オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

社会・文化

オーストラリア各州の面積と人口

更新日:

Source: d-maps.com

Source: http://www.d-maps.com/carte.php?num_car=144132&lang=en

面積は日本の20倍

オーストラリアの面積は約770万平方キロメートル(7,692,000 km²)です。日本の領域全ての合計面積は、約38万平方キロメートル(378,000 km²)ですので、オーストラリアは日本の約20倍国土面積を持っていることになります。

オーストラリアには、6つの州と2つの準州(テリトリー)があります。面積を大きい順に並べると、ウェスタンオーストラリア州(33%)、クイーンズランド州(23%)、ノーザンテリトリー(18%)、サウスオーストラリア州(13%)、ニューサウスウェールズ州(10%)、ビクトリア州(3%)、タスマニア州(1%)、オーストラリアンキャピタルテリトリー(0.1%以下)となっています。(参考:2012 Year Book Australia, p89)

ちなみに、ニューサウスウェールズ州だけでも日本の2倍以上の面積を持っています。

オーストラリアは高低差が少ない平らな大陸です。標高1000m以上の場所は国土の1%にも満たないそうです。2,000mを超える地域は、ニューサウスウェールズ州のスノーイ―マウンテンズ(Snowy Mountains)だけで、一番高い山はMount Kosciuszko(2,228 metres)です。(参考:2012 Year Book Australia, p90)

人口は日本の5分の1

オーストラリアの人口は、2016年に推定で2400万人を超えました。オーストラリア統計局、ABS(Australian Bureau of Statistics)のサイト(http://www.abs.gov.au/)にあるPopulation clockで、リアルタイムで推定人口数をご覧いただけます。推定といっているのは、実際に数えた数ではない為です。2000年には、約1900万人でしたので、15年ちょっとの間に約26%人口が増加したことになります。

オーストラリアの人口、2400万人は、日本の人口と比べると、5分の1以下です。

人口が一番多いのは、ニューサウスウェールズ(32.4%)、追って、ビクトリア(24.8%)、クイーンズランド(20.2%)、ウェスタンオーストラリア(10.3%)、サウスオーストラリア(7.4%)、タスマニア(2.3%)、オーストラリアンキャピタルテリトリー(1.6%)、そして、ノーザンテリトリー(1%)となっています。

*2012 Year Book Australia, p234, Table 7.3 POPULATION, By state and territoryの2010年時点のデータを基に計算しました。

各州の州都

以下は、各州・準州の短縮表記 / 州・準州名 / 州都 です。

  • NSW / New South Wales / Sydney (ニューサウスウェールズ/シドニー)
  • QLD / Queensland / Brisbane (クィーンズランド/ブリスベン)
  • SA / South Australia / Adelaide (サウスオーストラリア/アデレード)
  • TAS / Tasmania / Hobart (タスマニア/ホバート)
  • VIC / Victoria / Melbourne (ビクトリア/メルボルン)
  • WA / Western Australia / Perth (ウェスタンオーストラリア/パ
  • ース)

準州

  • ACT / Australian Capital Territory / Canberra (オーストラリアキャピタルテリトリー/キャンベラ)
  • NT / Northern Territory / Darwin (ノーザンテリトリー/ダーウィン)
参考文献:
【オーストラリア統計局】
Pink, Brian (Australian Statistician), 2012 YEAR BOOK AUSTRALIA, NUMBER 92, AUSTRALIAN BUREAU OF STATISTICS (ABS Catalogue No. 1301.0)

人気記事

1

「オーストラリアで挑戦したいことは?」という質問に対して、「サーフィン!」と答える人はかなり多いのではないでしょうか? オーストラリアはサーフィン大国と呼ばれています。サーフィンは、オーストラリアに来 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 2

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 3

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

4

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

5

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

-社会・文化
-

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.