オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

自動車

オーストラリアでレンタカーを借りる

更新日:

carrental

オーストラリアで車を借りる方法は大きく分けて2通りあります。一つは日本から事前予約していく方法。もう一つは、現地で手配して借りる方法です。

大手レンタカー会社で借りる

短期の滞在で、既に行くところが決まっている場合は、日本からウェッブサイトでレンタカー予約をするのが便利ですよね。大手レンタカー会社ならば、日本で予約しても現地で予約しても料金も変わりませんし、詳細を確認して比較しながら予約できるので、よりお得に車を借りることができます。

現地で急に借りるとなると、借りたいグレードの車が無かったりということがたまにありますし、料金も会社によって差があります。

この記事の筆者は、オーストラリア在住で自家用車を所有していますが、たまに旅先などでレンタカーを利用することがあります。その際は、一括で比較できるサイトで比較してから、一番お得なレンタカー会社の料金を控えて、もう一度、そのレンタカー会社に直接やり取りした場合と比べて、より安い方から予約を入れるという方法を取っています。

オーストラリア全土をカバーし、車種も乗用車からキャンピングカーまで豊富で業界最安値のレンタカーの一括検索と予約ができるサイト、DriveNow(ドライブナウ)が便利でおすすめです。

また、世界規模でレンタカーの一括検索と予約サービスを提供する会社、RentingCarz(レンティングカーズ)
を利用すれば、どこにいても日本語で予約できます。しかも日本国内サポートがあるので、安心して予約と支払いができます。こちらも業界最安値を謳っています。

ローカルの中古レンタカーを借りる

長期滞在だと、何かと入り用があって、大きな荷物を運べる車を借りる必要が出たりするものです。こういう時、著者は、大手ではないローカルのレンタカーを利用したりします。年式の古い荷物車専門のレンタカー会社や、中古車乗用車専門のレンタカー会社が至る所にあります。

また、大きなホームセンターやガソリンスタンド(こちらでは、ぺトロールステーションという)でも、ユート(UTE)という荷台付きのピックアップトラックが時間貸しされていたりします。

車を買うまでもないけれど、少し長い期間使いたいと言うときは、中古車専門のレンタカー会社で1週間以上借りると割引でお得です。

こういうレンタカー会社は、その地域地域のクラシファイド(classifieds)に広告を出していますので、滞在の地域名と、“classifieds”で検索するといいでしょう。また、オーストラリア最大のクラシファイドである、ガムトゥリー(Gumtree)にもたくさんの広告があります。

レンタカー利用手順

レンタカーを借りる時の手続きは日本と同じで、日本で事前に予約していても、免責保険(excess insurance)が必要か否かを聞かれることが多いでしょう。そして、車に一緒に行って周りを確認して、傷があるかないか等を用意された書類と照らし合わせて確認したら、キーを渡されドライブという流れになります。

どこのレンタカー会社でも共通しますが、車を借りる際にはクレジットカードが必要となります。ネットなどで予約する際にはクレジットカード情報を入力する必要が無くても、実際に営業所で車を受け取る時に必要です。

また、受け取りの際には、セキュリティー・デポジット(Security Deposit)といって、問題が無ければ返却時に払い戻される保証金がクレジットカードに加算されます。借りる車種や設定によって異なりますが、$200-1000の間の金額です。

クレジットカードの利用には、サーチャージとして、利用料金が追徴されることが殆どです。追徴料金はVISA/Masterが一番低く、DinersとAmexは高めです。オーストラリアではクレジットカードでの支払いに対して、サーチャージが掛かるケースが一般的です。

返却の際は、満タンにしないと、割高のガソリン代が後にカードに請求されますのでご注意を。メモリがF(Full)を指していれば、少し減っていても文句は言われませんので、特に空港へ返却する際は、近くにガソリンスタンド(ぺトロールステーション)が見つけられないかもしれませんので、早めに入れましょう。

返却時は車を止めて、キーを事務所に返します。一緒に事後確認をするところもあれば、そのまま返したら終わりのところもあります。特に忙しい空港などは、そのままカギを返して終わりのケースが多いかもしれません。

空港は大抵の場合、レンタカー専用駐車場があり、空港に入ると至る所に案内表示が出ていますので、その表示に従って車を進めていけばよいでしょう。

「Rental Car Returns」のサインに従って’返却場所へ(シドニー国際空港)

「Rental Car Returns」のサインに従って’返却場所へ(シドニー国際空港)

以上、オーストラリアでお得にレンタカーを借りる方法について紹介しました。

関連記事:
レンタカーをオーストラリア最安値で検索・予約できるサイト DriveNow
オーストラリアで借りるレンタカーを日本語で予約する

人気記事

携帯プラン 1

「オーストラリア携帯電話のシステムと契約・プリペイドプランの種類」で、オーストラリアで携帯電話を利用するには、スマホ持参でSIMのみのプランが一番お得であるという結論に至りましたが、ここでは実際にこれ ...

ゴールドコーストのモール 2

オーストラリアに住んでみて、日本との違いに驚いたこと、そして、いいなと思ったことを綴ってみました。 目次 私がオーストラリアに住んでビックリしたことよく見る習慣働く人達の行動ソーシャルライフその他さい ...

3

オーストラリアでインターネット環境を得るにはどうしたらいいか、どんな方法があるのでしょうか? この記事を読めば、オーストラリアでWiFiにつながる方法の全てが理解できます。 目次 はじめにオーストラリ ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 4

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

5

オーストラリアでワーキングホリデービザで出来る仕事はたくさんあります。 この記事では、ワーキングホリデーでなくとも役立つオーストラリアでの仕事の見つけ方を種類別に紹介していきます。 目次 日本語求人情 ...

オーストラリア 格安 携帯 SIM 電話 6

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

7

マネパカードはマネーパートナーズが発行する海外で使えるプリペイドカードです、 マネーパートナーズは東証一部上場のFXと証券取引をメインに扱う金融会社です。 目次 こんな人におすすめマネパカードの特徴豪 ...

オーストラリアブランドECサイト 8

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

オーストラリアドル 日本円 送金 豪ドル 9

オーストラリアドルを日本円に換金して送金する方法は、銀行から直接行う以外にも色々あります。 先ずは多種多様な方法があることを理解して、状況に応じてお得に使い分けることをおすすめします。 目次 銀行から ...

日本円をオーストラリアドルに両替する一番お得な方法 10

日本円をオーストラリアドルに換える方法は、空港やホテルなどでするだけではありません。多種多様な方法があります。 知らないがばかりに高くつく方法で日本円を豪ドルに換えていたというケースがたくさんあります ...

-自動車
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.