オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

携帯電話

オーストラリアの格安携帯電話プランYOMOJO

更新日:

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。

今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、色々と調査して、実際に試した上でいきついたのがYOMOJO(ヨモジョ)のSIMオンリーのプランでしたが、これは2017年の話です。

YOMOJOは、2017年の半ばくらいまでは業界最安値レベルを維持していましたが、携帯各社の間での価格競争が激化し、もっと安いプランを出す携帯電話会社が現われてきました。中でも、Catch Connect(キャッチコネクト)はダントツの安さです。

この記事では、YOMOJO(ヨモジョ)のSIMプランについて詳しく紹介します。

YOMOJOとはMVNO携帯電話サービスプロバイダー

私が携帯電話とワイヤレス・ブロードバンド・インターネットの両方で利用しているYOMOJO(ヨモジョ)は、オーストラリアの携帯電話市場に2016年に新規参入した電話会社です。

YOMOJOは、Optus(オプタス)4Gネットワークを使っているので、オーストラリアの広い範囲をカバーしており、Optus同様に電波の届きも通話の質も抜群です。

Yomojoの運営形態は通信回線設備を持たずに運営するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)です。ちなみにオーストラリアで通信回線設備を持っているのは、約50社の電話会社の内、Telestra(テレストラ)、Optus(オプタス)、そして、Vodafone(ボダフォーン)の3社だけで、他は全てMVNOということになります。

格安SIMプランを提供するMVNOはYOMOJO以外にも存在します。私がYOMOJOを選んだ理由は、当時最安値の価格と、レビューサイトでの消費者の評価も良かったのが選択の理由です。2年近く実際に使ってみて、満足する結果で、YOMOJOは賢い選択だったことを確認しました。

MVNOについて興味がある方は、オーストラリアの携帯電話サービス供給会社を参照してください。

料金

通話&テキスト無制限のプラン

今、各電話会社で主流の通話&テキスト無制限とインターネットデータのセットのプランです。

通話&テキスト無制限のプラン

$15.90:通話&テキスト無制限 国際通話なし データ2GB
$29.90:通話&テキスト無制限 国際通話なし データ4GB
$34.90:通話&テキスト無制限 国際通話なし データ10GB

注: 2018年7月31日現在

インターネットデータのみのプラン

一般的にブロードバンドインターネットとか、ワイヤレスインターネットと呼ばれるプランです。

Yomojo ヨモジョ オーストラリア 携帯 SIM

インターネットデータのみのプラン

$15.90:データ3GB
$45.90:データ15GB
$69.90:データ50GB
$85.90:データ70GB

注: 2018年7月31日現在

YOMOJOの特徴

調べていただければすぐに分かるでしょうが、他の携帯電話会社に比べて、とにかく安いというのと、自由自在にプランをカスタマイズできる、そして、長期契約がなく、1か月単位で解約もプラン変更も自由というのが大きな特徴です。

メリットとデメリット

YOMOJO(ヨモジョ)の特徴を、以下にメリットとデメリットに分けてまとめてみました。

YOMOJOのメリット(利点)

  • 安い
  • インターネットデータのみのプランもある
  • Optusの4Gネットワーク利用なのでつながりが良い
  • Yomojo間の通話はフリー
  • SIM郵送受取以外、全てオンライン上で手続きが完結する(*1)
  • オンラインチャットのカスタマーサービスが便利で親切(英語タイプが遅くても大丈夫)

YOMOJOのデメリット(難点)

  • オンラインでの受付のみで実店舗なし
  • SIMは郵送なので3-5日掛かり、申込んだ日に即使用開始不可
  • プランオプションの国際通話パッケージ(特別料金)対応国に日本は含まれない
  • オンラインチャットのカスタマーサービスは英語のみ、チャット慣れしていない人には使いにくい
  • クレジットカードかデビットカードがないと支払いできない
  • カード払い手数料が2%掛かる(AMEXは3%)(*2)

*1 開通時、電話でオペレーターと通話しなければいけない電話会社が多いですが、YOMOJOはその必要がありません。
*2 オーストラリアでは、カードでの支払い時に手数料がチャージされることが普通にあります。

国際通話について

残念ながら、パッケージの国際通話(100分通話で$10の特別価格)の対象30か国に日本は含まれていませんので、日本への国際通話を希望する場合はこのオプションをつけても意味がありません。

だからといって、日本への通話ができない訳ではなく、日本への国際通話は1分あたり$0.60で可能です。

日本へは主に、LineやSkypeのオンラインチャットを利用するのならば、国際電話通話料パッケージよりも、インターネットデータが多い方が助かります。

国際通話は、各携帯電会社の国際通話プランを利用するより、Phone Card(ホーンカード)といって、国内通話で中継局から海外につないでくれるサービスを使った方が安かったりします。

ちなみに、Phone Card Choiceというサイトで各種Phone Card(ホーンカード)の日本通話にかかる料金が調べられます。最安値で対固定電話で1分当たり$0.025です。

他の電話会社のプランを見ても、予算が月に$40以下の場合は、特別料金での国際通話が含まれているパッケージプランはありません。

以下にリストしたプランを見ていただければお分かり頂けると思いますが、YOMOJOのプランは同じような内容のプランでも他社より、かなりお安くなっていますので、その分のメリットの方が大きいと言えます。

その他特徴

YOMOJOのプランは全て月ごと(30日毎)で、長期契約はありません。

後払い(postpaid)もプリペイド(prepaid)も可能で、プランの料金と内容はどちらを選んでも同じです。

プリペイドでも、登録したカードからの自動引き落とし支払いです。解約しない限りは継続しますが、解約はいつでも可能です。

また、引き落とし前と引き落とし後には、毎回メールで連絡が来ますので、プラン変更や解約のタイミングも見逃さずに済みます。

30日毎に請求月が区切られますので、月によっては、請求日がずれてきます。

さいごに

YOMOJO(ヨモジョ)のプランは、他の電話会社の同じレベルのプランと比べて安いのが特徴です。

実店舗が無くネットでしか取扱いしないという運営形態が、これだけの低コストサービスを実現している秘訣でしょう。

Optusネットワークなので電波の届きも通話の質も抜群です。

私は、Vodafoneから乗換えて、YOMOJOを利用して約2年経ちますが、今のところ不満はありません。

長期契約がなく、30日単位で解約もプラン変更も自由というのも魅力です。1か月間実際に使ってみて、自分の必要に応じて、プラン内容を変更することもできるので便利です。

最低契約期間は30日間なので、1か月以下の短期の利用には不向きかも知れませんが、2-3か月以上の期間、オーストラリアで携帯電話、または、モバイルインターネットを利用したいという人には、YOMOJOのプランも選択肢に入れて検討してみてはいかがでしょうか?

2017年中頃までは、YOMOJOが業界最安値でダントツのおすすめプロバイダーでしたが、2018年に入り状況はかなり変わりました。現時点で、業界最安値でおすすめなのが、YOMOJOと同じOptus(オプタス)4Gネットワークを使っており、月々更新のプランの他に、90日間または1年間有効な長期更新不要のプランも充実しているCatch Connect(キャッチコネクト)です。

関連記事:
YOMOJO申込手続き
YOMOJO使用レビュー

おすすめ記事

携帯プラン 1

各携帯会社のSIMはこういう形で売られています 「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみを購入するプランが一 ...

2

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 オーストラリアのWiFi環 ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 3

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 銀行から送金 ...

4

オーストラリアで車を借りる方法は大きく分けて2通りあります。一つは日本から事前予約していく方法。もう一つは、現地で手配して借りる方法です。 大手レンタカー会社で借りる 短期の滞在で、既に行くところが決 ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 5

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

6

シドニーQueen Victoria BuildingのUGG店内 別記事「UGGブーツのブランドはいろいろあるけど違いはなに?」で、オーストラリアで販売させているいろいろなUGGブーツについて説明し ...

オーストラリアブランドECサイト 7

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

8

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 日本語求人情報 オ ...

9

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 こんな人におすすめ 旅行や短期滞在期間中に、 ...

10

Catch.com.auは、オーストラリアで今、人気急上昇中の総合ショッピングサイトです。オーストラリア国内で、ネットサーフィンしていれば、このロゴの広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。 C ...

-携帯電話
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2018 All Rights Reserved.