないし、調べるのも面倒という方の為に、いくつかの一時帰国者のニーズを想定して、おすすめの通信手段を解決策としてリストアップしてみました。

タイプ 1

何でもいいから日本で使える電話が欲しい。WiFiとかSIMとか全然わからないので面倒なことは避けたい。通話・データ利用コストが高くても構わない。

日本の空港で携帯電話をレンタルする。
電話もSMSもインターネットもレンタルしたスマホで行う。コストは一番高い。

タイプ 2

自分のスマホを使用して日本で使える電話番号とSMSが付いたSIMが欲しい。通話・データ利用コストが高くても構わない。

日本の空港で電話&SMS付きSIMカードをレンタルする。
レンタル料はSIMカードだけなので携帯電話をレンタルするより安いが、通信コストはレンタル携帯同様に高い。

日本非居住者でも購入可能な電話&SMS付きSIMカードを購入する。
日本非居住者でも日本の携帯番号が付いてSMSもできるSIMをアメリカから購入できる。通話、SMS毎に料金が掛かり、データ利用料も掛かるが、電話番号を長期キープできる。

タイプ 3

インターネットさえあればLineとかが使えるから、日本の電話番号はいらない。安ければ安いほどいい。

WiFiルーターレンタル、または、データSIMカードを購入する。
電話番号を取得するのはわずらわしいから、ネット経由でスマホのLine、Skype、WhatsApp、Signalなどのメッセージングアプリを使う。一番コストが掛からない。

タイプ 4

コストを掛けずに日本の電話番号が欲しい。アプリの登録とか設定とかにも抵抗はない。

上記の「WiFiルーターレンタル、または、データSIM購入」により、インターネット環境を得て、SkypeなどのIP電話を使う。
050で始まるSkypeなどで入手できるIP電話番号を入手して、ネット経由で固定電話や携帯電話に電話を掛けたり受けたりする。SkypeだとIP電話番号取得に月数百円(解約自由)と通話クレジットのコストが掛かるが携帯電話通話料より格安。SMS送受信は不可。

あなたはどのタイプでしょうか? コストを抑えることができるのは、タイプ3とタイプ4です。各通信手段については、以下に説明します。

日本短期滞在での通信手段詳細【携帯電話、スマホアプリ音声通信】

上の項のタイプ別解決法として挙げた、適切な日本短期滞在での各通信手段(携帯電話とスマホアプリ音声通信を利用した通信方法)について、以下に詳しく説明します。

日本の空港で携帯電話をレンタルする

日本入国後に空港で携帯電話ごとレンタルしてしまうのが、一番手っ取り早くて、利用者も多い方法でしょう。

通話料、データ使用量などは割高で、頻繁に電話やインターネットを使うなら高くつきます。通話料は相場で、大体1分につき100円くらい掛かります。SMS送信も1件100円以上加算されます。返却後に、多額の請求額がクレジットカードから引かれていて驚いたという話はよく聞きます。

航空会社の旅客特典として携帯電話のレンタル料無料(通話・データ使用料別)というサービスもあったりしますので、受信用だけで使うなら費用が掛からないで済むケースもあります。

携帯電話の空港レンタルを提供しているサービスのいくつかを以下にリストしておきます。

携帯電話の空港レンタル

SoftBank Global RentalAnyfone Japan ガラケー レンタル270円/日  通信料110円/分・データ通信料990円/日 別途請求

テレコムスクエア ガラケー レンタル550円/日 2970円/月  通信料94.2円/分 別途請求

ANA利用者限定のレンタルサービス ガラケー レンタル無料  通信料94.2円/分 別途請求

日本の空港で電話&SMS付きSIMカードをレンタルする

日本入国後に空港でSIMだけレンタルして、持参のスマホのSIMと差し替えるという方法もあります。携帯電話レンタルよりもレンタル料が安くて済みます。

携帯電話レンタル同様、通話料、データ使用量などは携帯電話レンタル同様に割高で、頻繁に電話やインターネットを使うなら高くつきます。

以下は電話が掛けられるSIMの空港レンタルを提供しているサービスです。

SIMの空港レンタル

SoftBank Global Rental レンタル110円/日 通信料110円/分・データ通信料990円/日 別途請求

日本非居住者でも購入可能な電話&SMS付きSIMカードを購入する

日本に住んでいなくても、日本で携帯電話が掛けられてSMS送受信も可能なSIMを入手する方法はあります。

事前にアメリカの日系業者の電話会社から入手するという方法です。HanaCellという業者が有名で、色々な海外在住日本人のブログなどでも紹介されています。

HanaCellのジャパンSIMカードは39米ドルで、通話とSMSは使った時にその分だけ料金が発生します。データは月3GBで29米ドルです。月をまたいでの利用は1カ月以内でも2か月分のデータ利用料金がチャージされます。SIMを一切使わない月は料金を超過されません。また、使い始めた年は電話番号がキープされ、翌年からは年8米ドルで使わなくても番号を保持することができます。

電話を頻繁に掛けたりSMSをたくさんすると料金がかさみますが、着信は無料です。データもSIM購入とは別に料金が掛かり、データ量も少ないですが、毎年帰国して、同じ電話番号をキープしたいという人には都合のいいサービスです。

時間に余裕があれば、アメリカに住んでいなくても、お住いの国まで事前に発送してくれます。自分のスマホで使える日本の電話番号が欲しく、しかも、その番号を低額で何年も維持したいという、一時帰国頻度が高い人には便利なサービスです。
SIMは日本以外の居住国の住所へ配達か、日本の空港で受け取り可能です。

ジャパンSIMカード

HanaCell ジャパンSIMカード カード39米ドル データ29米ドル/月 通信料0.85米ドル 別途請求

WiFiルーターレンタル、または、データSIMカードを購入する

電話が掛けられるSIMを利用しなくても、スマホをWiFiでインターネットにつなげば、Line、Skype、WhatsApp、Signalなどのメッセージングアプリを使って音声通話をしたり、メッセージを送ることができます。

WiFiルーターをレンタルするか、お手持ちのスマホのSIMカードを日本国内で使えるデータ通信専用SIMカード(データSIMカード)に入れ替えるかすればそれが可能になります。

電話番号は無く、携帯電話番号へのSMS送受信もできませんが、ネット接続環境とメッセージングアプリさえあれば、通話もメッセージ交換も可能です。

WiFIルーターをレンタルするのはとても簡単で、空港でピックアップして日本に到着した直後から使用できます。複数の端末を同時接続できるので家族で同時にインターネットに接続したり、PCやタブレットを接続したりできます。

また、インターネットに接続できるデータSIMカードを購入して使うのも簡単です。日本居住者でなくても面倒な手続き一切なしで、誰でも購入・利用が可能です。

SMSも受信できるデータSIMカードもあります。日本国内でのSMS認証に使えますので、日本滞在時にネットバンク他のサービスに登録したい時や、メルカリやジモティーなどのマーケットで買い物したい時に使えます。

WiFiルーターレンタルとデータSIMカード購入のどちらか一方を取るなら、迷わずWiFiルーターのレンタルを選択するべきです。WiFiルーターが1台あれば、複数台のスマホのインターネット接続もメッセージングアプリ使用も可能ですし、ラップトップコンピューターやタブレットだって同時接続できるからです。

詳しくは、「日本短期滞在でインターネット接続する方法まとめ」をご覧ください。

最安の通信手段

WiFiレンタルどっとこむ WiFiルーターレンタル 1日間496円から・1カ月間3965円から

Nomad SIM 1カ月間3520円 データ50GB SMS受信対応 (初回のみ手数料2200円)

まだある、WiFiルーターとデータSIMについて詳しくはこちら

日本短期滞在でインターネット接続する方法まとめ

インターネット環境を得て、SkypeなどのIP電話を使う

日本国内の携帯電話番号は090、080、070で始ります。しかし、これらの番号にこだわらなければ、インターネットにさえ接続できる環境があれば、IP電話番号(050で始まる番号)を入手することが可能です。

IP電話とは、インターネット回線を利用して音声通話を可能にするサービスです。インターネットさえあれば、固定電話や携帯電話に電話を掛けたり、電話を受けたりできるのと、通話料金が安いのが特徴で、海外への電話も格安です。

Skypeで日本のIP電話番号(Skype番号と呼ばれる)を入手すれば、インターネット接続だけで、Skypeアプリ経由で固定電話や携帯電話に電話を掛けることも着信することも可能となり、留守電設定も転送設定もできます。

電話番号付きSIMを入手しなくても、携帯電話をレンタルしなくても、WiFiルータかデータSIMさえあれば、Skype経由で日本国内で電話を掛けることも受けることも可能になるのです。

SkypeのIP電話番号の料金は月数百円(2022年10月現在約800円)からです。料金は為替レートで変動します。使わなくなったらサービスを解約すれば継続して請求されることはありません。

このサービスはSkypeアカウント保持者が受けられます。日本で使える電話番号を入手できるのは日本居住者となっています。証明書類の提出は求められませんが、登録できる日本の住所が必要です。また、日本の移住者であることの表明にチェック(同意)することが要求されます。心配なら日本に帰ってから番号を入手しましょう。

Skypeの電話番号があれば、日本国内からの電話を受けることができますし掛けることもできます。

ちなみに、Skypeから日本の固定電話や携帯電話に電話を掛けるのは、IP電話番号がなくても可能です。Skypeクレジットを購入すれば、Skypeから格安で固定電話や携帯電話に電話を掛けることができます。

このIP電話番号のデメリットは、掛けた電話が非通知表示になってしまうこと、そして、SMSが利用できないことです。しかし、日本滞在時に電話連絡を取るための番号を格安で得ることができるというメリットに比べたら、さほど問題にならないのではないでしょうか。

SkypeクレジットはAmazonで購入するとお得です。

Skype Credit(スカイプ クレジット) オンラインコード版 900円~

Skype以外にもIP電話番号を入手して使う方法はあります。日本で使えるプリペイドのデータSIMカードに、050で始まるIP電話番号がついた「おかえりSIM」という商品もあり、日本国外在住者でも本人確認なしで購入できます。

おかえりSIMの料金はデータが10GBついて9800円と少し高いですが、050で始まる番号でIP電話が掛けられるだけでなく、SMSも月50件まで利用できる優れものです。SMS受信には、070、080、または、090で始まる番号が割り当てられますので、日本国内でのSMS認証にも使えます。使い捨てができるプリペイドSIMカードですが、有効期限が1年と長くリチャージと期限延長(有料)できるのも特徴です。

【おかえりSIM】年間10GB SIMカード 一時帰国最適 LTE対応 マルチSIM

日本の携帯電話会社のSIMカード【数か月滞在者向き】

こちらは、短期滞在者向けではありませんが、日本に数か月滞在するなら、思い切って在住者用の携帯電話サービスに契約してしまう選択も検討の価値ありです。

普段海外で使っているスマホのSIMカードを日本で電話が掛けられるものに入れ替えれば、物理的には日本でも電話、SMS、そして、インターネットの全てが利用できるのですが、そのSIMカードを手に入れるのが日本在住でない短期滞在者には難しいんですよね。

日本の電話が使えるSIMを契約するには国内の現住所を証明できる書類が必要となり、普段日本に住まない一時帰国者が日本に到着して直ぐには利用できません。

現住所が証明できる書類とは、具体的には免許証、マイナンバーカード、住民票、健康保険証などです。

海外だと入国した直後に、電話もSMSもできて、インターネットデータもついているプリペイド携帯電話用SIMが簡単に入手でき、スマホのSIMを入れ替えるだけで、即携帯電話番号とインターネット環境を手に入れることができますよね。しかし、日本ではそう簡単にはいかないのです。

海外生活が長い日本人は、日本の免許証も住民票も保険証もない人が多く、一時帰国中に日本国内で電話とSMSが可能なSIMを手に入れるのは至難の業です。

以上から、携帯を直ぐに使いたい短期滞在者には不向きです。1カ月以上日本に滞在するなら、住所の問題さえ何とかなれば検討しても良いかもしれません。

日本のパスポートを持っていれば、パスポートに日本の住所を記入する欄がありますので、それを住所証明として認めてくれる日本国内の電話会社もあります。

いづれにせよ、最低1カ月単位の契約が必要ですので、短期滞在時にしか電話を使わない人には面倒でもあり、向いていません。

しかし、月数百円からのSIMプランがありますので、日本の格安電話会社のサービスはとても魅力的ではあります。1カ月以上の長期で日本に滞在する方は、日本で携帯電話のSIMを契約して日本を離れる時に解約すると、よりお安く携帯電話を利用できます。

パスポート証明可能なキャリア

OCN モバイル ONE|ドコモのエコノミーMVNO  音声通話機能付きSIMが月額基本料550円から

日本のIDが必要だがお得

楽天モバイル 日本の運転免許かマイナンバーカードがあれば、Webかスマホで簡単に本人確認完了。海外66か国でのデータ通信が2GB/月まで無料。

まとめ

以上、携帯電話レンタルだけじゃない、日本一時帰国者が使える音声通信手段について紹介しました。

上に紹介した各方法を比較すると、コストが一番安いのは、データSIMかレンタルWiFiルーターだけ入手し、ネット接続してメッセージングアプリを使う方法です。電話番号は入手できませんが、LINEなどのメッセージングアプリさえあればほとんどの場合は事足ります。

どうしても電話番号が欲しいという場合は、ネット接続してSkype電話番号を使う方法が一番費用が掛かりません。

携帯電話を借りるのは使用頻度が高いとコストがかなり増しますが、航空会社の特典の無料レンタルを利用して受信専用にして、掛けるときはメッセージングアプリやSkype電話を使う方法で安く抑えることも可能です。

日本の携帯電話会社と契約する方法は短期滞在者向きでは無いので比較からは除きます。

以下は2022年10月現在の各サービスの料金をピックアップしたコスト目安です。あくまで目安としてご参照ください。

携帯レンタル260円/日 または 2970円/月 +別途通信料94円/分~ データ通信料990円/日
SIMカードレンタル110円/日 +別途通信料110円/分 データ通信料990円/日
ジャパンSIMカード購入カードUS$39 +別途通話料US$0.85/分 +データUS$29/月 
WiFiルーターレンタル496円/日~ または 3965円/月~ +別途通話・データ通信料ナシ
データSIM購入プリペイド2500円くらいから +別途通話・データ通信料ナシ
Skype IP電話番号約800円/月 (WiFiルーター/データSIMと併用)
Skype電話用クレジットプリペイド900円から 月額プラン約500円/100分から (WiFiルーター/データSIMと併用)
おかえりSIM(IP電話付SIMカード)9800円~ データ10GB込み

レンタル携帯電話を使うのは、割高の通信料が別に掛かります。たとえSIMカードだけレンタルする料金は安くても、使えば使う程料金が加算され、最終的にはコストが高くなります。1分で100円前後の通話料金で、10分話したら直ぐに1000円になってしまいますし、SMS送信にも1件100円くらいの追加料金が掛かります。

また、レンタルしたスマホでインターネットをしたら1日に1000円近いデータ通信料金がかかりますので、もし借りるならガラケーのみにすることをおすすめします。

データをいくら使っても、追加でチャージされることがない、WiFiルーターレンタルかデータSIMを購入して、ネット接続するのが通話コストの心配もなく、しかも、インターネットもし放題で断然お得です。

日本短期滞在に便利なデータSIMとWiFiルーターと最もお得なサービス入手方法については以下の記事「日本短期滞在でインターネット接続する方法まとめ」で説明しています。

日本短期滞在でインターネット接続する方法まとめ

-一時帰国
-,

error: Content is protected !!