オーストラリアに関するお役立ち情報サイト

Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ

観光 交通機関

シドニーのフェリーでサーキュラーキーとダーリングハーバー間をクルーズ観光

投稿日:

ハーバーブリッジの上からフェリーがオペラハウスの前を通過していく様子を見る

ハーバーブリッジの上からフェリーがオペラハウスの前を通過していく様子を見る

「シドニーに来たらシドニーハーバーで船に乗りたい。でも、あまり時間がないかも。。」という方でも楽しめるのが、乗船時間30分弱のCircular Quay(サーキュラキー)‐Darling Harbour(ダーリングハーバー)間のフェリーです。

もちろん、時間がたっぷりある方にもおすすめの体験です。ランチクルーズ、ディナークルーズなど、キャプテンクック社を代表に、数々のクルーズ船がシドニー湾を運行していますが、公共のフェリーも、片道5ドル台からとお手軽なうえに同じ景色が楽しめるのでおすすめです。

フェリーのルート、時刻、および、料金

Circular Quay(サーキュラキー)‐Darling Harbour(ダーリングハーバー)間を運行するフェリーは、「F4 Darling Harbour - Circular Quay to Darling Harbour Loop」という名前がついています。

ルート

この「F4 Darling Harbour - Circular Quay to Darling Harbour Loop」ルートのフェリーが停まる場所は以下の通りです。

Circular Quay, Wharf 5(サーキュラキー、5番埠頭)
Milsons Point(ミルソンズポイント)
Balmain East(バルメインイースト)
Darling Harbour Wharf 3(ダーリングハーバー、3番埠頭)
Pyrmont Bay(ピアモントベイ)

Circular Quay(サーキュラキー)が出発点のこのルートは、3番目の停船場、Darling Harbour(ダーリングハーバー)のKing Street Wharf(キングストリートワーフ)にあるWharf 3(3番埠頭)に着いた後、対岸のAustralian National Maritime Museum(オーストラリア国立海洋博物館)のある、Pyrmont Bay(ピアモントベイ)に停船し、そこから来たのと同じルートをたどって、出発点のCircular Quay(サーキュラキー)に戻ります。

フェリーのルートマップはTransport NSWのサイトの以下のページでご覧ください。pdfファイルへの直接リンクです。
http://www.transportnsw.info/resources/documents/maps/sydney-ferries-network-map.pdf

時刻

運行は30分毎です。

全ての「F4 Darling Harbour - Circular Quay to Darling Harbour Loop」ルートのフェリーの時刻表はTransport NSWのサイトの以下のページから入手してください。
http://www.transportnsw.info/sites/en/maps-and-timetables/ferry-timetables/f4-darling-harbour.page

料金

Circular Quay(サーキュラキー)‐Darling Harbour(ダーリングハーバー)までの料金はプリペイドのオパールカードを利用して約$5.80です。短い区間の利用でも、同料金のようです。

フェリーの時刻と区間ごとの料金はTransport NSWのサイトで調べられます。

オパールカードについては、「シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card)」をご覧ください。

この「シドニー公共交通機関利用に必須のオパールカード(Opal Card)」の記事の中でも書きましたが、オパールカードを所持していなくても、フェリー乗り場備え付けの自動販売機で、一回の移動のみ有効な片道乗車券である、オパール・シングルトリップチケット(single trip ticket)を購入できます。詳しくは、記事をご覧ください。

フェリー乗り場でシングルチケットを購入する人達

フェリー乗り場でシングルチケットを購入する人達

乗船体験

サーキュラキーのワーフに着岸するフェリー

サーキュラキーのワーフに着岸するフェリー

Circular Quay(サーキュラキー)からDarling Harbour(ダーリングハーバー)迄の30分弱の船旅の風景をお届けします。

先ずは、Circular Quay(サーキュラキー)のフェリー乗り場の表示板でDarling Harbour(ダーリングハーバー)行きを確認します。乗船するフェリーのルート名は「F4 Darling Harbour (Circular Quay to Darling Harbour Loop)」です。

表示板でDarling Harbour行フェリーの時刻とWharfの番号No.5を確認

表示板でDarling Harbour行フェリーの時刻とWharfの番号No.5を確認

Wharf 5(5番埠頭)から出発です。

Wharf 5へ向かいます

Wharf 5へ向かいます

オパールカードをTap on(タップオン)して改札を通り乗り場へ。Tap on(タップオン)とは、カードをセンサーに軽くあてることです。

フェリー改札でタップオン

フェリー改札でタップオン

オパールカードを使った乗り方について、詳しくは、「シドニーでオパールカードを実際に購入して使ってみた」をご覧ください。

席はすべて自由席ですので好きな所にお座りいただけます。晴れている時なら、外の屋根のない景色の良いデッキ席がおすすめです。

フェリーは出発するとオペラハウスを右側に見ながら、左側のハーバーブリッジの下をくぐりぬけて、対岸のMilsons Point(ミルソンズポイント)へと向かいます。

右手にはオペラハウスが

右手にはオペラハウスが

サーキュラキーを離れる

サーキュラキーを離れる

下から見上げる橋は圧巻です。

フェリーのデッキから見上げるハーバーブリッジ

フェリーのデッキから見上げるハーバーブリッジ

橋の下を通過した後のデッキからの景色

橋の下を通過した後のデッキからの景色

Milsons Point(ミルソンズポイント)のLuna Park(ルナパーク)に到着した後は、Balmain East(バルメインイースト)です。

ミルソンズポイント出航後、ルナパークを背後にフェリーは進む

ミルソンズポイント出航後、ルナパークを背後にフェリーは進む

そして、船はDarling Harbour(ダーリングハーバー)へと向かいます。

Darling Harbour(ダーリングハーバー)は、東側のKing Street Wharf(キングストリートワーフ)にあるWharf 3(3番埠頭)に到着します。

キングストリートワーフ3番埠頭は停泊するクルーズ船の先

停泊するクルーズ船の先がキングストリートワーフ3番埠頭

その後、対岸、西側のAustralia National Maritime Museum(オーストラリア国立海洋博物館)のある、Pyrmont Bay(ピアモントベイ)に行きます。

オーストラリア国立海洋博物館の脇にピアモントベイのワーフがある

オーストラリア国立海洋博物館の脇にピアモントベイのワーフがある

そこからは来た航路をたどって、Balmain East(バルメインイースト)に戻り、Milsons Point(ミルソンズポイント)を経由して、Circular Quay(サーキュラキー)へと向かいます。

以上、Circular Quay(サーキュラキー)からDarling Harbour(ダーリングハーバー)までのフェリー乗船体験でした。

人気記事

1

「オーストラリアで挑戦したいことは?」という質問に対して、「サーフィン!」と答える人はかなり多いのではないでしょうか? オーストラリアはサーフィン大国と呼ばれています。サーフィンは、オーストラリアに来 ...

オーストラリアへワーホリに行くか決断できない 2

オーストラリアでワーキングホリデーを体験したいけど、帰国後のことを考えると不安で決断できないというあなたに向けて書きました。 目次 何故ワーキングホリデーに行きたいのか?体験したい世界があるからワーホ ...

オーストラリアブランドECサイト 3

オーストラリアの商品が買えるオンラインショップはたくさんありますが、今回紹介するのはその中でも、サーフ、ストリート系を中心に600以上のブランド、2万点以上の商品を扱うSurfStitch(サーフステ ...

4

オーストラリアで最もお得に携帯電話を利用する方法は、電話機を自分で手配して、SIMカードのみのプランを電話会社から購入することです。 今まで、長年の間、オーストラリアで携帯電話を利用してきました私が、 ...

5

オーストラリアでは、公衆トイレが日本のように多くありません。 オーストラリアで外出した時にトイレが見つからなくて困ったと言うのを良く聞きます。 トイレがちかい人にとっては、深刻な問題です。 この記事で ...

-観光, 交通機関
-, ,

Copyright© Australia Here and Now オーストラリア ヒアアンドナウ , 2017 AllRights Reserved.