ワーホリ・留学で生活する人が現地でバカにされないために




ワーホリの心得

この章は、ワーホリや留学で渡航した人が最初の段階で犯しがちなミスや、よくある心の葛藤、そして、知っておくと役に立つことについて書いています。

英語力の無さで恥をかくことを恐れるな!

英語が上達するのに大事なことは、英語がわからなかったり、間違った英語を話したりすることを恥ずかしいと思わないことです。今のあなたの実力そのものを人にさらけ出すことを恐れては、今以上に進歩することはできません。あなたがええかっこしいだったりすれば尚更です。

理想の自分は英語も出来てカッコいいけれど実際が違うなら、先ずは実際の自分をさらけだすところからはじめなければ英語は伸びません。英語がしゃべれないことはカッコ悪いことではありません。

特に日本人は同じ日本人に対して、いい恰好をしたいと思っている傾向があるようで、下手な英語を恥ずかしいと感じたり、英語ができる日本人に嫉妬したりする人も多いようです。

また、逆に英語が少し上手だからと言って、自分より下手な人に対して優越感を持つ人たちもいます。自分もできない時があったのに、今の自分よりできない人をバカにしたり、 笑ったりする不届き者もいます。でも、そういう人のことを気にしているようでは英語は伸びません。

今は英語が上手でなくても、上達するのにはどこからか始めなければいけません。今の恥は将来の肥やしとなります。恥をかくことを恐れては成長はないのです。

英語がしゃべれない人を差別するような現地の人もいるのは事実です。英語社会だから仕方がありません。差別を受けるのも海外生活での貴重な体験の一つです。

英語がしゃべれないことで差別をするような現地の人に出会ったら、しゃべれないからといっておじけづく必要はありません。「だからどうした」という気持ちで堂々としていればいいのです。

英語がしゃべれない人をバカにしたり、相手にしたくないという人は、偏見で人を判断する心の狭い人なのです。知り合いになってもろくなものではありません。

心の広い人は、そんなことで人を差別しませんし、寛容です。また、言葉や文化が違っても、人間の真価を見抜く目を持っています。こういう人に出逢えれば、いつまでも友人としていい関係を築いていけることでしょう。

もし、あなたが日本で、日本語をうまく話せない非英語圏、特に白人でない外国人をバカにすることがあったとしたら、それと同じことを異国であなたがされているようなものなのです。

滞在中に英語が上達したければ、英語圏での生活をフル活用して本気で勉強することです。何でも英語でチャレンジしてみることです。危険なことや違法なことでなければ、失敗しても恥をかくだけで済みます。

英語学校に行くのは大きな助けになりますが、学校に行かなくても、その気になれば、滞在期間英語漬けの環境をつくることもできます。無料で英語を習える場所もあります。英語教師になる勉強をしている人達の練習用無料クラスや、教会や自治体で運営する無料英語クラスなど、探してみると結構見つかったりします。

趣味の集まりや、スポーツのグループに参加するのも英語上達に効果的です。特に日本の武道のクラブなんかは日本に興味がある人達が集まっているので話もしやすいし友達もできやすいでしょう。

普段歩いているだけでも英語の勉強はできます。街中で目にするわからない単語を片っ端から調べて覚えたり、お店の人と会話してみたりするだけでも勉強になります。日本で一所懸命英語を勉強するより、英語環境で生活すれば何倍も濃い英語学習ができるのです。

Sorryと不必要に言わない

日本人はすぐに「Sorry」というと言われています。日本語の「すいません」感覚で「Sorry」 を連発していると、「What are you sorry about?(何に謝っているの?)」と不思議がられてしまいます。

あいつは謝ってばかりいる自信のない奴だと思われないように、不必要に「Sorry」を使わないようにしましょう。

英語圏の人は一般的に本当に自分が悪いと思った時しか謝りません。例えば、レストランで注文したのと違う料理が来たとします。「注文したものと違う」と言っても、日本のように「申し訳ございません」ということは殆どありません。お店の誰かのせいかも知れないけど私のせいじゃないから謝る必要はないといった感じです。

海外で生活するにはそのぐらいの図太さと無神経さを持ってもいいでしょう。

笑顔でごまかさない

解らないときに笑顔でごまかすのは避けましょう。解らなければ、勇気を出して聞いてみましょう。「What do you mean by -----?(----はどういう意味?)」、「What does it mean?(それはどういう意味?)」、「I did not get it.(わかりませんでした。)」、「Could you say that again?(もう一度行ってもらえますか?)」などが一般的でしょう。

笑顔でごまかしていると、知らないうちに同意したと思われていたり、笑顔でうなずくリアクションをするべきでないところでしてしまい、怪訝そうな顔をされたりすることに成りかねません。

安請け合いしない

現地の人とのやり取りにおいて、舞い上がって安請け合いしないことです。ネイティブスピーカーと英語でやり取りできる嬉しさから必要以上にいい人になって、余計なオファーをしてしまい、後で後悔したという話もよく聞きます。

自信をもって、舞い上がらずに平常心で現地の人たちと渡り合うには、英語ネイティブ崇拝、特に白人崇拝はやめにしましょう。

戦後の日本人はメディアに洗脳されて西洋至上主義の考えがプログラムされていまっています。だから、英語をネイティブのように話したり、見た目が西洋人なだけで、その人たちを特別扱いする傾向にあります。

「白人の友達がいる=カッコイイ」と短絡的に結び付けてしまうのです。クソみたいな奴でも白人なだけでちやほやしてしまい、ちょっとイケメンだとセレブ扱いしてしまう、黄色人種であることの劣等感ともいえる悲しい性質が染みついている人がたくさんいるのです。

日本人の中には、「白人と写真に写りたい」というくだらない欲求をもった人がたくさんいます。白人と写っている写真を自慢げに人に見せて喜んだりします。どこまで、洗脳されているのでしょうか?

見た目がカッコイイ、きれいな西洋人だって人間ですからクソみたいなやつもたくさんいます。海外生活初心者は、人を見る目が無くて言葉もわからないとなると、皆が自分より優位にいるように見えてしまい、付き合う必要のない現地人や人間性を疑うような現地人と友達やそれ以上の関係になって、舞い上がって喜んでしまうのです。

ネイティブスピーカーはあなたにとって特別な存在ではありません。あなたと同じ人間です。彼らが頼めばやってくれる便利屋にならないようにしましょう。

無理にネイティブスピーカーの意見に賛成しないのも同じことです。

できないことは出来ないという、嫌なことはきっぱり断る「No」という勇気を持ちましょう。

日本の感覚で文句を言わない

現地の文化や習慣で当たり前となっていることに対して、日本の感覚で文句を言わないことです。

お店の店員がぶっきらぼうで感じ悪いとか、閉店時間に追い出されたとか、レストランで注文したものと違うとか、店員がお釣りを間違えたとかはよくあることです。

間違っても謝らない人も結構います。そうやって、接客業でも客にこびずにやれる環境なんだと考えれば、逆に働く側にとってはいい労働環境だなって思えませんか?

一般生活での不満の例をいくつか挙げると、食器をきちんと洗わず洗剤がついたまま乾かすとか、電気で温めるタンク式のシャワーなので温水の供給量が限られていてシャワー時間が10分しか許されないホームステイとか、土足で生活するので床に座れず落ち着かないし、清潔感がないとか、そして、ゴキブリや虫がしょっちゅう出る等々、日本人なら文句が出そうな場面がたくさんあります。

日本からの観光旅行者が外国で受けたカスタマーサービスに文句を言うケースはよくありますが、あなたは、観光旅行ではなく現地の一員として生活しようとしているのですから、文化や生活の違いを肌で感じて楽しめなければ長く生活していくことは出来ないでしょう。

外国かぶれしない

少し慣れてきて英語でやり取りができるようになる人にありがちなのが、自分が外国人のチームで活躍するただ一人の日本人ヒーローのように振舞っていると錯覚することです。 外人部隊のただ一人の日本人という映画かドラマでありがちなヒーロー像と自分をダブらせます。

こういう人は結構いるのですが、はたから見ていると滑稽で笑えます。

こういう人の特徴として、自分は他の日本人とは違うと思っていたりします。というより、自分は他の日本人とは違うと見られたいという願望があるといった方がいいかもしれません。 見た目は日本人なのにです。

異国の同胞である日本人を避けたり、日本人同士でいる人たちをバカにしたりします。 英語上達のためになるべく日本人とつるまないようにしようという心掛けは立派ですが、 無理に避けたり、バカにする必要はありません。

英語の上達は自分の頑張り次第で、上達が遅いのは他の日本人のせいではありません。日本人と仲良くしつつ英語の勉強のために自己抑制ができれば問題はありません。

ただ、つるむ仲間には気を付けた方がいいでしょう。あなたと志を同じにする日本人と仲良くするほうがよいでしょう。何しに来ているのかわからない、毎晩のように飲み歩いたり、 薬物に手を出したりマリファナ常習者の日本人達もいますので、そういう堕落した人たちとはつるまないのが得策です。

かぶれた人たちは観光客と思われるのを嫌う傾向もあります。いくら永住歴が長い日本人でも、観光地などで現地の人から「コンニチワ、ニホンジンデスカ?」と話しかけられた り、どこで覚えたのか日本の一発ギャグを飛ばしてくる人までいますが、日本人観光客扱いされることを拒絶する必要はありません。

向こうはこちらが喜ぶと思ってやっているのですから、日本語での会話を楽しめばいいのです。観光だろうが滞在だろうが、あなたが日本人であることに変わりはありません。

屈辱を受けるのも楽しむ

異国で暮らすにあたって心得ておいて欲しいのは、何よりもあなたは日本人で、 生まれ育った所とは違う英語圏の国に暮らすのだと言うことです。

当然、勝手が違くて戸惑うことや、コミュニケーションがうまく取れなくて悔しい思いをすることもあるでしょう。時には人種差別的な扱いを受けたりすることもあるかもしれません。

それも、異国で生活する醍醐味なのではないでしょうか?日本にいたらそんな体験は出来ませんよ。

日本人は日本に来る非白人種の滞在者に対して差別的な発言をしたり、軽蔑的な態度をとったり、バカにしたりする人が多いですよね。多分、あなたがこれから滞在する国は白人優位の文化ではあるものの多民族性にあふれた国である分、日本で非白人種の人たちが生活するよりも数倍楽でしょう。

いいところは、特に都市部では、あなたが誰であろうが、どんな格好をしていようが、誰も気にしないというところです。違いを尊重する文化があります。あなたが日本人であると言うことを、街で会う人は誰も特別視しません。行儀が悪かろうが、年相応の格好をしていなかろうが、白い目で見られることがない、とっても気楽な風潮があります。

人の行動が気になって腹を立てるクレーマー体質の人には向いていないかもしれませんが、自由を好む人にとっては肌に合うのではないでしょうか?

次のページへ進む
前のページへ戻る
トップページへ戻る

関連書籍

-ワーホリ
-,

error: Content is protected !!

Copyright© Australia Here and Now , 2022 All Rights Reserved.